ぽんぽんさんの映画レビュー・感想・評価

ぽんぽん

ぽんぽん

マーシャル 法廷を変えた男(2017年製作の映画)

4.0

これ、個人的に今年見た中で今の所ベストに近い映画だわ。
黒人差別に立ち向かう黒人敏腕弁護士と民事ばかりやってる白人弁護士のタッグが素晴らしく噛み合ってる。最終的には、白人弁護士の弁論がすごい。

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年製作の映画)

3.4

イギリスの政治がわかってないところが多かったんですが、人頭税の導入は流石にまずいよなってなりました。そこで退陣か。
それでも、不況への対応と長年の首相在籍など、やはりすごいところは伝わってきた。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

なぜ起訴されたのかをあとから追っていく感じで回想シーンが、たくさんで時間軸とストーリーを追いかけるのに必死になってしまう。
後半の父親との関係修復と、弁護士とのやり取りで最後の結末が大きく変わっていく
>>続きを読む

ラストミッション(2014年製作の映画)

3.6

病に倒れて引退したはずなのに、娘とギクシャクして、事件に巻き込まれてしまうというケビン・コスナーっぽいけど、いい父親。
犯人側を追求するのにも、父親らしいところが垣間見えるのも良い。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんなんだこれ!
死体のガスで無人島から脱出。
死体の水で生き延びて、死体に勉強させておしゃべりさせてって。。。
そしてその死体役がダニエルラドクリフなのがマジでやばい。
ポール・ダノとダニエルラドク
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.3

最終的にタイムトラベルになっちゃうんだけど、最初の方の映像での追跡とかはかなり良く出来てると思いました。
デンゼルワシントンの優しくて、熱いハートの役が良い。

ボディガード(1992年製作の映画)

3.6

ホイットニーヒューストンはホント歌上手だよな。惜しい人を亡くしたなと改めて思った。
ケビン・コスナーの生真面目な感じもいいよね。この人はこういう硬い正義感の強い役柄が似合う。

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ラスト40分ほどのクリードのスイッチオンからのシーンは素晴らしくて引きこまれた。
もちろん、その前の父親としての葛藤や、アポロの過去の試合なんかが重くのしかかるっていう中身がなければここまで最後が綺麗
>>続きを読む

X-ミッション(2015年製作の映画)

3.3

サーフィンや滝、スノーボードと、とにかく、綺麗でダイナミックなシーンが多くて見ていて楽しい。

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.6

またジュマンジに戻っちゃったんかーい!って感じだけど、今回はメンバーがみんな大学生になったり、新キャラが現れたりとストーリーも前回とまた違うため楽しめました。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ハンが帰ってきたのと、ショーン達TOKYOドリフトのメンバーもまた出てきたところが良かった。
最後のブルーのGT-Rはブライアンのやつだよなーって思うと感慨深い。
ジェイソンステイサムのデッカードがま
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

突然始まってあとから詳細がわかってくるこの感じ、いいですね。
イタチはすぐにドロップアウトするのに、サメは最後まで活躍するのね。
キャラが濃いから、ネタにもなるし肝心なところは、ストーリーも筋が通って
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.7

クリスプラットとSFになるとどうしても、ガーディアンズオブギャラクシーになってしまうんだけど、ここではカッコいいお父さんを完璧に演じてます。
未来からのSOSに対してどう答えるか。世代間の地球環境保全
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.3

個人的に敵討ちになるものの、相変わらず正義感あふれる、したたかに仕留めるところは健在。

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

画面がかなり暗いので見えづらいんだが、きっちり時間測って仕事を終わらせるところあたりの緻密さがみていて心地よい。
途中から正義感あふれる姿が滲み出てきて次へのつながりも良くできている。

風をつかまえた少年(2019年製作の映画)

3.7

細かいところを言い出すと、色々と指摘したくなるけれど、ダイナモさえあれば。となった後からの勉強して風車を作ってしまうところは感動的。
特に開墾しか手段を持たないお父さんとのやりとりは見ていて頑張れ!っ
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.4

ジェイソンステイサムの飛行機での赤ちゃんを守りながらの戦闘シーンが一番イケてる。
もちろん、氷の上でランボルギーニが水没と戦うところや、BRZがちゃんと出てきたところもカッコいいです。

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.9

キスゲームに出たい。でも、お父さんのドローンは元に戻さないといけない!
小学生や中学生だったらなんか経験しそうな面白い出来事ありそうやなって感じ。

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.3

エージェントだらけになるところが凄い笑
前作に比べると落ち着いたネオの感じもいいですね。

アメリカン・プレジデント(1995年製作の映画)

3.5

マイケル・ダグラスとマイケルJフォックスがかっこいい。
最後の最後の演説で大逆転するところが素敵

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

なんてことはない、時間を繰り返し続けるタイムループ映画なんだけど、程よくエロいところが盛りだくさんで声を出して笑ってしまうようなことが繰り返されて、人間関係がすさまじいところが、途中から時間ぐるぐるよ>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.6

もし、コンピュータが世界にかなり貢献し始めたとしたらこういう世界にもなりうるんだろうなと思った。
最後の全部謎が解けた時の、あっ!て感じと、虚無感がすごい。100分くらいの映画ですごくうまくまとまって
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.8

めちゃめちゃ空飛ぶやん!!
最後のポールウォーカーの登場振り返りシーンはかなり感動してしまうな。。。

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

3.8

衝撃的な結末だけど、最後までいいコンビだった。
自撮りっていうところがなかなか面白い。

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ポールウォーカーとヴィンディーゼルがやっぱりかっこいいね。
ハンの恋人がなくなっちゃうところはどうして彼女だけって感じはするけど、そのあと東京ドリフトにつながるのかっていうところは納得。

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.1

ネタとしてはかなりありで、最後まで周りが変な感じを出しているのはいい。
ただ割と呆気なく終わった感じと、犯人の方が心底クズっていうところが。。。

ザ・ハッスル(2019年製作の映画)

3.6

これは、なかなか面白いコンビ!最後のオチも良い!
アンハサウェイが可愛い!

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

3.5

ちょいちょいコメディー映画になるところがいいですよね。
久しぶりに見たけどもう20年以上前の映画かと思うと、確かにCGとかが古めかしい感じだった。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.9

テーマとして重たいけれど、訴えるものがあり、それを感じられる映画でした。
最後の記者と官僚それぞれの表情、何かを訴えようとするところで映画が終わり、このあとどうなるのかというところは鑑賞者に委ねられて
>>続きを読む

バイオハザード(2002年製作の映画)

3.4

どんどん人死んでくから怖い。。。
15年以上前の映画だからちょっと演出が古めかしいところもありましたが、なかなか楽しめる。

夜の来訪者(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

11人の怒れる男ほどではないけれど、回想シーンを覗いて、ほとんどある家の人部屋で話がクローズする。
どんでん返しからのどんでん返しなので、最後まで見ないとホントのことがわからないし、最後まで見てもホン
>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の不在証明(2021年製作の映画)

3.2

最近テレビも漫画もコナンはフォローしてなかったので、復習だと思って見に行きました。
良い復習にはなりましたが、特に得られるものがあったわけでもあまりないのでなんとも笑
とりあえず4月公開の映画が待ち遠
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.2

マットデイモンとクリスチャン・ベールだからキャスティングもワタシ好みなんですが、やっぱりF1好き、クルマ好き人間からするとルマンのこのレースシーンのスリリングな感じと、ドライバーの心理戦のようなところ>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.7

前回作品を思い出せるか不安だったけど、追われる身からスタートして理解出来てよかった。
相変わらずのジョンですが、今回は人を頼っているところがちょっと違うところかな。
それにしてもタランティーノかってく
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.6

悶絶する可愛さはたまにしかないものの、基本的に赤ちゃんのくせに何やってるんやが続いて楽しい映画笑
仔犬が最大の敵っていう構図も面白いし、最後の方の兄弟愛が芽生えるところは結構感動する。

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後になぜお母さんが雨の日に帰ってくるかわかる。
切ない。

>|