あじぽんさんの映画レビュー・感想・評価

あじぽん

あじぽん

映画(66)
ドラマ(0)

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.0


既に一度見たけど、たまたま劇場で公開されるということで見てきた。
90年代の作画が大好きで、これも例外なく好みな作品。しかも大友克洋さんが作品協力してるから尚更でした。

狂気と恐怖に満ちた81分間
>>続きを読む

ゴールデンスランバー(2017年製作の映画)

3.6


久しぶりにアクションある映画を見たのでハラハラした!
国民的ヒーローが国家の陰謀に利用されて、とにかく逃げまくるキム・ゴヌが気の毒で…。

ゴヌが良い人すぎることがいいカモになってたけど、良い人だっ
>>続きを読む

解夏(2003年製作の映画)

3.7


ベーチェット病によっていつ見えなくなるか分からない恐怖と向き合い、恋人の陽子に支えられながら故郷の長崎で日々を過ごす隆之。

大沢たかおと石田ゆり子のカップルが本当に良くて、手を繋ぎながら歩くシーン
>>続きを読む

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(2019年製作の映画)

3.7


大学生の青春と共にあったと言えるほどオアシスが大好きで、すでに解散していたけど当時はよく聴いてたのを思い出す。
久しぶりにリアムを見て元気そうで何よりだったし、公私ともに充実してそうで良かった。
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.6


久々にドラン氏の作品を見たけど、今回は正直少し退屈だったかな…。
相変わらず画の表現はオシャレで素晴らしかった。

2人がお互いの気持ちを伝えるまでがなかなか焦ったかった。でも2人は親友だし、マティ
>>続きを読む

害虫(2002年製作の映画)

3.5


タイトルからして闇を感じる作品だったので見てみたら、鬱っぽい作品だった。
宮崎あおいが全然喋らない。同い年の蒼井優と並ぶと役柄もあるのか宮崎あおいの方が大人っぽかった〜。とても中学1年には見えなかっ
>>続きを読む

清須会議(2013年製作の映画)

3.5


大泉さん目当てで見たけど、やっぱ大泉さんはモジャってる方がいいなぁ〜(笑)
出演陣がそれは豪華で三谷幸喜らしいコメディ要素もあってまあまあ面白かったです。

頭の良さや器用さ、根回しなど…いつの時代
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.7


面白かったー!
活動弁士って結構マイナーだと思うけど、きちんと大衆向けに面白く仕上がっているし、日本映画の黎明期を見れて勉強になった。

活動弁士は日本独自ということで、人形浄瑠璃や歌舞伎など「語り
>>続きを読む

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


真田広之目当てで見たので、まずはその感想を。真田さん当時24歳…!!あんなイケメンそうそう居ないし、まさに「坊や」を見事に演じていて、自分の気持ちを直球ストレート伝えるところやいじられると少しむくれ
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


これ…思った以上に重い。重すぎるテーマじゃないですか?
「好きな高良健吾が出るから見よ〜」と軽い気持ちで見始めたら終始不穏な空気。しかも高良健吾2シーンぐらいしか出なかったしラストもよく分からなくて
>>続きを読む

シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


結構辛口なコメントが多かったけど、個人的には思った以上に良かった!
沢尻エリカがめちゃくちゃ可愛いし、夏木マリは本当カッコいいお婆ちゃんが似合う。

なんと言っても大泉洋様が素敵すぎて、なんちゅー髪
>>続きを読む

助太刀屋助六(2001年製作の映画)

3.5


真田さんのひょうきんな役柄を見れて楽しかったです。

内容はよくよく考えてみると結構シリアスな気がするけど、すごくライトに描かれていて音楽も従来の時代劇では見慣れない演出で斬新だったな。

出演者が
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.8


ずっと楽しみにしてた作品。やっと見れた!
映画館に行くと、普段絶対ここに来ないんだろうなーという兄ちゃん達がいて震えてた(笑)

次から次へと流れる音楽がカッコいい。
個人的にはストーリーよりも90
>>続きを読む

僕らはみんな生きている(1992年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


サラリーマンの象徴であるスーツでジャングルを抜ける4人の日本人。コメディ要素もあって結構笑いました。

どこか上から目線で差別的な発言が見受けられたし、ソニー、三菱、日立など有名企業を羅列して日本は
>>続きを読む

ノン子36歳 (家事手伝い)(2008年製作の映画)

3.4


ヒヨコが可愛かった。
終盤の展開についていけなくて、なんか…不思議な作品だった(笑)

たそがれ清兵衛(2002年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


余吾善右衛門との果たし合いのシーンは迫力があってハラハラした。最期の余吾善右衛門のゾンビのような姿にもリアルを感じてゾッとした。

最後の以登が墓参りする場面はジーンとした。
「私たち娘を愛し、美し
>>続きを読む

破戒(1962年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


昔から部落差別に興味があって(真面目な意味で)、島崎藤村の破戒と出会った。
何度か本作を読んだ後、今回映画も見たが丑松の悲しみが実によく反映されていたと思う。

自分が部落だから。素性を明かせない、
>>続きを読む

ペトラは静かに対峙する(2018年製作の映画)

3.6


この作品怖すぎたよ…。
時々流れる音楽はヒッ!と思うようなおどろおどろしい雰囲気を醸し出していた。
カメラワークもどこか主人公たちを遠巻きに見ているような感覚になった。

この作品の凄いところは、明
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.8


一昨年、別作品で初めて中川監督の作品を知って今回も期待して見たけど、良かった!
中川監督が撮る作品は1コマが本当に綺麗。そして台詞はあまり多くせず、余白で表現する。
静かだけど、中身はギュッとつまっ
>>続きを読む

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

3.5


前からずっと見たくて、でもレンタルはVHSしかなかったから諦めてたけど、ついにDVD化されてて歓喜!と思ってたが…。
いざ見てみると意外とう〜んな作品だった。というか、とにかくアレばっかで他に考える
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.7


最強にくだらなくて、常に笑ってたけど埼玉県民はどう思ってるのかな?
自分の出身地の神奈川は完全に東京の属国だからそれ以上ないけど、埼玉千葉はこういう視点で描けるから、これはこれで良いかも(笑)

>>続きを読む

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


とりとめのない会話で成立しちゃう作品。2人の会話が面白くて何度も笑った。
俺、洞口さんのこと許してないからね?と言いつつもなんだかんだ楽しんでる大川がなんか可愛い。

いっぺん久しぶりに学生時代の友
>>続きを読む

12か月の未来図(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


教師という職業って本当大変だと思う。
ただ科目だけを教えればいい話ではなくて、倫理とか常識とか。大人へ成長していくために正しい道へと導くのも教師の務めだと思うと苦労絶えないだろうなぁと。
特に中学生
>>続きを読む

つぐみ(1990年製作の映画)

3.6


真田広之目当てで見ました。カッコよくて素敵すぎです。
でも牧瀬里穂の存在感も半端なかったです。

つぐみというおかしくて変わってて、でもどこか愛おしい部分がある少女。事あるごとにつぐみの魅力に惹かれ
>>続きを読む

ハッシュ!(2001年製作の映画)

3.8


いやいやいや良かった!
まず、ゲイの2人にドキドキですよ。
勝裕と直也がケンカして、起こりながらアイス食べて、ごめんって言いながら背中をつんつんして…結局仲直りしていちゃつく2人。
割と正反対な2人
>>続きを読む

蝉しぐれ(2005年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


初恋の人、ずっと好きだった人と結ばれなかった切なさ…ラストシーンの二人の会話が何とも悲しい。

時代が時代というのもあって自由に恋愛は出来ないから、こういう境遇の人たちは当時たくさんいただろうなぁ。
>>続きを読む

RISE UP ライズアップ(2009年製作の映画)

3.5


林遣都くん目当てで見た作品だけど、純粋によかった!ストーリーや構成はシンプルだけど、ルイちゃんの心の変化や航くんの葛藤など分かりやすく描かれていて、見やすい作品だった。

出演者が自分と同世代という
>>続きを読む

きらきらひかる(1992年製作の映画)

3.6


天真爛漫な笑子、優しい睦月、一番年下だからかどこか子供さが残る弟みたいな紺くん。
薬師丸ひろ子は可愛いしトヨエツはとにかくイケメンで時々見せる笑顔が素敵すぎてもう何も言えない!!

同性愛者と結婚し
>>続きを読む

想影(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます


よくよく見たら30分のショートムービーだった!
学生の恋愛は甘酸っぱいねー!近いのに遠い二人…。もう学生ではないおばさんにとって久々にキュンキュンしました。

確かに結ばれなかったけど、由美ちゃんに
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


作品を見終わって一言。やっぱり人は変わらないね!
兄姉が死にそうになって、さすがに弟妹も泣いて一瞬仲良くなったのかなとなんかリアリティのない終わり方だなぁと思ってたら最後見事に裏切った(笑)

男は
>>続きを読む

二十六夜待ち(2017年製作の映画)

3.6


記憶をなくした小料理店を営む店主とパートで働き出した記憶をなくしたい女性がお互いを求め合い、濃密な愛を描く作品。
作品の雰囲気は結構好きで、時々流れる音楽も良かった。

黒川芽衣が醸し出す可愛いんだ
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

3.7


前から気になってた作品がちょうどテレビで放送していたので鑑賞。
ストーリーはよくある内容だと思うけど、独特な雰囲気。スポーツの熱さは全開なんだけど、どこかオシャレでクールなところもあって良かった。
>>続きを読む

THE PROMISE 君への誓い(2016年製作の映画)

3.9


こういう作品は絶対見ていて悲しくなるし、心が痛くなるのを分かっているのに同じような作品をつい見てしまう自分…。
今回も例外なく人間の愚かさにただただ悲しくなるばかり。ラストはそんなぁ…と思うほど最後
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8


面白かった!散りばめられた伏線、ハラハラドキドキしながら徐々に回収されて色々なことが判明される度に爽快感と衝撃が心地よい!

不正はどこの会社でもあり得るし、自分の勤めている会社でも起こるかもしれな
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.7


いや〜劇中の雰囲気や画がすごく好きだな〜。竹林と寺…最高の組み合わせだった。
最初の喋る速さに追いつけなかったけど、当時はこんな感じだったろうね。
大泉さんの喋り方も落語で磨いた技術が存分に発揮され
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

-


あの「E.T.」や「インディ・ジョーンズ」などファンタジー溢れる作品を世に出したスティーブン・スピルバーグが制作した作品とは思えないほど衝撃的だった。
そして初めてスコアがつけられない作品となった。
>>続きを読む

>|