miosium2さんの映画レビュー・感想・評価

miosium2

miosium2

miosium 2代目。2014/12〜
嫌々ながら、今まで手をつけてこなかったすばらしき映画たちを観始めている日々です。

サムライ(1967年製作の映画)

4.2

一瞬たりと無駄がない…完璧な映画だ、すごい。改めてメルヴィルは天才だな、と思いました。

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

4.2

人間の身体って、こんなにも美しいんだ…

ダンスという芸術が、見ていて1番苦しいし儚いし、私の手に絶対に届かないものだから観ちゃう。帰りはスキップで帰る。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.8

ゴッホが狂気の人だということも分かった、でもゴッホの世界に入り込めるこの映画も狂気に包まれている。

この映画に費やされた時間と、絵の具と、技術にふと気づいてエンドロールで泣きそうになりました。

>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.1

アニメの再現率は高いと思うけど、
アニメ以上の面白さはなかった。アニメも面白いと思うから、面白いんだけども。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.5

日常の映画好き。
のんびりした日々みるとその映画の世界で生きたいと思う…

でもこの日常はエル・ファニングで出来ているのだ。この日常じゃなくて、エル・ファニングとる共に過ごして一緒に寝て、一緒にハンバ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

大抵、私にとってマイノリティ映画は、
主人公たちに感情移入しすぎて、観終わった後は怒り疲れてぐったりしているのだけども、この映画は違った。

心をじわじわ締め付けて、だけどたまに笑わせてくれて…その繰
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.4

このシリーズがこの世に存在することに、
感謝しかない。

結果 we are apes.

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

-

2017年の、猿の惑星 聖戦記を観るためにBlu-rayで鑑賞。

これを超える猿映画はないな。素晴らしい。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

-

2017年の、猿の惑星 聖戦記を観るためにBlu-rayで鑑賞。

何もかもに驚いて、すごいとしか言いようがない。すごい!本当に。本当に私みたいに騙されたと思って観てほしい。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

主人公がとにかくキュートで、
口の片方だけあげて笑ってるところとか、無邪気に笑ってるところとか、可愛すぎて抱きしめたい。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

たまんねぇな!!
映画好きにはたまらない。だってリュミエールから現在までの、大好きなシーンが一挙に、音楽と一緒に観れるなんてなかなかありませんよ。
映像に音楽を合わせているところ見ると、自分が劇場で映
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

内容はともかく、この映画が創造されたことに、感謝と涙。

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

-

1曲目が始まった瞬間にオーマイガー!と叫びました(心の中で)

ミュージカル映画において、
日常と、(非日常の)歌とダンスが始まる部分の、その境目はとてもデリケートなのでとても丁寧に扱ってほしいと思っ
>>続きを読む

コウノトリ大作戦!(2016年製作の映画)

4.0

テンポよく笑いがちりばめられていて、常に笑顔で観てた。
実は最後泣きそうになった(小声)

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

-

あーあーー!何歳になっても、女友達とこんなガールズトークしていたい!
そして今すぐ中東行きたい!ゴージャスな生活したい!豪遊したい!今すぐ!ライトナゥ!!

スコルピオンの恋まじない(2001年製作の映画)

-

(なんだかんだ苦手なくせに)観たことないウディ・アレンは観たくなっちゃう。

何度も言ってる気がするけど、
彼の映画の中に必ず登場する、金髪で背が高いセクシーな才女がとても好きで、女性の趣味合うと思う
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.7

人間の身体の描き方とかかなりタイプだった。
私が高校の頃は、みんなこんな風に見えてたし、見えたいと思ってた容姿で少し微笑ましかった。普通にアニメの中の高校生に恋したわ。

>|