六

洋画をよく見ます。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

filmarks試写会で鑑賞。
上映後のトークショーでも話題に上がっていましたが、この作品はとくに盛り上がることもなく、起承転結もほぼない。
感情の起伏もあまり表面化されてなくて、すごく静かで、地味な
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.5

「私が見たかったバットマンはこれだ!」って映画館で叫びたかった!
バットマンの実写は1960年代のものが大好きで、ダークナイトなバットマンより、バットマン&ロビンが見たいんだ!ってずっと思っていたので
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

4.0

「楽しい!あと5時間は歌っていられるよ!」って言った直後に『5時間後』って字幕がでるノリが最高です。
私が一番笑った台詞はエメットの「吉祥寺の裏通りにある雑貨屋みたい」
DCも、タートルズも、ハリポタ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.4

私は最初から最後までミアに自分を重ねて見ていました。
私もエンタメ系の仕事に就くことを夢見て、まさに奔走中なので、すべての言葉が胸に刺さって痛い。
冒頭のAnother Day Of Sunなんか、い
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

彼は妻を愛していたのか?

思い返してみると、その答えは作中に何度も描かれていたのだと気づきました。
随所に小さな伏線が散りばめられていて、見落としてしまいそうな、何でもないようなシーンで張られ、そし
>>続きを読む

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

4.0

やってることは21ジャンプストリートとほぼ同じなのに、面白い。なんだこれ。
スタッフも続編が出るとは思ってなかったんだな。ってことがよくわかる数多のメタ発言。
あからさまな予算の増加。
そして、丁寧な
>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

2.9

アサシンクリードシリーズは、ゲームもプレイ済みで、さらに大好きなマイケル・ファスベンダーが主演と聞いて、わくわくしながら映画館に向かいました。

端的にいうと、ゲームの実写化として、再現度は素晴らしい
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.5

ひたすらデンゼル・ワシントンがかっこいい。
このデンゼルめっちゃかっこいいでしょ??ってカメラ越しに監督に問いかけられてる感じ。

こういうメインキャラの多いチームものの作品って、掘り下げ方や扱いに差
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.2

正直、序盤は退屈でした。
顔アップ多いしほぼ会話劇なのに会話噛み合ってないし。
でも、お母さんがルイを抱きしめたあたりで、ようやく登場人物たちを身近に感じられて、それから先は気づいたら入り込んで観てま
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.5

作中でよく使われていた「恥をかかせるな」という言葉、もし自分が言われたら、一番辛くて、頭にくる言葉だと思った。
ご飯も作れなくて、子供の着替えや世話も満足にしてやれなくて、そもそも産むのは女性なのに、
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.4

ベン・アフレックの眼が死んでいるところとか、他人に興味がない感じがクリスチャン・ウルフにはまっていた。
シルエットが四角いのと、デイナと並ぶと、あまりの体格差に時空が歪んで見えたのが面白すぎました。
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

IMAXで鑑賞。
重力無視の映像が素晴らしい。
でも若干酔う。

笑えるシーンも沢山あって面白かったのですが、シリアスにいきなりギャグが入ってくる感じが、中途半端に感じました。
全体的には面白いんです
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

私は、「自分は無宗教だ」と思っているような人間です。
それでも、エンドロールの虫の音を聞きながら、「信仰とはなんだろう、神とは、どういうものなんだろう」と悶々と考えていました。

ロドリゴの立たされる
>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

4.0

ルーニー・マーラの演技の素晴らしいこと。
情緒不安定で守ってあげたくなるような脆さ、危うさと、本性を現した時の差にぞっとした。
何が本当で何が嘘かわからないから見てるこっちも疑心暗鬼に陥る。
副作用っ
>>続きを読む

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

4.0

2人がモンスターズ・インクに入社するまでの過程がほんと大好き。
道はひとつじゃなくて、遠回りでも夢や未来に繋がることがある、ってとんでもなくリアルだと思う。

努力型のマイクと天才型のサリーが、だんだ
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

アン・ハサウェイが、ひたすらかわいい。
こんな女性になりたいです。

手段が目的になってしまうことはよくあると思う。
私はこんな人間になりたくないって、苦労して手にいれたものを手放す勇気のある主人公素
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.3

きらびやかな雰囲気と陽気なBGMがPV見てるみたいだった。
映像だけでお腹いっぱい。
スピード感のあるカメラワークが印象的。

とにかく派手な前半と、後半の差がつらい。
ギャツビーはよくも悪くも純粋す
>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.3

好きな女性が仕事のことで悩んでるのに「それよりボクとデートしようよ」なハーバードのイケメンが好きでした。
あの奥さんの言動にイライラしてしまうけど、まだ母親より妻でいたかったんだと思ったら切ない。
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.5

たぶん私は、社長視点で観てしまったから、キャップはキャップで色々思惑があったんだろうけど、バッキーバッキーなんやねんって思ってしまった。
そりゃ70年凍ってて、現代にひとりきり、愛した女性は亡くなって
>>続きを読む

幕末太陽傳(1957年製作の映画)

4.0

細かいとこまで練られて作られてて、それがちゃんとギャグとしておもしろいってすごい。
テンポよくコミカルに進んでくのにふとしたシーンで動物の死骸やら死を連想させる描写が出てくることで、ラストの台詞がさら
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.0

私、映画でよく泣くタイプなんですけど、この作品は、今までと違う涙を流した。
かわいそうとか、哀しいとかではなくて、ボタンを押すしかない絶望とか、やるせなさでいっぱいだった。
気づいたら歯食い縛ってたく
>>続きを読む

フライトナイト/恐怖の夜(2011年製作の映画)

3.0

センチュリー21の存在感。

終始漂うB級感が好きです。
ホラーといいつつ怖いシーン皆無といっていい。
ただドリスのシーンはめっちゃびっくりしました。怖いと言うかびっくり。

ジェリーの怪しい雰囲気と
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.0

心抉られてHP根こそぎ削られて、胸がきゅーっとして「あ"ー!」って叫びたくなる映画だった。
でも暖かくて、私は誰かに抱き締められたり、抱き締めてあげたことあったっけ、なんて考えてしまいました。

とに
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.4

ホークアイ好きとしては、他のヒーローとは違うアプローチで強さが描かれていてすごく嬉しかった。
前作では冒頭で洗脳されるし、ただ弓がうまいだけの人じゃね?って扱いだったので、そこを踏まえた彼なりのポジシ
>>続きを読む

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

3.2

久しぶりに明るめのデイン・デハーン見られてうれしい。
脳筋お兄ちゃん好きです。
ザックの家にゾンビが押し掛けてくるくだりほんと最高だし、ザックのこと約束通り食べないベスかわいい。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.3

好きな人と何をしたいとか、音楽で有名になりたいとかじゃなくて。
ウィリアムのただただ好きっていう気持ちが真っ直ぐで、痛いほど眩しい。
こんな青春過ごしてないのに、懐かしさで胸がキューってなる。
もう少
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2015「二十日鼠と人間」(2014年製作の映画)

4.5

愛情でいっぱいの悲劇に弱いので最後の方ずっと泣いてた。
すべての登場人物が抱える孤独に胸を締め付けられ、レニーの無垢さに救われて、二人の愛情に胸がいっぱい。

劇中で「話し相手は誰でもいい」ってあるよ
>>続きを読む

ザ・ブリザード(2016年製作の映画)

3.0

自宅で観て思ったのは、「映画館で観たかったなあ」
荒れ狂う波は大画面で体感したかった。
話はまとまってはいるのですが、ドラマ映画なのかデザスター映画なのかどっちつかずな感じでした。
あと邦題が内容に全
>>続きを読む

ウディ・アレンの夢と犯罪(2007年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます。

ウディ・アレン監督ときいて、ふわっとした気持ちで見たら、思いの外しっかりサスペンスしててびっくり。
イアンとテリーの兄弟は見た目も正反対で、殺人したあとの様子も全く違っておもしろい。
比較的真面目そう
>>続きを読む

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.3

しょうもないくらい下品なんですけど、笑っちゃう。
主役3人のかけあいも面白いんですが、上司たちが強烈すぎる。

特にコリン・ファレル演じるハゲ上司が忘れられません。
バカすぎて人生楽しそうです。
若干
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

静寂がこわい。窓やドアを閉めた時に無音になる演出が絶妙すぎる。
大切な人を急に奪われて、人としてのモラルを失い暴走していく父親の姿がはがゆくてたまらない。
見ながら、私がこの場にいたらケラー夫婦のよう
>>続きを読む

ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-(2010年製作の映画)

3.0

始まってしばらくは内容に全く興味が持てなかったけど、人がバタバタ死ぬようになってから面白くなって、気づいたら残り10分くらいになってて、「あと10分で収拾つくの!?」ってひやひやしながら観てました。>>続きを読む

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

3.5

低予算でも面白い映画は作れる、を体現した作品。
時間が80分弱なのでサクッと観られる。
必要最低限の情報しか与えられないから考察とかしなくていいので心行くまでドキドキハラハラできます。
最初は調子のっ
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.0

この作品の素晴らしいところは、鑑賞後「あ~面白かった!」だけでは終わらないところだと思います。
サスペンスとしてドキドキしながら観られるし、自分で予測をたてる楽しさもあります。

戦後70年経っても、
>>続きを読む

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

2.5

最大限まで不安を煽り、盛り上がる音楽と、本編の静寂の対比は演出なんでしょうけど、ちぐはぐな感じがした。
音楽でどんな事が起きるんだろう、とわくわくするも、内容は特に盛り上がらず、肩透かしを食らった気分
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

4.0

好き嫌いが別れる作品だなあと思いながら観てましたが、私は大好きです。
残酷でエグい描写が多く、空気も殺伐としていて非常に重い空気ですが、シュールな笑いみたいなものが所々あって癖になります。

死や殺し
>>続きを読む

>|