HirotakeUsamiさんの映画レビュー・感想・評価

HirotakeUsami

HirotakeUsami

映画(44)
ドラマ(0)

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.3

常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションである。
とはよくいったもので… 全員に共感できたなぁ。

個人的に、 I won’t. んとこかっこよかった。笑

人生はローリングストーン(2015年製作の映画)

4.2

THE END OF THE TOUR
何人も言ってるけど邦題はちょっと違う気もするなーと思う。静かな映画。名作。

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

アイスランドでのスケボーで疾走するシーンが最高。
調べたらセイジスフィヨルズってとこらしい。卒業旅行でいきたい。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.3

最後にかなりぞくっとした。
ドイツに限らずやな、と。もっと歴史勉強してから見て見たい気持ちもある。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.5

コリンファースの演技に引き込まれた。
ライオネルとバーティの友情(でも最後までローグとは呼ばなかったり)という、当時の時代の背景や立場も考えた、友情の物語として面白かった。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.3

王道ミステリーという感じ。
中盤からの怒涛の追い上げはとても面白く目が離せなかった。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.7

アクションと爆発がとにかくかっこいい。見た後に気持ちが荒ぶっていた。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

ロバートデニーロがひたすらかっこいい。出来すぎてるって意見もあるけど、あんな風に歳をとりたいなと思わされた!

…ハンカチを常備するようにしよう。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.7

衝撃てきな内容。実際の事実とは少し異なっているみたいだけど、それでもアランチューリングの生きた世の中はスパイ映画のような世界であったと思った。

>|