こさんの映画レビュー・感想・評価

こ

観てその日のうちに思ったことをメモ程度にバーっと書くのであまり読みやすいレビューにはなっていないと思います。「こんな風に考える奴がいるのか〜」程度に読んでいただけると幸いです。

映画(405)
ドラマ(0)

ウィッチ・フウィッチ(2018年製作の映画)

3.0

酒井麻衣と言えば「魔法」なわけですが、これまで以上にカラフルでファンタジックな作品だなと思いました。もっと言うと舞台挨拶でも言われてたけど漫画みたいな世界観。恋愛に関する価値観が小学生レベル。「好きな>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

主人公であるスクヒ演じるキム・オクビンがめちゃかわいくてきれいでビックリした。特にショート時代はかわいすぎてキュンキュンしてた。ロングになってからはかわいいというよりきれい。予告や宣伝で出てくる画像や>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

2.0

致命的なまでに物語に盛り上がりがなく、キャラクター達も呆れるほどに魅力がない。フランク・キッチンの男時代、髪も長いしもうすでに女っぽくね?ミシェル・ロドリゲスになっても声変わらんしなんなんや…って思っ>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

3人のヨーロッパ旅行シーンで舟漕ぎました。噂には聞いてたけどかなり変な映画ですよね。一体なぜこんな映画を作ったのだろうかという、観終わった後に色々考えを巡らせました。よく分からんかったけど(笑)

霊的ボリシェヴィキ(2017年製作の映画)

4.0

触れてはいけない何かに触れてしまった気分。何に対して恐怖を抱いているのか観ていても分からなかったのが一番怖かった。

田園に死す(1974年製作の映画)

3.1

初の寺山修司。当然ながらというかわけが分からず、観終わった後に色々ネットで調べてあーまあそういうことなのかと。もちろんそんな解説があったから分かったような気持ちになれるような映画ではないと思いますが、>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

5.0

『ミスミソウ』と同日に鑑賞。どちらもちゃんと青春映画で、しかもどちらも青春の時間に起きることのその先まで描いていた。


いや、『ちはやふる-結び-』に関してはもはや何も言えなかった……。上の句から始
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

5.0

原作未読。傑作でございました………。


予告編でざっくりと内容を把握した上で観に行ったが、主人公の家及び家族が焼き殺されるシーンがかなり序盤で出て、ほんで主人公の復讐が始まった時は「あれ?早くない?
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.0

予告編から得る印象とはだいぶ違う映画だと思いました。ぼくは末井昭さんのことは本作のあらすじぐらいでしか知らない状態で観ました。この映画を観て、末井さんが世に打ち出して来た雑誌の数々がいったいどういうも>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

微妙だった。映像はキレイ、というか無菌室みたいな感じだった。まあそうなるかなみたいなストーリーだった。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.1

周りの観た人の評価はかなり高く、さんざん見逃していた中でたまたま東京に来ているタイミングで上映があったので観てみました。うむむ…ちょっと自分としては話が難しかったかも…ある程度アメリカの銃規制問題やロ>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.0

遅ればせながらやっと観た。前半はマジで『アンダーグラウンド』の焼き直しかと思ったが2人の逃避行が始まってからはまたあれとは違う方向性の頭のおかしさだった…。動物とんでもなくバコバコ死ぬね。これすげえわ>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

神戸ハーバーランドにある万葉倶楽部のイベントホール(普段から映画の上映をしている)での特別イベント【ライムスター宇多丸のSunday Cinema in KOBE voj.1 #twcn & #cin>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

3.5

『さよなら沢田先生』『また一緒に寝ようね』と製作順に観ていくことで当然ながらというか、どんどん上手くなっているなぁと思った。前2作では単純にヘタなだけなんじゃないかと思える登場人物たちの棒読みなセリフ>>続きを読む

また一緒に寝ようね(2015年製作の映画)

3.0

『さよなら沢田先生』から明らかに成長具合が感じられた。演技やシーンの繋ぎには違和感を感じなくもないが、それも監督の味というかわざとなのかなと感じた。

さよなら沢田先生(2013年製作の映画)

2.5

首藤凛監督最新作『なっちゃんはまだ新宿』公開に合わせて監督の過去の短編作も上映されていた。今作『さよなら沢田先生』は首藤さんが大学に入って初めて撮った作品らしい。率直に言うとどういう話だったのかはよく>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

3.0

80歳のおじいちゃんが撮るような映画じゃないでしょう。強烈な映像体験。観客から言葉を奪う映画だなと思った。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

5.0

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!

わたしも無事にマヒシュマティ王国に入国できました。ありがとうございます。

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.5

今泉力哉監督の作品って『サッドティー』と『知らない、ふたり。』の2本しか観てなかったなとそういえば思いました。伊藤沙莉演じるママが出てきたあたりから面白くなってきたなと思いました。伊藤沙莉マジでおかん>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

5.0

最 of 高…。最初から最後までずっと面白かった…満たされた…。

サニー/32(2018年製作の映画)

4.0

なんじゃこりゃ…!!!まさかこんな映画だったとは。中盤赤裡が「サニー」として覚醒し自分を拉致した奴らにキタコレを迫るシーンは、「あ〜マジか〜これ全員に聞くのか〜俺この映画無理かもしんない…」と思ったも>>続きを読む

EUREKA ユリイカ(2000年製作の映画)

4.0

YCAM爆音映画祭ラストの作品。最後の最後で約3時間半の作品、観る前は「ああこれ絶対どこかで寝るわ…」と思ったが、マジで一睡もせずに最後まで観られた。観終わってすぐスーツケース持ってダッシュで夜行バス>>続きを読む

ポーラX(1999年製作の映画)

3.0

前半と後半で主人公の男の見た目画変わりすぎて…綺麗な洋館に住んでた頃は王子様みたいだったのに…やさぐれがすごい。後半の謎バンド出現してから終始異常なテンションだった。

クレマスター5(1997年製作の映画)

-

最初から最後までキンタマ……!!!こんな幼稚な感想しか出てこない。クレマスターサークル全部通しで観て、描かれていることは実はどれも同じなような気がするし、そんなに難解でもない(難解かどうかもよくわから>>続きを読む

クレマスター4(1995年製作の映画)

2.5

クレマスターサークルの中でこれが一番最初に作ったらしい。よって画質が一番悪い…いかにも昔に撮りましたよな画質だった。あんな画質の映像を大きなスクリーンで観るのはそれはそれで貴重だとも思う。

最後の金
>>続きを読む

クレマスター3(2002年製作の映画)

3.5

クレマスターサークルの中で最も長いわけですが、観ていて映像的に一番面白かったのはこれかもしれない。相変わらずシーンとシーンの繋がりはわけが分からないが、最後に制作した作品であり撮影で使ったビデオの品質>>続きを読む

クレマスター2(1999年製作の映画)

-

クレマスターサークルの中でこれが一番キツかった気がする…よって爆睡した…。あまりにもわけが分からなかった。

クレマスター1(1995年製作の映画)

3.0

YCAM爆音映画祭特別編:35ミリフィルム特集にてクレマスターサークル一気見!!!

いま思えばこの1が一番見やすかったと思う。ストーリーはないと思うが、それぞれのシーンの繋がりが非常に分かりやすいの
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.0

今のところ今年公開の映画で一番期待していた映画だったので、勇み足で観たのだが期待が大きすぎたのか期待する方向性を間違えていたのかちょっと肩透かし感を食らってしまった。いや、面白いは面白いと思うんですけ>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.4

『デトロイト』そして去年の鑑賞でちょっと間は空いてるけど『ゲット・アウト』と割と立て続けに黒人差別を題材にした最新映画を観てきた。今作はその中でもかなり知的なユーモアに溢れてたと思う。やっぱケヴィン・>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

いま家で犬飼ってるので、まあやっぱ自分の飼ってる犬大事にしようとは思いました。そもそも動物がメインの映画はほとんど観たことがないんだけど、今回のこの映画は犬がどんどん生まれ変わって「犬生」を繰り返し、>>続きを読む

三つの光(2017年製作の映画)

2.5

舞台挨拶付きの回で鑑賞。非常に分かりにくい映画だった。あの音楽スタジオは結局なんなのか(素人目に見ても音楽を録音するスタジオとして適しているようには思えない)?Kは結局なにものなのか?スタジオのスタッ>>続きを読む

劇場版 アイドルキャノンボール2017(2017年製作の映画)

3.6

ドン引き、もはや詐欺レベルに近い本編とは関係のないポスタービジュアル(笑)

本作、『アイドルキャノンボール』とは銘打ち、事実2017年に行われたWACK合同オーディションが舞台ではあるのだけど、ほと
>>続きを読む

ALL YOU NEED is PUNK and LOVE(2017年製作の映画)

3.5

オープニング、公園で即興のダンスを踊るアイナ・ジ・エンドの映像のバックに谷川俊太郎の詩を朗読する女の子の声。なんじゃこりゃ…!!??というのがまず見始めての感想。もっとストレートに言ってしまうとおいな>>続きを読む

星くず兄弟の新たな伝説(2016年製作の映画)

-

中盤荒野の盛り場での豪華カメオ出演のオンパレードが個人的なハイライト。全体的に観ていてしんどかった。そんなにハッチャケてるように思えなかった。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

『希望のかなた』とハシゴで鑑賞。両作とも現実世界で起きている(または起きた)問題を題材に描いてるという共通点はある。『希望のかなた』はタイトル通りいくらか希望の兆しのようなものがあるけど『デトロイト』>>続きを読む

>|