Shotaroさんの映画レビュー・感想・評価

Shotaro

Shotaro

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

-

ファンタジーなフォレストガンプ。
メモしたくなるような良い台詞が沢山あった。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

-

「人類が宇宙の進化の中にいるようで、実は無の存在だということを教えてくれる。」

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

-

ビル・マーレイが良かった。
ローラの飾らないスタイリングがすごく好み。
チェットベイカー聴いて寝ます。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

-

ローリング・ストーン誌からの電話に低い声で返事をするシーンとTiny Dancerのシーンが好き。

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

-

「その人が話したり、歩いていたのを覚えてる?それでも死んだって感じる?」

ギターからトラヴィスとテキサスの乾きを聴覚的にも感じることができた。
どこをとっても綺麗な画だった。

ランブルフィッシュ(1983年製作の映画)

-

サントラが秀逸。
光と影。鮮やかすぎる赤。
カリフォルニアの真っ黒なカモメ。

SAYONARA AMERICA(2021年製作の映画)

-

このパンデミックはオペラ。
演出家は誰なんだろう。

言葉の言い回しが素敵。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

-

ジェームズボンドのくだりとか、事実をエンタメにする方法が上手い。
トムハンクスが良いー!

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

-

「愛はどんな形でも希望を与えてくれる。」
ニューヨーク行きたい!

スモーク(1995年製作の映画)

-

同じようで1枚1枚、全部、違う。
新しい顔が常連になり、古い顔が消えてく。
地球は毎日、太陽を回り...
太陽光線は毎日、違う角度で差す。

クルエラ(2021年製作の映画)

-

プラダを着た悪魔とジョーカー思い出した。パンクなショーが良かった!

リアリティ・バイツ(1994年製作の映画)

-

ウィノナ・ライダーが可愛いすぎる。
ビデオが混ざってるのも良かった。
音楽、スタイリングも。

ダージリン急行(2007年製作の映画)

-

色合いが綺麗。
明日どうなるか考えずに、気の向くままに旅してみたい。
インドもいつか行ってみたい。
人生変わりそう。

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

-

最初は「ミッドナイトインパリ」的な気持ちで見てたけど、徐々に怖くなっていった。
音楽も良かったし、サイケデリックな映像にすごく引き込まれた。
行ったこともない60年代のロンドンのパブに本当にいるみたい
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

-

嘘が散りばめられてる日常の怖さ。
羊たちの沈黙見た時も思ったけど、女性警官の勇気って凄い。
ブシェミの存在感。
あと、シャイニング思い出した。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

-

アルゼンチン版ナチュラルボーンキラーズ。
スタイリングが良かった。
赤ニット,フレアデニム,adidasのスニーカー

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

ラストの警官が何倍にも優しく見えた。
この時期に見て良かった!

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

-

マーベルとスターウォーズのくだり笑っちゃった。ピースフルで良かった。

ビッグ(1988年製作の映画)

-

トム・ハンクスが13歳にしか見えない!
大人になるには子供心を持たないとだな。

>|