popoさんの映画レビュー・感想・評価

popo

popo

ファイナル・プラン(2020年製作の映画)

3.6

リーアム・ニーソン得意の復讐劇。
でも今作は家族じゃない。

悪人と善人がきっちりしていて、ストーリーに深みがない分、登場人物の関係性が楽しめます。

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.3

超ふざけた三國志。
勇者ヨシヒコの三國志版。

キャストが豪華なので、お笑い番組のように観ることができます。
映画としてのエンタメ性というより、笑わせようと無理をしているようにも感じる。
素直に笑えれ
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

4.0

マ・ドンソク!!!

1番の被害者はマ・ドンソクな映画。
しかし、ラストは肉体で凌駕する。
この映画のラストは秀逸。

ここまで壮絶なドアパンチは、彼以外では観られない!

暴力シーン多いですが、オス
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.8

街を毒ガスが包み込む。
逃れるには屋上に行って、ヘリの救助を待つしかない。

と、よくある設定に感じるが、コレが面白い。
家族、クライミング、ドローン。
低予算でこんなに良い作品が出来る。

ユナが素
>>続きを読む

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

3.0

マット・デイモンがチョイ役で出てて、とても驚いたので加点w

iPhoneで撮影?
それは、何が言いたかったんでしょう?

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.0

ずっとレビューを躊躇っていました。

絵本は満点に近い大好きな作品。
しかし、実写化に失敗した映画を観た感覚。

長編にするために加えた箇所が、展開が、私には刺さらず、よりゴチャゴチャした印象しか受け
>>続きを読む

テロ、ライブ(2013年製作の映画)

3.8

スタジオライブ放送での、爆破予告と金銭要求。
本当の目的は…

よくあるネタなのですが、これは秀逸。
観せ方と演技でスケールが大きく感じ、
緊迫感と緊張感が持続します。

スリリングな展開を楽しみたい
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

マカヴォイの怪演、名演。
23人格の変化は必見。

シャマラン作品を観ていなくても、楽しめます!
ラストシーンで、あの人が登場。
まだ観てない人は、シャマランワールドにハマること間違いなしです。

>>続きを読む

まく子(2019年製作の映画)

3.0

草彅剛は適役。とても良かった。

四万温泉、良いとこだなぁ。

この映画の見所は、おにぎりの湯気。

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

役所広司は本当に凄い。

支える人達の演技も優秀で、ラストのそれぞれの想いがこちらに刺さる。

我慢、我慢、我慢。
三上自身の中では、全く間違っていない。正しいと思う事を、力で押し通す。
でもそれは、
>>続きを読む

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.5

妻に先立たれ、一人暮らしのおじいちゃんが、娘の家で暮らす事に。
しかし、おじいちゃんの為の部屋は、孫から奪う事となり、戦争が始まる。

微笑ましいイタズラ合戦ですが、
デニーロとクリストファー・ウォー
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

4.0

初日初回鑑賞!
コンフィデンスマンjp好きなら、オススメ!というより必見です!
集大成と言うべき作品。

いよいよ、ファイナルコンゲーム!
今作は3人の戦い?

今回もラスト30分のネタバレは爽快!
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.3

ストリッパーの栄華と転落の映画。
それぞれの個性が活かされておらず、役割が不明確なオーシャンズという印象。

騙し方が美しくないのが、残念。
実話を元にというので仕方がないか。

実りゆく(2020年製作の映画)

3.6

なるほどタイタンですね。
でも、お笑いやおふざけではなく、
しっかりとした作品になってます。

ラストの神社の流れは好きです。
お笑い芸人とリンゴ農家、それぞれの魅力と苦悩。良作です。

タイムリミット 見知らぬ影(2018年製作の映画)

4.0

コリン・ファレルのテレフォンブースを思い起こすような、爆破脅迫系。
車に爆弾が仕掛けられているので、車のシーンが全てなのですが、面白い。

緊迫感、緊張感が素晴らしい。
理不尽な要求にこちらもイライラ
>>続きを読む

アドリフト 41日間の漂流(2018年製作の映画)

3.6

実話。

過酷な漂流記。
過去と現在と現実と幻想と。

広大な海での実話映画ですが、後半一気にたたみかけます。

空白(2021年製作の映画)

4.0

「今は全てが苦しいんです!」

古田新太が素晴らしい演技。
他の配役も素晴らしいのですが、何よりもこの父の心情が見事。

己を正当化して、人の心は気にしない。
嫌な部分を次々に観せられていく。

共感
>>続きを読む

いしゃ先生(2015年製作の映画)

4.0

昭和10年。山形県の山奥の農村。
東京で医療を学んだ村長の娘が村に呼び戻された。
東京から帰った洋服を着た娘。
村人とは言葉も着るものも違う、全く受け入れられない状況で…

平山あやが好演。
志田周子
>>続きを読む

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

3.8

長野五輪、ジャンプ団体。
悪天候により競技中断。
テストジャンパーに日本のメダルは託された。

田中圭はもとより、山田裕貴、眞栄田郷敦も好演。

再現ドラマのような前半から、長野オリンピック競技のクラ
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.8

ブルース・ウィリスを久々に堪能できる映画。

やっぱり家族の為の復讐に燃えるのが、彼の持ち味を1番引き出しますね。

どんどんと道を外していくウィリスはカッコ良すぎ。

ドラッグ・チェイサー(2019年製作の映画)

3.2

ニコラス・ケイジとローレンス・フィッシュバーンですが、派手さはなし。

運び屋の緊張感が著しく足りない。
挙句の果てに……

ザ・クーリエ(2019年製作の映画)

3.0

ゲイリーオールドマンの悪ってこれじゃない感が凄い。

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

3.8

なんで低評価?面白かった!
北村匠海も好演。
とんかつが食べたくなる映画。

DJとしてのクラブシーンより、揚太郎が周りの人に支えられ成長するのがメイン。

ブラザートム、伊勢谷友介、伊藤健太郎がとて
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.8

ジェイソン・ステイサムが好きなら必見。

時系列と視点を変化させることで、伏線回収要素が高まり、満足度が高いです。

原題、Wrath of man(男の怒り)
邦題、CASH TRUCK(現金輸送車
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.3

葬式で集まる疎遠の親戚や兄弟の空気感がリアル。
居心地の悪さと良さと。

岸井ゆきのの中途半端なセックスシーンはむしろいらないと感じた。

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

3.8

かわいいが過ぎるw

今作のピーターラビットは、ピーターが殴る、蹴る、奪う、盗むの大悪党に!?

家族で楽しめます。

砂糖は危険だよなぁw

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

ロードムービーではなく、ドキュメント映画のように、登場人物の苦労や生い立ちを鑑賞し続ける作品。

ただ、ノマド1人1人それぞれの生き方を感じられる。
特に日本人では感じにくい不況がもたらす生活の先を垣
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.8

モブキャラに自我が芽生えたらって感じです。
最近よくある、AIに意志を持たせる系映画。
ストーリーはシンプルかつ派手なのでとても楽しめ、小ネタも豊富なので、ニヤリとしてしまう事も。

ライアン・レイノ
>>続きを読む

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

3.0

綾野剛は低音バージョンの演技
木村佳乃、柄本明の2人はいつも通りの怪演。

オープニング、昭和の演出で焦る。
安楽死、尊厳死のテーマは慎重にかつ、重きを置いて、脚本して欲しかった。
あまりにも快楽殺人
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.6

岩田剛典、斎藤工、北村一輝が好演。

岩ちゃんの鬼気迫る芝居も、ラストのタネ明かしで納得。

御都合主義的な展開も若干ありますが、この映画の楽しみ所は、この3名の演技を堪能する作品。

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.9

searchからの期待で鑑賞しましたが、
愛の方向が全く逆で凄いw

最悪の毒母映画。
もはや母と言っていいものなのか?
所々で見守るダイアンの姿が…
色々考察できる作品です。

ラストのクロエもヤバ
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

3.8

リョ・スンヨンが素晴らしい演技。

コミカルな展開と、非現実的な展開が続くのですが…
内容はとても深刻。
さらにコミカルさも非現実的さも、すべてを吹き飛ばす親子愛と仲間愛。

オススメです。

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.2

今泉監督らしい会話劇。
伊藤沙莉の存在感が良い。

大室山って、景色が素晴らしいのに、花曇りのロケで残念。

おそらく、女性目線だと印象に残るセリフもあるのかなぁ。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.8

テンポ良くコミカルに進むストーリーが楽しいのと、ラストの伏線回収が楽しい。

香川照之を楽しむなら、特にオススメ。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

4.0

アニメ本編未視聴の方は、
いきなり外伝を観ない方が良い。
おそらく、感動は半減します。

本編神回と比較すると…
しかし、心は洗われます。

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.5

ラストのバトルは特に熱い!

コングに人間らしさを強調するシーンが多すぎたような。
純粋に弱きを助け悪を叩きのめすコングの表現だけでも良かった。
そのくらい、闘いに余計なモノがいらなかった。

小栗旬
>>続きを読む

>|