sakuさんの映画レビュー・感想・評価

saku

saku

記録用

アクション/SF/サスペンス/B級サメ映画が好き

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ(2005年製作の映画)

3.7

怖い。娘の落ち着きすぎた性格が最初は不気味だったが、だんだん謎が解けていく。

チャーリー😆

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

グレゴリー・ペックが本当に紳士で素敵...!

オードリー・ヘップバーンはただの綺麗な女性というわけじゃなく、ちょっとおちゃめな女性を演じるのが本当に似合っていると思う。

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

3.7

映像が本当に華やか。
こんなシンデレラストーリー誰もが憧れるんじゃないかしら。
下町の女の子から女性になっていく、オードリー・ヘップバーンの変化が素敵。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.7

英国紳士!素敵!
アクションのテンポは良いし、残酷なシーンもノリは軽いし、なによりスーツアクションと武器がスマートでかっこいいー!
スーツ好きな人は是非。

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

3.5

お姫さまになってからはもちろん綺麗なんだけど、制服の時が可愛い!

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

3.8

子供たちの可愛らしい恋。
綺麗な恋。
素敵。

忘れてしまった純粋なドキドキを思い出させてくれる。

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

2.4

結構ご都合主義。
人から剥ぎ取って装備を整えていく感じがRPGのようだった。

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.3

初めてしっかり観た。
だんだんと友人が消えていくがまだ殺されたとは分かっていない間の空気、犯人視点の時に聞こえる息遣いのようなBGM、不気味な感じがよく表れている。
思わず叫んだとこもちらほら。笑

寄生体X(2012年製作の映画)

1.0

途中で観るのやめた。

俳優にも魅力を感じないし、なかなかストーリーの本質に触れないままだらだら映画が続くため観る気がうせた。

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2(2003年製作の映画)

3.1

午後ローでやってたので今まで何度も見ているがレビューを書いてみる。

お、お、お、いくか!?ってところでは一旦死なずに、こんなとこで!?ってところでグサッと死ぬ。
何となく思ってたより死に方ぬるいなっ
>>続きを読む

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

3.1

もっとコメディなのかと思ったら、思いの外真面目なシーンの多い映画だった。
番組制作の裏側をちょっと知ることができたのは面白かった。

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

2.5

え、そこもそういう特殊人間だったの!?という感じ。
まぁまぁ面白いが、魔女のキャラを確立しきれていない感じがした。

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

2.2

マーニーの演技が微妙。
最初はわけが分からず進むところもあるが、だんだんと伏線は回収されていく。

原作を読んだ方が面白そう。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.7

映画館でも観たし、Blu-rayが出てからも何度も観ている。
もともとアベンジャーズが好きだし、今作も期待を裏切らない面白さ!
スパイダーマンも登場し、アントマンなどマーベルヒーロー大集合。アクション
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

1.0

正直全然面白くなかった。怖くもない。
ネタバレもあっさりだし子供たちが怖い思いをするシーンも少しで、見どころが分からない。

ラストサマー2(1998年製作の映画)

2.9

ラストサマーの続編。
前回は最初はなかなか人が死ななかったのに対し、今回はバンバン殺される。
犯人もここまでよくやるなぁ...という印象笑

ラストサマー(1997年製作の映画)

3.2

とりあえずきゃーきゃー言いながら観たい人にはオススメ。
ツッコミどころは多々あるし、展開もだいたい想像ついたけど、ストーリーは結構好きだった。
何事もしっかり確認しましょうね。笑

エミリー 悪夢のベビーシッター(2015年製作の映画)

2.4

最初から不気味なシッターだった。
後々目的は分かるが、「え、じゃあさっき何であんなことした!?やる必要なくない!?」って思うところ多々。
結構ハラハラする展開。あと映画特有だけど、みんな詰めが甘い。
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.3

MX4Dで観て来た。
スパイダーマンが若い...!
認めてもらいたくて頑張る姿や、敵にボコボコにされる姿に涙腺が緩む。
トニーがお父さんみたいな立ち位置。

今までのスパイダーマンで1番好きだった。

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年製作の映画)

2.3

あの花好きには、正直微妙な作品だと思う。
なんでめんまちゃんに暗い過去こじつけた?そんな描写テレビシリーズではなかったよね。

あの花が大好きだからこそ、ちょっとこの映画はいただけない...

ライト/オフ(2016年製作の映画)

1.8

暗いところにだけ現れるっていうのは怖いけど正体がわかってからはただのモンスター映画

シャークトパス(2010年製作の映画)

1.4

生物兵器として生み出されたシャークトパスの暴走

サマー・インフェルノ(2015年製作の映画)

1.5

途中まではよくあるゾンビ物っぽくて面白い。一応感染の原因も突き止められる。ゾンビになってる時の演技が...笑

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

4.2

1の方が好きだけど、やっぱりキラキラしてゴージャスな映画。憧れが詰まってる。

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

4.5

綺麗な服と素敵な友人たちが出て来て本当にワクワクする映画!
ちょっとセクシー😆

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

こわすぎ...
最初は若者たちが盗みを働きに盲目の老人を狙って逆に痛い目見る映画だと思ってたけど、蓋を開けてみればその老人も女の子を監禁、自分の子供を産ませようなどとキチガイ変態だった。

銀魂(2017年製作の映画)

1.7

キャスティング、キャラクターキービジュアルが発表されていくにつれて「あれ、これはひょっとしたら面白いのでは...?」と期待して観に行ったが、結果撃沈。
佐藤二郎と菅田将暉の掛け合いで一箇所だけ笑いこら
>>続きを読む

シン・ジョーズ(2016年製作の映画)

1.6

原題"Atomic shark." からの邦題『シン・ジョーズ』なんとなくストーリーの想像つくよね。笑
レストランが火の海になったのは笑った笑

ゴースト・シャーク(2013年製作の映画)

1.3

CGもチャチだしストーリーもツッコミどころ満載...B級でよくあるバカみたいな盛り上がりもなし。

シャークネード4 (2016年製作の映画)

2.2

色々な映画のパロディだらけのハイテンションあほ映画...
だけど思わず最後まで観てしまう面白さ...!

シャークネード(2013年製作の映画)

2.3

本当にありえないことが起こりまくるけど全体通してハイテンションで良い

>|