わあ

わあ

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.7

ジムキャリーの天才鬼才(奇才?)ぶりがこれでもかと発揮された名作。

ジムキャリーってこんな役者ですよ!

時間がない人はエンドロールのNG集だけでもみて!

本当に天才だよ

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.7

レオ様もトムハンクスも良い仕事するなぁと思いました。

スピルバーグの映画も、キャストも、職人の仕事だなと思いました。

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.0

幼いころのトラウマの記憶、、、
ハワイに行って無理やり海に入れられてジョーズに食われると暴れた記憶、、、


改めて観た。
怖くないジャーン!大丈夫大丈夫!

とか思ってたらやっぱ怖いわ。

ジョーズ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃ豪華なコスプレ大会!!


大スクリーンで安っぽいCGをみることも、全くストレスにならず、場が持っていない演技も、楽しめてしまう。

危ないパロディも許せるとかそういう意味以上に、全てをエ
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.2

工場からオクジャを連れ出すミジャの風景がこの映画の全てであり、それ以外は蛇足かなと思った。

命を、人間のために犠牲にするとはこういうことで、この映画を観た私たちができるせめてものことは、目の前の命を
>>続きを読む

美女と野獣(1946年製作の映画)

4.5

ディズニーの美女と野獣がファンタジーな夢の世界なら、コクトー版は悪夢。

シュールレアリズムな城の造形や、ラストの魂の交換はまさしく悪夢的。

しかしそんな一筋縄ではいかない、全てを疑ってしまいたくな
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

5.0

実は初めてみました。

凄かった。
アツイだけじゃなくて、ラブストーリーとしても最高なんだね。

エイドリアーン!

最初のペットショップのシーンでは、まさかその子が口説かれてるとは思わなかった。
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.5

吉田監督とリリーフランキーが好きで。

三島の耽美な世界観を荒唐無稽に解釈したがゆえに最高な作品になったな、と思いました。

リリーフランキーめっちゃセックスしてそうなイメージだけど実際濡れ場初めて見
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

4.0

ただのラブコメディかと思いきや、全ての恋人たちに捧げたい、愛の映画だった。

好きな人と付き合おうと思うとき、親に反対されたり、年収の面で友達に紹介するのが恥ずかしかったり、そう思ってしまった経験は誰
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.1

韓国映画のリメイクなので、日本版はパンチが薄い。
それを抜いてもサスペンスもエンタメのバランスがよく、良作だと言える。

序盤は思ったよりエグくて胸糞で、今の観客のキャパは大丈夫か知りたくなった。
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

5.0

いやあ、戦争映画の歴史を塗り替える傑作でした。

映画館で観て欲しい。
塚田版野火と同じく、休ませてくれない。戦争という悪夢を、映画の力で無理やり追体験させてくる。

沈黙と同じく、主演はガーフィール
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.0

うーんうーん

結局ジャック、ウィルとエリザベスを彼らの子供達も超えることはできないんだなと

ウィルが父親の呪いを解くために仲間を犠牲にしていたときもモヤモヤしたけど、結局その息子も行動原理は親なん
>>続きを読む

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

3.4

気楽に見れる佳作ゾンビ映画

クソガキ鼻もっとすっきり死んで欲しいな〜

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.8

真夜中にできれば映画館で観なければいけない映画
夢を見るのではなく夢にならなくてはいけない映画

クライマックスからの陶酔感がやばい

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

1.0

結論から言うと、ダサイ作品だと思う。

ジブリっぽいことが悪いのではない、パクリでもない、ただただ、ダサい。スタジオジブリ作品isハイセンス。同じスタッフで同じ絵柄で、ダサいことをやるから最悪なんだ。
>>続きを読む

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

3.5

シンシティは本当に好きなんですよね。
アメコミ買おうと思ったのは初めて。

しかし前作に比べ完成度はだいぶ落ちている、、、時系列のお洒落さ、オープニングの圧倒的ハードボイルド、復讐の女神ことナンシーが
>>続きを読む

ラブバトル(2013年製作の映画)

4.5

愛は粘液の交換だという自説があるのですが、ここまで身体がぶつかり合い、絡み合えばそれも愛ですね。

http://culture.loadshow.jp/interview/lovebattles_j
>>続きを読む

ベルベット・ゴールドマイン(1998年製作の映画)

3.5

うーん題材も演出も面白いんだけど、ボウイをブチ殺すほどのクオリティとパワーには程遠いかな

グーニーズ(1985年製作の映画)

4.1

子供が主人公のアドベンチャー、数あれど。子供の冒険の動機、子供自身を深掘りしている作品はなかなかないんじゃないの。

主人公を演じた役者はロードオブザリングのサムも演じているショーンアスティン。言わず
>>続きを読む

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(2013年製作の映画)

3.0

SF女優といったらゾーイサルダナだけど、スカヨハの人外感もなかなかだなぁと思った。herや攻殻みたいな機械的なSFではなく、昆虫のようなエイリアンのような恐ろしさと美しさがあるなと。良い女優さんだなー>>続きを読む

肉体の門(1964年製作の映画)

3.7

完成度は高くない。肉体の門というタイトルのように肉体でしか稼げない、生きられない時代を強く生きる女の話。キャラ立ちや構造の美しさやテーマの奥深さは鈴木清順にしてはやや物足りない。
しかし主人公の美しさ
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.6

そうあの頃から大分大きくなった大人たちに向けた童話。

子供の頃の得体の知れない不安が想像力によって産まれる。

未知のはずなのにどこか知ってる世界。

いやぁカッケェ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.9

キャプテンアメリカ3部作完結

なかなか辛い話
アントマンやスパイディ参戦されたら普通に興奮する。ずるい。

スタークはそろそろ大人になってほしいと思いつつ、天才だから仕方ないね。スターク大人になった
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.5

MCUを見直そうのコーナーぱふぱふ!

ついにアベンジャーズ!集結!
son of callが不憫ゴねぇ。ほんますこ。

ロキ覚醒後からの盛り上がりが半端無い。待ってました!

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.4

MCUを見直そうのぱふぱふ!

キャップの戦い方めちゃすこ。
キャップのブレなさ、すご。
いやほんとになんでこんなに正義を貫けるんだよ。凄い。

肉体的強さはないけれど誇り高く、誰よりも正義漢であった
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.5

MCUを見直そうのコーナーぱふぱふ!
4作目

舞台はガッツリ宇宙、、、かと思いきや半分は地球。
やっぱりSFチックなアイテムが出てくると滾る。

無骨というか向こう見ずな若いソーが新鮮。ロキは半端な
>>続きを読む

>|