porikoznさんの映画レビュー・感想・評価

porikozn

porikozn

映画(1405)
ドラマ(246)

スウィンダラーズ(2017年製作の映画)

3.6

詐欺師が詐欺師を騙す!
えー、そうだったんだー。もう、スッキリした面白い話でした。

ザ・カナル 悪魔の棲む場所/運河の底(2014年製作の映画)

3.6

映像記録局勤務のデイヴィッドは、古いフィルム映像を確認する事になる。そこには昔におきた残忍な殺人事件の記録が!その映像を見てから、どんどんオカシクなっていく。
デイヴィッドが妻の嫌な場面を見て
精神的
>>続きを読む

冷たい嘘(2018年製作の映画)

3.4

娘が友達を橋から突き落としたと告白した時の親の苦悩は計り知れないが、そこはかばうとこではない!娘に付き添って警察に行くべきだったんじゃないだろか?
嘘がこんな事を招くとは、、、。
この母親の顔がラスト
>>続きを読む

アメリカン・マーダー: 一家殺害事件の実録(2020年製作の映画)

3.7

本当に起きた殺人事件の話!
SNS投稿や監視カメラ、実際の取り調べ、実際の写真等々で逮捕前〜逮捕後〜と、構成されたドキュメンタリー映画。
あんなに可愛い子供達なのに、、
その方法しかなかったんだろうか
>>続きを読む

ザ・ゲーム ~赤裸々な宴~(2018年製作の映画)

3.4

スマホを皆で共有するゲームなんて、やるもんじゃないですね〜!
ロクな事がない(私は見られても全く大丈夫だが、そんなゲームはしませんw‪w)。
ってか、自分も微妙な秘密があるのに、よく皆でゲームをやろう
>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

3.9

ん〜面白かった!見応えあります。
御曹司の息子テオ(ユ・アイン)の冷血さったら、、、そして卑劣な揉み消し。ハラハラするわぁー。
ラストのアクションシーンは容赦ない、これでも感が半端なかったが、結局はス
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

2.6

いや、スマホを落としてないし!ってずっと思っていたら、あらまぁ〜確かに落としてたわ(爆笑)
前回、加賀屋が犯人浦野を逮捕して終わったが、今回 浦野は獄中!
だから、タイトルが囚われの殺人鬼な訳ね〜。へ
>>続きを読む

ホステル3(2011年製作の映画)

3.2

ホステルシリーズ3作目。
またまた、エリート ハンティングクラブが出てくる!
そんなに言う程、酷くはないと思うが、、、殺り方が甘い。
出来ればもう少し、残虐的にヤバすぎ位の方が良かったかな‪w‪w
>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

3.7

誘拐された兄が、19日間の記憶を失って帰ってきた。
戻ってきた兄の様子がおかしい!最初は不可解な感じで話が進んでいくけど、二転三転しながらも真相を聞かされ、今迄の伏線が全て回収されていく!えー、そうだ
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.5

韓国でおこった、実話ベースの映画。キム・ユンソクとチュ・ジフン共演!
目が離せない映画ではなかったけど、淡々と進む話が実話なんだなと再確認。とりあえず、犯人はどーしようもない奴だ。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.4

有名なタイトルだから、いつか見よう見ようと思っていて、見てなかった映画。地上波で放送されたんで見ましたよ!豪華なキャスト。
吹き替えだったんで、エルキュール・ポアロが草刈正雄(何だかなー)。この映画は
>>続きを読む

ペイン 魂の叫び(2011年製作の映画)

3.3

半年間ずっと、襲われてナイフで刺される悪夢を見続ける主人公!
スリラー??のジャンルらしいが、これスリラーか?
悪夢を見続けていたと言う事は、半年葛藤していたのか、、、

「木の葉は、信念を持って枝か
>>続きを読む

オープン・ウォーター(2004年製作の映画)

3.0

実話みたいですねー!
まさかの置き去り(><) ってか、船に上がる時は、人数より名前確認をすれば防げたんではなかろうか?
静かに進む話&ジワジワくる緊張と絶望感。そして、ラスト9分辺りからのやるせなさ
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.8

「梨泰院クラス」に出ていて気になってた、キム・ダミが主演の映画なので、見たー!
ジャユン(キム・ダミ)の、生い立ちが明らかになり、最初に出ていた施設へと移り、怒涛のアクションシーン。圧巻!
ジャユンに
>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

3.4

感染し、治療して完治する人しない人がいて、完治した人(回復者)は感染していた時の記憶がある。感染者は回復者を襲わない!
自分を襲って来た相手や、自分が感染させた時の記憶があるとか、嫌だわぁー。
病む。
>>続きを読む

惡の華(2019年製作の映画)

3.5

原作を読んでないので比較は出来ないけど、とりあえず伊藤健太郎も玉城ティナも良かった。
玉城ティナがメガネを外した時の眼力ったら、凄いわー。
思春期のドロドロした心の中を映像化した感じ?かな。こじらせた
>>続きを読む

悪魔は見ていた(2019年製作の映画)

3.3

P2の韓国リメイク版!
案外序盤でキモイ奴ってわかってから、どんどんエスカレートが増していく。このままラスト迄、突っ走るのかと思いきや、後半からは違う要素も加わり「どんだけ〜!!」ってなります。
P2
>>続きを読む

悪のクロニクル(2015年製作の映画)

3.8

ソン・ヒョンジュ、マ・ドンソク、そしてパク・ソジュン。
どんどんドツボにハマっていくソン・ヒョンジュ。何となく読める展開だったけど、それでも見続けてしまう。数々の付箋も全て回収しているけど、悲しく切な
>>続きを読む

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

3.8

今更、やっと観た!
キム・ギドク監督、いいですねー。取り立て屋のガンドは残酷で無慈悲。いきなり母だと現れたミソンに、段々と色々な感情が芽生え変わっていく様等々、目が離せない。
ミソンの全てを知った時、
>>続きを読む

ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~(2020年製作の映画)

3.8

「ザ ベビーシッター」の続編。
あれから2年後。コールは周りからは、イカれた奴と思われて生きてきた2年間。唯一、心を許せるのは同級生のメラニーだけ。
ある日、転校生の女の子がくる!
メラニーに誘われ今
>>続きを読む

箪笥<たんす>(2003年製作の映画)

3.9

観たいと思ってて、いつの間にか忘れてた映画。今更ながら、やっとみました!
重苦しい雰囲気のある映画。細かい小道具、壁紙、シュチュエーション、カメラワーク。ってか、これ違った意味でホラー。切なく無慈悲で
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

4.0

★公開初日の6月24日に20万4071人の観客を動員した。
本作は、原因不明の症状を見せる人々が攻撃を始めたなか、WiFi、インターネット、携帯、メール、電話などすべてが途切れたまま、アパートに孤立し
>>続きを読む

ウィジャ・エクソシズム/エクソシスト・ゲーム(2015年製作の映画)

1.0

とりあえず、ジャケの女性誰‪‪w
ヨセフが少年の時の髪型、何だあれ。ビックリだわ。左右クルリン、、、
しかも、30年後のヨセフは、息子と似ても似つかない。奥さん似だな!ヨセフは原始人顔になっちゃって‪
>>続きを読む

ロッジ 白い惨劇(2019年製作の映画)

3.7

ヤバい過去を持つ女性!知ってか知らずか、その女性を後妻にと考えてる父親(何なんコイツ)。仲を深めて欲しいと、皆でロッジに来たが、仕事の為に子供達2人とその女性、3人を残しロッジを後にする。
子供達の良
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.8

パク・ソジュン&カン・ハヌルのコンビ、おちゃらけた感じからの〜アクション等々、若い俳優さんの良さが存分に出てました!
パク・ソジュン良いですね。

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

3.0

高校時代の恨みを抱えて生きてきた女性が、そいつらの子供達を偶然知り、復讐に火がついたって感じかな。話のわかるおばちゃんって感じから一転。ティーン時代からの執念って、凄っ、怖っ!

アントラム 史上最も呪われた映画(2018年製作の映画)

3.2

呪われた映画といわれている
「アントラム」
冒頭とEDでの解説がわかりやすかった!最初に上映された映画館では火事になり映画を観に来ていた56人が死亡。等々その後
>>続きを読む

ファンハウス 殺戮の監禁部屋(2019年製作の映画)

2.6

ジャケシーンは出てきません!
両腕、両足は引っ張られます。

究極のオンラインリアリティー 番組、ファンハウスだそうです。
落ちぶれた有名人8人がファンハウスに集合、週7日間毎日投票された順位で最下位
>>続きを読む

マーダー・ライド・ショー(2003年製作の映画)

3.7

ロブ・ゾンビって、ミュージシャンで監督なんだね〜!
どおりで、BGMもだし全体的にロックだわぁ。
寄ったガソスタがやばかった。そこの奇妙なホラーアトラクションを体験し魅了され、男女4人でドクターサタン
>>続きを読む

京城学校 消えた少女たち(2015年製作の映画)

3.7

みなさん、日本語頑張ってたけど、やはり何か違ってて、めっちゃ気になり話が入って来ないし(笑)。
そこ、日本語にする意味あったんだろか??日本語、案外多いからもっと削っても良かったかな。
まぁ、そんな
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.2

奥さんのお姉さんが亡くなったトラウマの話の方が、気になった!
ってか、前作は切ない感じだった様な気がするけど、今回は家族の繋がりもそれ程 強く描かれてないかも。
唯一、生き返った時の目が左右違う気持ち
>>続きを読む

ホーム 呪われた家(2016年製作の映画)

3.1

キャリーの母親ヘザーと、その恋人の黒人女性サマンサとその娘10歳のティア。同性同士でそれぞれの娘を含め4人で住む事になり、引っ越ししてきた家が訳ありだった的な!
とりあえず、母親達が何かクソ親で嫌いだ
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.5

1951年、朝鮮戦争当時の捕虜収容所内で起きた1つの話。
ここに出てくるアカを、今一度調べると、社会主義や共産主義の象徴である赤旗の色から、共産主義者、社会主義者、共産党を指す隠語・侮蔑語。です!
>>続きを読む

13の選択(2014年製作の映画)

3.4

フィアンセは妊婦、障害のある弟、介護が必要な父親、仕事をクビになった主人公、、、裕福ではないのに、更にお金がない。
そんな時に、突然がかかってきた変な電話!13のゲームをクリアしていく度にお金が振り込
>>続きを読む

>|