あさんの映画レビュー・感想・評価

あ

映画(186)
ドラマ(0)

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.3

ウーン
不思議な気持ちになる
絵柄が可愛らしいのに登場人物の表情、台詞全部どこか寂しくて切なくて、なんかすごい泣いてしまった。
シモンがめいいっぱい愛される日が来るといいなと

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

吉沢亮と山崎賢人と長澤まさみのファンが
増える映画

口調が現代風なのがなんか面白い。

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

オールディーズは良い
これがライブハウスで聴けていた時代
羨ましい。


初めからトミーのカメラ目線の語りで始まるけど、すごい異端な感じ。非古典的要素が多めだった。でもすごい引き込まれて気付いたら二時
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

まさかロケットマンがアマプラで観れるとは、、、嬉しいです。

エルトンジョンはやっぱりすごい
永遠にわたしの中で偉人。カッコ良い。
I'm Still Standingが好きすぎる最高。

タロンは本
>>続きを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

4.0

こちらも勉強になる。

まさかアハメッドの実体験を基にした話だとは、、、、、、
自身の忘れられない1年を脚本して映画にしてそして出演して、、すごい行動力だな、、、、

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


ニコラス・スパークスの恋愛小説が原作の話はなんか曖昧な終わり方多いのに珍しくちゃんとハッピーエンドやん、、、、、、、、、、、、

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.8

『fight the power』
 ラジオラヒーム君がやけに大音量で流すから何かしら意味があるのだろうと曲について無知のわたしは調べてみるとやっぱりだ。

"俺たちの言論の自由は生きるか死ぬかの問題
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.0

初めてのレバノン映画。
パレスチナ問題が題材の映画も初めて。

パレスチナ問題、シオニスト、PLO、シャロン、アラブ人とユダヤ人
これらを知ってるか知らないかでだいぶ映画の見方は変わる。映画を見て歴史
>>続きを読む

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

3.8

結構好きだなあ〜
Jホラー特有の陰湿な雰囲気がずっと続く感じ。水の描写と一緒になってよりジメジメしてて好き
シャイニングのオマージュなんだろうと思われるシーンが一つは確信持ってわかったぞ。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

LGBTQを社会がより認識し始めている今、レズビアンが少しでもテーマになっているこの映画は素晴らしい。
"面白いのはこれから"
その通りで、他人の価値観や、考えを受け止めてこそ人生はより豊かになりそし
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

松岡茉優演技いいな〜うまいな〜

演出が独特すぎてなんだかすごかった。
物語の要素としてもコメディ、ヒューマンドラマ、恋愛、ミュージカル(?)とすごいいろんなものが絡まっていた。

ヨシカは全てがとは
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.6


映画の中で樹木希林に名言を言わせている感じがモロ出ちゃっててウーンってなる所があった。歩いても歩いてもの自然な感じが結構好きだったからなあ。

男女の恋愛観の違いがよく分かった。
女は上書き保存、男
>>続きを読む

はじまりのみち(2013年製作の映画)

3.8

木下監督のお話
『はじまりのみち』という作品名は
再スタートといった意味でのはじまりのみちなのかもしれない。

加瀬亮のきめ細かい演技はとても好きだが、この映画にいなくてはならない存在なのは濱田岳だっ
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.6

もしあの時、ああしていたら今頃どういう人生を送っているのか、、、、、、、、、
彼はループ(?)して自分に足りないものや本当に守りたいものを見つけられた訳だけど、そんなの贅沢な話だよなあと思ってしまいま
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

4.5

3作全部鑑賞🤘🏻
3作目はラストアクションあっておっおってなった。楽しい映画だ〜
船の上でtoxicうたうシーン好き。
リフオフも好き。
ベッカの歌声は刺さって好き。

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

4.5

連続作の2作目って期待度が高い故に、実際見てみてあ〜ちょっと期待しすぎたなぁなんて思う事がたまにあるけど、この映画はどんどん彼女らの魅力の沼にハマっていく、、、、、、、、

なんか号泣してた

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.5

なんだこれ最高だ。
久しぶりにこんなにキラキラした映画を見たぞ。

アカペラを大学でやっている私にとってこんなにワクワクする映画は数少ない。最高

すぐに2作目みるぞ〜〜〜〜

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

どんどん品格のある女性になっていく華ちゃんの顔が素敵だ。

お湯はトロトロ、水はキラキラ

樹木希林、ではなく武田先生だったなあ

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

4.0

無くなった長男の命日に家族が集まり、団欒の時を過ごす、、、
ただの優しい穏やかな時間が流れるというよりは、家族だからこそ悩んだり苦しんだりする心の内が細かく見え隠れする場面が多くある。

出演者皆の演
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

樹木希林の演技を目的に鑑賞。

映像は終始暗めだし、登場人物も身なりはずっと綺麗ではない上になんだか皆何かを抱えている感じでモゴモゴ喋る。そこが万引き家族の作品自体を良いものに魅せていた。
作品中に、
>>続きを読む

es [エス](2001年製作の映画)

3.6

スタンフォード監獄実験を題材にした映画
スタンフォード監獄実験は監獄を模した施設に、集められた被験者24人が囚人役と看守役に振り分けられて行動を観察する。といった実験。

大学の心理学の授業で少しだけ
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.0

樹木希林はこの映画を通して決して病気だからといって可哀想なのではない。たとえ病気であっても、生きる希望を持って生きていく。そうやって命を使い尽くしたのではない。と伝えたいと言っていたのを本で読んだが彼>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

久しぶりの鑑賞。
映画館でも地上波でも何回か見たけれど何回見ても飽きない。。。

映像がすごく綺麗で特に雨の描写と、影の入れ方がすごく好き!!!

ハチミツとクローバー(2006年製作の映画)

3.5

"人が恋に堕ちる瞬間を初めて見てしまった"
序盤に出てくるこのセリフが1番残ってる。

学生特有の、あの感じ、がドッと詰まった映画だったなあ

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.8

久しぶりに笑顔になれる映画を見た。

自己肯定感のあまり高くない私にはもってこいの映画だ。
レネーは何があってもレネー唯一無二の存在だし私も私で唯一無二の存在。
自分が輝ける機会は自分自身の気持ちの持
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

ヘロイン中毒と若者。

自分には分からない世界だけれどすごい引き込まれる。音楽も映像もファッションも好き。

自分のイメージする海外の90年代がそのまま映像になっている印象を受けた。

それにしてもダ
>>続きを読む

12人の怒れる男 評決の行方(1997年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

法廷映画の金字塔とも呼ばれる作品。
邦画の『それでもボクはやっていない』を鑑賞してから法定映画には興味があったが、この作品を鑑賞してより好きになった。

最初は無罪と有罪の比率が11:1だったのがまさ
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.1

監督天才!レベルの高い変態!(最高に褒め言葉)

どこをとっても抽象度の高い映画。
メタファーを全て読み取ろうと真剣に見ることを諦めて自分の感性で右から左へ流して鑑賞したと言う感じだろうか、、、。
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

面白い!!!!!!!!!!!!

こんなの絶対に騙される。
色々思考を繰り返しながら鑑賞するんだけど、えっ、んっ、あれ???ってなって最後えええええええ?!?!ってなる。騙された!!!!!!
よくある
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2

物語のそもそもの設定がすごいなあと。
同性愛者との間の発達障害の子供の親権問題。

もしマルコが他の同世代の子供達と同じように言語が発達していたら結果はまた変わっていたかもしれない。二人の愛を彼が全身
>>続きを読む

ヒズ・ガール・フライデー(1940年製作の映画)

-

古典的ハリウッドの代表作の一つ
スクリューボールコメディ。
ロマンチックコメディ!!!
スクリューボールコメディならではの一風変わった登場人物の多さ。

いろんな知識をもっと得てからじっくり見てみよう
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.8

私の好きなホラー映画死霊館の監督が作った作品ということで期待度高めで鑑賞

死霊館を見ていたからか、神父らの登場でオカルトチックな展開になるとなんとなく予想できた。
この世界観がモロB級映画なかんじが
>>続きを読む

ディセント(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

けっこう好き。

洞窟に入ってから地底人がでてくる間は狭くて暗い環境で生き延びなければいけないハラハラした怖さがあったが、地底人がでてきてからはB級感がドッとでてきてなんか面白かったです。

映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)(2015年製作の映画)

3.3

ドラえもん作品16作目!
㊗️水田ドラの映画作品制覇

ものがたりの設定的にしょうがないんだろうけど、起承転結がはっきりしてないような感じ。
そして皆の力が最強すぎた笑

全部見たぞ〜!!!!!!!!
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.8

久しぶりにテレビで鑑賞

ディズニー映画の中ではトップ3に入るくらい好き🤘🏻
眠れない夜はいつもラプンツェル垂れ流しにしてたなあ

>|