さんおつさんの映画レビュー・感想・評価

さんおつ

さんおつ

1970年生まれ。男性。日曜洋画劇場と深夜映画を観て育つ。
4.0~5.0 イイ!~スゴイ!
3.5~3.9 悪くない!~結構イイ!
2.1~3.4 微妙かも...~まあまあかな...
1.1~2.0 ダメかも..
1.0  アカン...

映画(245)
ドラマ(0)

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.4

イロイロややこしい映画です。

重要人物は4名。アレハンドロ(ベニシオ・デル・トロ)、マット(ジョシュ・ブローリン)、イザベル(イザベラ・モナー=カルテルのボスの娘)、ミゲル(イライジャ・ロドリゲス=
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.2

女王陛下からの命令です。

・・・・「くるみ割り人形」?ホフマンの原作ね。でも、チャイコフスキーのバレエもあるから皆知っているメロディのあの曲も入れて!あ、そうそう「ファンタジア」にオマージュしなくち
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

ざ・ハリウッド映画。

監督は、「ハンガーゲーム」のゲイリー・ロス。脚本は、監督作もあるオリビア・ミルチ。メイキングでは、めっちゃ喋ってて面白い。この映画のノリの良さは、この人のお陰かも。

もう、全
>>続きを読む

ダーク・スクール(2018年製作の映画)

3.5

「チャーリーと...」っつーより、号泣必至の名作「テラビシアにかける橋」のアナソフィア・ロブとユマ・サーマン主演のゴシック・ホラー。

素行に問題があるティーンエイジャー向けの英才教育?を専門にする寄
>>続きを読む

ザ・モンスター(2016年製作の映画)

3.0

アルコール依存症の母親と反抗期(前?)の娘が別居している父親のもとに向かう途中、森の中で怪物に襲われ車の中に閉じ込められるという感じの、ホラー+親子の絆を描いた映画。

象徴主義的、かつ隠喩的傾向が強
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.0

公開当時、新宿のバカでかい劇場で観てオモロイと思いました。久々に見直すと微妙かなぁ〜。

この映画、アクション映画ではなくて、あくまで会話劇。だから、意味ねぇなぁって感じる会話の中にシッカリ伏線があっ
>>続きを読む

O嬢の物語(1975年製作の映画)

3.5

1970年代前半のソフトコア・ポルノというジャンルに属する作品。

ソフトコアとはハードコア・ポルノ「ディープ・スロート」(1972)が出てきたために作られた言葉であり、どちらかというと後付けである。
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.9

「Glass」はこの場合、固有名詞。サミュエル・L・ジャクソン演じるイライジャにつけられたあだ名。ガラスのように脆い体を指している。

「ミスター・ガラス」は邦訳としては正しいが、原題のドライさとはや
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

親戚から高級そうなお菓子もらって食べたら微妙だったみたいな感じの映画でした。今更ながら。

音響、撮影、演技、演出のレベルは高く、特にキューブリック的なカメラワーク、音楽 (リゲティの弦楽曲、バッハの
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

2.5

長過ぎます…。体感で4時間56分って感じ。

ダコタちゃんがどんなんなってんの?と思い鑑賞。あとトラウマにも期待して。

コレ、ナタキンの「テス」みたいな映画だった。トラウマというより不幸な女性の一生
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

ぐちゃぐちゃです。面白いけど。

"in グラインドハウス"については説明不要デスね。もう一本の「デスプルーフ」のほうの評価が高いみたいですけど、「2本立ての番組」って考えるとコレも捨てがたい。

>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

グーグルで「ギフテッド」って入れると、トップに来るのはこの映画じゃなくて現実の「ギフテッド」についてのWikipedia情報。現実の「ギフテッド」は、端的に言うと、特殊な能力がある...だけではなく、>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

イイ作品です。
子供が主人公ですが、カワイイ映画ではなく、結構「社会派」な映画です。映画を見終わったあと、こういう現実があるんだ...って気持ちになる。それにしても、あの「お城」は...

映画は、す
>>続きを読む

サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼(2009年製作の映画)

3.3

えーっと。オシャレ感ゼロ。エロ・グロリミッターなしの剣技映画です。絶対に、女性と一緒に見れないヤツ。

全編、「座頭市」と「用心棒」とセルジオ・レオーネに対する異常な愛情に溢れており、ついでに血もドバ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

バンドのシーンが少ない、と思いました。

因みに、リアルタイムでの体験と言う意味では、私(1970年生まれ)世代ではなくもう少し上の方かと思います。

大体、音楽の好みがハッキリし出すのが14歳ぐらい
>>続きを読む

愛を弾く女(1992年製作の映画)

3.9

くだらねぇ〜おフランス映画と思いきや結構見どころあり。少なくとも全体の3分の2ぐらいはジワジワいい感じ。

スタートは自己紹介のモノローグ。ここはマジダサい。だけど基本情報入ってるので飛ばせません。そ
>>続きを読む

ガンズ・アンド・ギャンブラー(2011年製作の映画)

3.0

かな〜り、タラちゃん風味の低予算ミステリ仕立て西部劇風コメディ。

登場人物ごとに、ストップモーション&効果音&ロゴで名前紹介。役名がない脇役もいちいち「隣の女の子」とか「高校生」みたいに紹介されるの
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

2.5

別に、面白くないとおもったらそれでいいんじゃないでしょうか?

もう眠くなるのは分かっていたのでカフェインを十分摂取してから鑑賞。125分程ですがなんとか乗り切りました。

ロシア出身の詩人がイタリア
>>続きを読む

アイアン・スカイ ディレクターズカット版(2012年製作の映画)

2.1

コレ、ほぼ笑えません。ホントに。

ハイクオリティなCGとカワイイヒロイン、ナチスを盾にしたアメリカニズム批判?などよりも、例えば、ハーケンクロイツ付けてロケ撮影(?)ってやばくない?とか思ったりしま
>>続きを読む

ニア・ダーク/月夜の出来事(1987年製作の映画)

4.1

キャスリン・ビグローの2作目。
因みに、1作目は50'sバイカー映画の傑作「乱暴者」にオマージュを捧げたウィレム・デフォー主演の「ラブレス」。まだ今みたいな社会派? 監督になる前、変態的なB級アクショ
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.0

「もっと動物出せや」と思いました。

そーゆー意味では、「アバター」に負けてます。ハードSFとしては、「メッセージ」に及ばず、かといってB級としても楽しめず。敗因は、やはりナタリー・ポートマンでしょう
>>続きを読む

デッドマン・ダウン(2013年製作の映画)

3.6

「死人」はキーワード。チラシ?の惹句でネタバレしてるので読まないのが吉かも。

この映画は、こういう映画だと言うのを一行で書きます。

「ノオミ・ラパスの左頬に傷跡があってそれが見えたり見えなかったり
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.0

結論からいうとフツーの映画です。

演技、演出、美術、怪物のデザインなど、全体的にセンスが古いです。ストーリーは、一種の寓話と考えると、そんなに胸クソでもないかも。

多分、極限状態に追い込まれた人間
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.8

それは、結局やってこなかった...。っていう話じゃなくて、「恐怖」は怖いっていう話です。まとめると。

なんじゃそりゃ?泥棒は盗みですとか、殺人は殺しですって言ってるようなもんじゃねえか?と思ったあな
>>続きを読む

DOOR(1988年製作の映画)

3.0

山乙ケーブルテレビ本社に寄せられた苦情から抜粋。(匿名希望の主婦49歳より)

...だからやっぱり精神的外傷というか...えっ?はじめから?ええ、だから、家事の途中でテレビを点けてね、で、なんかサス
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

5.0

あなたは、今レンタルビデオ店にいて、いろんなDVDのパッケージをながめながら、今晩の映画は何にしようか迷っているところ。そんな時、宇宙船が米菓子に似ていることでちょっと話題になったこの作品を思い出して>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

2017年作品。Blu-rayにて鑑賞。

森林火災のエキスパート部隊「ホットショット」の活躍と隊員それぞれのドラマを描く。


森林火災では、延焼を防ぐため「防火帯」を作ることが主な任務となる。消火
>>続きを読む

華氏 451(2018年製作の映画)

3.9

2018年作品。DVDにて鑑賞。

オモシロイです。本が読みたくなる。因みにトリュフォーのも見てます。

いわゆるディストピアものは、いまやジュブナイル向けファンタジーでしかない。20世紀であれば「管
>>続きを読む

見えない恐怖(1971年製作の映画)

3.7


1971年作品。DVDにて鑑賞。

原題" See No Evil" または、"Blind Terror" 。映画を見て邦題に納得です。

家宅侵入系のスリラー映画。
盲目の女性が寄宿する親戚一家に
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

4.2

2007年作品。動画配信にて鑑賞。

この映画に敬意を表して無編集、ぶっつけ本番で。

え”?っつうのが初めのシーンの感想。カメラ据えっぱなし。坂を行ったり来たりする女(永作博美)。誰よ?その後も、「
>>続きを読む

ハネムーン・キラーズ(1970年製作の映画)

3.9

1970年作品。DVDにて鑑賞。

結婚詐欺と殺人を繰り返した実在の犯罪者を描いた作品。

filmarksのあらすじだとなんかサイコスリラーみたいですが、淡々としたアートシアター向け映画です。モンテ
>>続きを読む

マッドボンバー(1972年製作の映画)

3.4

1972年作品。動画配信にて鑑賞。

あ~、このジャケの男がマッドボンバー(チャック・コナーズ)です。因みに主人公。

髪は7/3に分けて、グレーの4つボタンのスーツはぴちぴち。眼鏡が顔に貼り付いてい
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

4.4

2013年作品。DVDにて鑑賞。

高校の社会科教師アダム(ジェイク・ギレンホール)は、ある日友人から勧められた映画のDVDを見るが、その中に自分とうり二つの役者アンソニー(ギレンホール二役)が出演し
>>続きを読む

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

4.0


1973年作品。DVDにて鑑賞。
監督: ビクトル・エリセ
音楽: ルイス・デ・パブロ

初めて見たのはVHS録画(1980年代の後半ぐらいミッドナイトアートシアター)でしょうか。この頃、確かミニシ
>>続きを読む

地球の静止する日(1951年製作の映画)

3.8

1951年作品。DVDにて鑑賞。

スゲー面白い。
特撮やセットのチープさは映画が面白ければ関係なくなるという好例。

一応SFだが、UFOとロボットが出てくるところ以外は、サスペンスドラマ風の演出で
>>続きを読む

処女の泉(1960年製作の映画)

3.5

1960年作品。DVDにて鑑賞。

時は中世。スウェーデンの伝承歌をモチーフに、罪なき乙女の受難と肉親による復讐、「神の沈黙」と奇跡を描く。

中世ヨーロッパは宗教の時代。何故か?
人が死ぬのが日常茶
>>続きを読む

>|