みうさんさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

みうさん

みうさん

感想というかメモですね。
ベストムービーはオールタイムではありません。随時更新。
感想文ブログはリンクから。
----
面白い文章書く人が好きで探してフォロー。フォロー返しなど不要です。無言フォローはお赦しください。感想を書いてない方は知ってる人でもフォローしてないかもしれません。ごめんね、感想書いてね。解説は望んでいません。
無言フォローされるのは大歓迎です。めんどい挨拶不要!
-----

映画(660)
ドラマ(25)

デトロイト・メタル・シティ(2008年製作の映画)

-

めっさキャストが豪華だった笑 お母さんはなんでもわかってる。根岸くんのクネクネっぷり。

レスラー(2008年製作の映画)

-

痛いの苦手なので、リングでのあれこれは辛かった。しかしながら、ミッキーロークもマリサトメイも体張っててすごかった。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

-

子供の時に出会っていたら良いだろうなー。子供に見せてください。王室のあれこれは最高。コーギー笑。マークライランスはいいですねえ。巨人はあれくらいでいいのか…水が苦手だから泳がないか…。

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

-

アリシアはまあ主演だけど、デハーンは主演というよりは取り巻く要素の一つといった趣で、どっちかというと、もう一人の主演は、ホリデーグレインジャーとヴァルツって気がしましたよ。エロさ(エロいと評判だったけ>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

-

ほら、怖いの苦手だから、全然参考にならないと思うけど。
オリジナルは観てません。臨死体験体験したい医者の卵達が面白半分にやるやつです。結構ちゃんと医学的っぽく作られてるのでアリかも…と思ってたけど、ど
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

-

もちろん初見ではありません。多分公開当時に劇場で観てた。多分最初、この子は演技じゃなくて本当に発達障害の子なんだと思ってたよ、ディカプリオ。めっさ上手い。この頃のジョニーデップはいいよね、いつから変に>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

-

13の理由のキャストが出ているとかでなんとなくアナザーユニバース感あり。もう、ゲイであることとかが特別なことではなくて、そんなことより、それを必死に隠すために友だちに嘘をついたり、嫌がることをやったり>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

-

かおるちゃんが全然小学生に見えないのが困りもんだが(中学生くらいだと思ってた)複雑な家庭環境のありそうな話。嫁はウザかった。元嫁とさおりちゃんと今の家庭の雰囲気が全く違う(なんていうか頭良さそう)現在>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

-

そんなわけで、ドラマを完走した、くらいのイメージです。やっぱりキャラが漫画っぽい。マンガ原作は原作のファンに気を使わなくてはならないだろうから大変ですね。それにしても今時サテンのレースのスリップみたい>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

-

染谷将太、見たことあるけど知らない人になってたのすごい。これは原作を読んでいる、将棋をよく知っている人はすごく面白いだろうな。知らなくてもまあまあ面白かったですが、いろいろ盛り込みすぎてて、まるでワン>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年製作の映画)

-

ノットフォーミー案件だった。全然面白くない。もともとこういう女性のメンタリティとかに全く共感できないので、終始イラッとし続けて疲れた。特に仕事にプライベート持ち込みすぎなところとか。

武士の一分(いちぶん)(2006年製作の映画)

-

基本的にキムタクは好きじゃないんですけど、この作品はキムタクの口調を出す暇がない(訛ってるし、江戸時代)で、ちょっとこの毒味役三村という人がたいへんチャーミングだった。ラストは泣いてしまうよね。この終>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

たしかにゴージャスなハッピーエンドのラブストーリーとしてだけ観たら、いやー、なかなかゴージャスで面白かったわー。レイチェル良かったなー!AWKWAFINA は大変良いね!一番光ってたよ!そして、ソノヤ>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

-

試写会で観ました。
19秒でカタをつけるにちなんで、19日の19時上映開始なんですって、全然気がつかなかったよ。
ロバートマッコール、今回はタクシードライバーとのことですが、lyftのドライバーでした
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

-

原作絵本などは読んでいません。アニメとかも観てません。読もうと思った(ネタは調査してあったのでわかりましたよ、足跡とか落とし穴とか怪物たちとか北を目指すとか)アニメはいいかな…。ぬいぐるみたちのクオリ>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

-

ボブは言葉が本当にわかってるんじゃないですかね。ジェームス(ルークトレッダウェイ)とベティの関係もベッタリにならず、なんとなく誰もがすこーし人との関係をそーっと触ってる感じが、染みました。ルークトレッ>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

-

カトリーヌドヌーブ、最高にかわいいしオシャレ。トレンチコートの着方とか(この場合、ペラッペラな方がかわいい)マドレーヌの人がすごく今っぽい顔なの。ダダリオっぽい。歌は吹替なのね。なので、声は聞けない。>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

-

トレッキーな自閉症の女の子の話ということで、ちょっと期待しすぎたのか、ぬるーーーい!という感想しかありません。常に何か辛いことが待ち構えているのでは?と常にハラハラしながら見ていたものですから…。ウェ>>続きを読む

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

-

長かったので、分けて観ましたよ。ヌルヌルして気持ち悪い感じのものとか、血とか歯とか、怖いものが苦手なのでだいたい横目で見てましたが、デインデハーンの浮世離れしたルックスがぴったり。ミアゴースもぴったり>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

-

わたしはすごくテニススキー(見る専門)なので、テニスに興味のない人がどう見るかは分からないけど、すごくいい映画でした。ウインブルドン5連覇をかけたボルグとその当時のライジングスターのマッケンロー。感情>>続きを読む

人生、サイコー!(2013年製作の映画)

-

撮りためてあったものを消化中。
ぽっちゃりダメクリスプラットが見られる他、コビースマルダース(エージェントヒル)、まだ多分駆け出しのジャックレイナーが演ってる俳優志望のバリスタもいる。ヴィンスヴォーン
>>続きを読む

ニード・フォー・スピード(2014年製作の映画)

-

カーアクションが主になる映画ってなんていうか映像が画一的になりがちなのか、あんまり好きではないことがわかりました。イモージェンプーツのこれ系の役柄にちょっと食指がもう動かない…。

亜人(2017年製作の映画)

-

原作未読。劇場で予告を見てた頃に、ちょっと見てもいいかな…って思ってた。WOWOWでやってたので見ましたよ。邦画dis入ってるけど、ごめんね。

しょっぱなの人体実験は胸糞すぎた。胸糞な上になんかチー
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

-

前作も好きです。今作も監督同じだし、ムードも完全に一緒。3つくらいのストーリーが絡まってできていて、結構お話としても見応えあり。マイケルペーニャは最高だ。自白剤のくだりなど、最高。あと、あのシーンは完>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ワンオペ育児で第三子出産、あまりに辛すぎて26歳の自分召喚、という話だなんて、全然、露ほども思わずに観ていたので、すごくびっくりした。あー、そうですか!なんと!という感じで。そう言われると、あのタリー>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

ええ、怖いの苦手なんですよ。なので、劇場で観られないのはもちろん、家でも行きつ戻りつしながら薄目も含めてやっと観ました。ほんと怖い。マザー!とは違う怖ささ。ペニーワイズ(ビルスカルスガルド)怖かった…>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

-

オリジナルからのリブート版。え?前日譚扱いなの?あんなにおんなじで?だって、だいたい筋は同じ。ただ、今回は女性がいます。あと、クリチャーがかなり強そうになっています。動きとかは踏襲されているんだけど、>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

-

偶然つけてたWOWOWで始まったので観た。初見ではない。しかし、私の記憶の中ではこの作品モノクロなんだけど…なんで?紐がピュルピュルって出る造形が斬新にして最高に気持ち悪い。特に頭だけになって動くやつ>>続きを読む

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

-

いつ観たのか忘れたので日付は今日にした。車椅子のアンディ(チャーリーターハン)が、ちょっとルーカスヘッジスに似てた。体が弱って車椅子の子が我が子かと思いきや…こっちは生贄やった…。サマンサモートンめっ>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

-

最初の鹿ゾンビや良し。お父さんがそこはかとなくイノッチに似てるなーって思いながら見てた。娘ちゃん、最初男の子かなって思ってた。地理感がわからないので、なんかあと何キロくらいとかわかると良かったよね。バ>>続きを読む

リチャードの秘密(2012年製作の映画)

-

前に見たけど感想書いてなかった。主演はシングストリートのお兄ちゃんジャックレイナーとても良いね!若々しい。6年前だもんね。そして、ちょっとむっちりしているところも良い。そして上手いしハマってた。しかし>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

-

ほんと、怖くて無理だったので、最初途中で先を知らないと無理!となり、早送りして観て、先を見たんだけど、やっぱり無理で気が狂いそうになった。途中でやめて寝かせた。そして、これはなんか裏の意味があるのでは>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

若干結末に触れてます…

怖いの苦手なんで…劇場には行かなかったんだけど、いつか観たいなーと思ってて、あら、プライムに入ってるじゃないか…。ということで観ました。怖かったけど、マザー!を観た後の私に
>>続きを読む

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)

-

知ってるジェームスディーンのいい感じの写真は全部デニスストックが撮った写真だった…。雨?雪?の中のロングコートのやつとか。子供と一緒のとか。アントンコービンも写真家として好きだし、この再現性とかいいな>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

-

実話ベース。通して見る前に断片的に見る機会があって面白そうだなーと思いながら…やっと観た。ボンクラな弁護士の成長譚でもあり、ある意味マリアの復讐譚でもある。法廷劇でもあり、ナチスを糾弾する作品でもあり>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

-

こっちはドラマで見てたのだけど、劇場版としてはこっちの方がシリアスっぽいし、ヌケ感みたいなのがなくて別物だね。やっぱり松田龍平のヌケ感半端ないってことか。本編にも出てたけど、こっちの方が大きい役な東出>>続きを読む