kaoriさんの映画レビュー・感想・評価

kaori

kaori

  • List view
  • Grid view

シングルマン(2009年製作の映画)

-

ほっとけない危なかっしい中年、コリン・ファースの大人の色気!現在と、幸せだった日々の対比が切ない。。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

もっとしっとりした映画だと思ってたけど米国版アウトレイジだった。怒りが怒りを来す。。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーのテンポが良く、クスッと笑えるネタも満載でギャグとシリアスのメリハリも良い。ブラウン一家は勿論、ご近所さんからもパディントンは沢山愛されていて、それを感じるシーンが何度かあってその度泣いた。>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.0

もっと面倒な映画かと思ったら意外とライトで観やすかった。ストーリーは定番な感じだけどそれ故に安定感があり、何だかホームアローン2を彷彿とさせた。とにかく、パディントンが可愛いです。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

「ズートピアはいいぞ」から暫く経った今、ようやく鑑賞。言ってた意味が分かった。めちゃくちゃ面白かった。バディもの、身長差、年齢差、全てがツボ。ストーリーも子供向けって感じがしなかった。ディズニーアニメ>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

-

予告を見る限りどんなミステリー要素があるのかと思いきや。面白かったが、高橋一生より吉田鋼太郎の方が出演時間長いと思う。
ラストの高橋一生に語りかける長澤まさみの演技はグッときた。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

-

クライマックスのレオンがマチルダを逃がすシーンからラストまで号泣。とても大好きな映画。

>|