ななおさんの映画レビュー・感想・評価

ななお

ななお

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

4.1

告別式で出会う両親を亡くした少年とがん患者の少女 幽霊の特攻兵、それぞれ悲しい想いがあるのに優しい空気に包まれてて ゆっくりじっくりと死について考え 向き合ってた。日本兵の幽霊なんて またありがちな…>>続きを読む

ヤング・マスター/師弟出馬(1980年製作の映画)

3.3

アクションはコミカル寄りなので格闘というより組手っぽい。扇子や刀なんかの小道具使ったやり取りも面白いし単純にジャッキーの運動神経がスゴすぎ。
ただ最後の闘い長過ぎる、、水を飲んで回復してボコボコにされ
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.8

中高大学とそれぞれの青春があるけど 確かにこういうコミュニティで経験する青春って大人にならないと難しいなと改めて思った。特に今のようにアイドル文化がメジャーになって SNS等で共有出来る仲間が少なかっ>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.5

最も感心したのは"OVAで表現していた"ことを"実写映画で可視化せずに表現している"こと。

追憶編の救われないストーリーが兎に角好きで アニメ漫画の実写の類いは殆ど観ないけど評判が良いと聞き折角なの
>>続きを読む

アルティメット(2004年製作の映画)

3.8

さすがリュック・ベッソン~なハイスピードで退屈しない爽快アクション!基本追われるシーンがメインなのにCGスタント無しの無茶苦茶アクションやから全然飽きない。ストーリーもこれでええねんって感じで時間も9>>続きを読む

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年製作の映画)

3.3

色んな映画のオマージュも織り込みながら 役者になりきる=男にさせる って発想から実際に戦地に送り込んだら…ってぶっ飛んだコメディ路線はいいけど 前半がグダグダで90分くらいに纏まらないものかと思ってし>>続きを読む

マチェーテ(2010年製作の映画)

3.6

いい感じのバイオレンスさ、何人も頭吹き飛ばされたり 腸をターザンロープみたいに使ったり ありとあらゆる刃物で殺されまくるけど 半端なCGが逆にポップになってグロい、よりも面白さが勝る。
セガールと対峙
>>続きを読む

ダブル・ミッション(2010年製作の映画)

3.4

ジャッキーも結構な歳になった頃の作品なので全盛期ほどのキレは無いもののお馴染みコミカルアクション。半分以上は子供たちとのドラマだし シリアスな場面は皆無なので気楽に観れるし ホームアローン的な雰囲気。

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

3.8

久し振りにこんな不快な映画観た…(褒めてる)
序盤で既にクライマックス感あったのに盛大な前フリで これSF系のホラーでいくのか…?と思いきや逆にぶっ飛び過ぎた悪夢の続きになってて観るのが辛くなるやつだ
>>続きを読む

サランドラ(1977年製作の映画)

2.8

ヒルズ・ハブ・アイズ気になってるので先に元ネタ観ておこうかなと思い視聴。
食人族が襲いかかって来ると聞いてたものの グロくもエグくもなく ハラハラするというか割とゆったり目に進むので緊張感もあまりなか
>>続きを読む

クリムゾン・リバー(2000年製作の映画)

3.5

拷問された凍結死体のエグめな描写とか カルト寄りの思想が見えてくるあたり結構好きな雰囲気で面白かった。ラストの意外性あるオチも〇 ただ途中から殺された登場人物たちの関係性とか分からなくなって後半ぐしゃ>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.2

冒頭に名言がどんどん出てくる(同室のおじいちゃん)のって意外と記憶に残りながら話が進むから結構いい。友達ってのは選べる家族なんだよ。
ダウン症でも夢を持って諦めない姿が…って表面だけ見ると綺麗事並べて
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.9

初っ端から銃ぶっ放してて爽快感がすごい、コメディ振り切ったゾンビ映画は観てて気持ちいい~。前作からかなり開いたけど4人の性格ちゃんと覚えてたくらいキャラ立ってるし 今作は脇役がいい感じのクセの強さでち>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.4

全員憎めないヤツって分かるんやけど 第一印象から引きずったり 後半でクズになったり そっちに引っ張られて不快さがずるずるしちゃってダメだった。。。
唯一良いと思えたのは前署長くらい。

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.5

ビー玉までなら分かるけど それ以降めっちゃ痛そうでなんで繰り返すの?って少しイライラしたけど 旦那とその両親含めて 良い暮らしをさせてやってる 不自由の無い幸せを与えてやってる って感じが所有物を扱う>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

4.2

30代前後の男に圧倒的に刺さる。残念だけど この感覚は男子高校生を経験した人間にしか分からない部分が多い。高校時代の友達って思い出と一緒に時が止まってて 学校でバカやった事とかバッセン行ったり友達の家>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

3.4

流石のカンフーアクション!繁華街での一対複数のバトルも面白いし ヌンチャク出てきたあたりテンション上がった。あとバックドロップやフランケンシュタイナーとかやたらプロレス技出すのも良かった。
ストーリー
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.3

最初から最後まで笑える要素が常にあるのに 後半畳み掛けるシーンで ポンコツだと扱われてたあいつらは実は隠し持った特技を…ってベタやけどめちゃめちゃテンション上がる要素もぶち込んできて最高だった。
チキ
>>続きを読む

ハイテンション(2003年製作の映画)

2.8

ラストの追い込みとか悪魔のいけにえそのままやし 実はそういう事…?!ってオチも既視感あって ん~なんとも。お母ちゃんのとこが一番グロくて あのセリフそういう事か~って観終わって納得出来たのは〇

凶悪(2013年製作の映画)

3.5

こういう陰湿な邦画サスペンス好きだから 記者:藤井と同様に事件の残虐性を知っていくにつれてのめり込んで行くのは気持ちがよく分かった。リリーフランキーも瀧さんも悪者演じるとまじ恐くていいなって思う。
>>続きを読む

THE JUON/呪怨(2004年製作の映画)

3.4

元ネタに忠実!とっても忠実なので展開やら驚かせ方はあまり目新しいのがないもののハリウッドリメイクなのでそりゃそうか…。エレベーター越しの各階にひゅんひゅん見えるとしおくん可愛い。伽椰子勤務先まで追っか>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.2

ifストーリーの中でもナチを襲って頭皮を剥ぎ取るアメリカのゲリラ集団って発想がめっちゃアメリカだし ブラピの立ち振る舞い含めてアメリカ軍とドイツ軍の色が明確でかなり痛快だった。
相手に居場所や素性がバ
>>続きを読む

秘密の花園(1993年製作の映画)

4.0

箱入り娘で服を着るのさえ召使いに命令するくらいわがままなメアリーが同じ境遇のコリンと出会って 花園へ連れ出す過程でどんどん可愛くなってくる。
狭い世界だと思ってたのに 身近なところに宇宙があって 拓け
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.5

キャストが良いのに脚本に殺されてる感…。あさ美ちゃんがひたすらダメ男に貢ぐ現在過去未来を見てるようでどうにも。。なんかひたすらダメな雰囲気を体感させられてるだけで イチャイチャするシーンさえも同じ空気>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.9

ペニーワイズの奇形が作り込み感あんまりなくて ちょうど悪夢に出てきそうな気持ち悪さで◎
ルーザーズみんなキャラ立っててかわいいし 大人たちも物分りが悪くて この恐怖体験が夏休み起こってるってところがま
>>続きを読む

ザ・ヤクザ(1974年製作の映画)

3.2

高倉健さんがとにかく渋くて ほぼ東映映画。ただ"サムライ"がまだ現役に思ってそうなところに当時のハリウッド映画感が。2,3人で大勢のヤクザに挑む無謀さだったり 日本刀と闘う裏でショットガンぶっ放してた>>続きを読む

ムーンライト・ドライブ(1998年製作の映画)

3.6

どんどん窮地に追い込まれつつも反比例するようにウェスタン調の音楽が軽快で サイコキラーの話だけど気軽に観れた。とにかく不倫相手の女がストーカー気味で気に入らね~!って感じだったので そこまではスカッと>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

3.8

も~~正に勧善懲悪!って感じで 悪役のクズっぷりがすごい。ひとつも救いようなくて逆にあそこまで振り切ってて気持ちいい。コメディ要素もあるし 格闘シーンも見応えあって 繁華街暴走するカーアクションはド派>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.3

いがみ合ってたけど 親世代 私ら世代 兄弟って良いなって思える。家族や親戚が集まる機会って限られるから ああいうタイミングで写真を撮ろうってのホント良いと思うし賛成。ダメな役でも岩松了と光石研が不甲斐>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

3.8

いつか観ようと 何年も放ったらかしにしてた作品。オダギリジョーは安定のオダギリジョー(勿論良い意味)で 少々乱暴で自由奔放さが格好良い。香川照之が平凡でお人好しな役柄かと思いきや これがやっぱり香川照>>続きを読む

17歳(2013年製作の映画)

3.0

子どもから大人になる瞬間見てた気分。歳上の男とばかり寝ていたから同世代が子どもに見える ただそれさえも子どもっさが感じられるような。ベッドシーンもこなれ感あって別にエロくない。弟もかなりませてて 要所>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.7

殺しのやり方が結構容赦無いし 3rdインシデントはかなり酷いと思った、続いて4th。強迫性観念、極めて潔癖という設定で殺人を犯していくのはちょっと面白くなるか…!?と思いきやあそこだけ?そこが残念。き>>続きを読む

最強ゾンビ・ハンター(2013年製作の映画)

2.4

期待通り(?)のB級ゾンビ映画!殺されかけて追われてんのに「疲れた」とか言って立ち止まったり 仲間ヤバいのに見て見ぬふりでスルーしたり 目の前で喰われてんのに叫ぶだけとか とにかく呑気。ラスボスみたい>>続きを読む

ドラッグストア・カウボーイ(1989年製作の映画)

3.8

よくあるジャンキー映画はドラッグにどんどん溺れて取り返しのつかないところまで行ってしまうけど これは意外とそうでもない結末。ベッドに帽子を置かないジンクスを持っていて良かった?のか。ストーリーもそうだ>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

3.9

それぞれのパートが差し込まれて全貌が見えてくる展開好き。Mr.PINKのスティーヴ・ブシェミのキャラがアクも強いし台詞が印象的で まさにプロ な感じでめっちゃいい。これって仁義なき戦いの影響も受けてる>>続きを読む

クズとブスとゲス(2014年製作の映画)

3.3

タイトル通りクズがクズなりの生き方をしてて ジメッとした雰囲気は結構好きだった。(ブスはいない、出てくる女性陣はみんなかわいい) 本当に流血しながら体当たりで演技してるのは迫力あったし 嫌~な感じがリ>>続きを読む

>|