Katongyouさんの映画レビュー・感想・評価

Katongyou

Katongyou

シネマの快楽。記憶で書いて何言ってるのかわからなくなる時もありますが、まあ、許してください。笑
そんな風に見えたんだよなぁで書くことも多いです。
https://m.facebook.com/yutaka.kato.31

映画(897)
ドラマ(0)

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

2.9

普通。(多分) それしか感想がない。。所々いいな、と思った場面もあったんだけどね。

A FAT WRECK ア・ファット・レック(2016年製作の映画)

3.4

好きなバンドが沢山でるので楽しかった。全部同じに聴こえる。でも違うんだよなー。

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

3.7

セットが凄いなあ。終戦後すぐに撮りましたと言われても疑う余地がないくらいレベルが高かった。お見事です。

家族ゲーム(1983年製作の映画)

3.7

最後の晩餐会に笑った笑った。最高。
家族みんなに苛つくんだが、受験前で真面目にやらず笑顔が気持ち悪い次男坊、家にいないくせに矢鱈と上から目線で説教する父親が特に苛ついた。笑
意味わからないんだけど、船
>>続きを読む

カスパー・ハウザーの謎(1974年製作の映画)

3.6

実際にあった話ということにびっくり。謎は謎のままなんだが、身なりからして上流階級の人だったのだろうか。外に出てからの人々との交流が興味深かったです。真実の村、嘘の村のカスパーに質問するくだりが好き。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

話がどう転がるのか、最後まで迫力とスリルがあっていいと思った。演技はやっぱり役所広司さんが凄かったなぁ。松坂さんは昭和の人にみえなかった。でもよかったよ。和太鼓のリズムとともに江口洋介さんが殺しにかか>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.3

70年代に生きてないから70年代いいなぁと思いながら観てた。って言っても79年なのね。。映像も音楽もいいんだけど、最後まで大人しい内容にちょっと退屈してしまったかな。パンクムーヴメントやら好きなものは>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

面白かった。シャノン保安官が凄い。二人より目立ってた感がある。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.7

切ないラストに一気にもってかれた。白石監督の作品の中では全体的に物足ないかなぁと思うところもあるけど、阿部サダヲさん、蒼井優さんの2人を捉えたカメラがいいなぁと思ったのでよしです。ジジイこわい。笑 あ>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.0

まあまあの出来ではないかと。追っかけっこが続くので、終盤までに少し飽きがきてしまった。それとは関係のないガラガラヘビのシーンが一番ゾクッとしました。自警団がいるのは知ってるけど追っ手は自警団の人に見え>>続きを読む

台風クラブ(1985年製作の映画)

3.4

三浦さんも工藤さんも若いなー。学生が先生に電話して「あんたみたいになりたくない」「15年もしたらお前も俺みたいになるんだよ」っていうやり取りの場面が印象的。

全員死刑(2017年製作の映画)

3.0

メジャー1作目なので控えめに撮ったのか、そこまで面白いと思わなかった。ホラー描写は黒沢さんを意識??実話ということで驚いたけど、カレープールの所とか本当にあった事なんやろか、って思った。工場いいですね>>続きを読む

デモンズ2(1986年製作の映画)

3.5

こっちのほうがバトルが過激で好き。小さいデモンちゃんウケるなー。赤ちゃん生まれる時、またデモンちゃんが生まれるのかとヒヤッとしたわ。ダイナミックな音楽も🙆‍♀️🙆‍♀️🙆‍♀️

デモンズ(1985年製作の映画)

3.5

デモンズに変身する場合がかっこよす。
特に感想はないんだけど、好きな作品。音やばい。

サスペリア・テルザ 最後の魔女(2007年製作の映画)

2.9

魔女の復活によりローマが没落する!みたいな話なんだけど、没落してるにしては御粗末な描写で、それが逆に微笑ましかったですね。グロ描写は文句なしでしたな。主人公の娘さん対抗パワーがあるっていってもそこまで>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.5

久々にまた観た。終盤のドンパチになるまでのアクションが楽しかったりします。個人的に好きな場面は、飛行機に乗って隣のロン毛の黒人さんに一発くらわせるとこです。スチュワーデスさんに「荷物は?」って言われて>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

3.5

最後の◯さんの表情が怖い。その波長に合わせる◯さんの表情も怖い。 何か裏があるのかと思わせるような人々も不気味。逃げたのかと思ったらお遊戯の最中かい、ってなるとこに笑った。最後の悪い人が本当は何者とい>>続きを読む

眼には眼を(1957年製作の映画)

3.9

ゴンドラのシーンが怖ろしかった。。まあ怖い怖いの連続なんですが。車がいつのまにか側に停まってるってところもゾクっとします。途中から砂漠で迷子はなんだかジェリーを想起しましたね。ちょっと残酷すぎるのでは>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最後のSNSのボタン押し間違いに声出して笑った。笑 まあまあ楽しかったです。

三重スパイ(2003年製作の映画)

3.4

絵描きの奥さんが可哀想だった。2003年に撮った映画って。1970年代ぐらいの映画に見える。。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

みたよ。オタクがどうのこうの関係なく楽しめた。流石のスピルバーグ。現実の中でも面白い事が起こってるのが面白いっすよねぇ。まあ、その現実も非現実なわけだけど。主人公の男の子、トム・ハーディに似てたな〜。>>続きを読む

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

3.8

テンポが良過ぎてすぐ終わっちゃったなー。話についていけていない様な気分になるが、話は難しくない。リフレインする気持ち良さとでも言いましょうか。パプリカでもこんな気持ちよさがあったような。あれは悪い夢だ>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.7

アメリカだけでなく他の国も爆弾でやられてる、っていう予備知識を踏まえて鑑賞するのがいいと思う。でないとアメリカ万歳の美談映画になってしまうのかなと。イスラム系=全て悪にならないよう。でも緊迫したシーン>>続きを読む

変態村(2004年製作の映画)

2.9

確かに変態村。酒場での変態ダンスがいいですね。家に襲撃してきてからの俯瞰撮影がよかった。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.0

ラストシーンがすごく好き。内容はCMとかで短く纏めて観てもいい内容だな、と思いました。水原希子に首ったけって感じすね。笑

誘拐犯(2000年製作の映画)

3.7

格好のいい映画。銃撃アクションシーン最高。場所も最高。爺さん強い。笑
贅沢言うともうちょっとアップテンポでもいいような感じするけど。心理戦のようなものはどうでもいい感じで見た。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

悪魔のいけにえに比べると「可愛い」って程度の感想。途中までの気味悪さはいいなぁ。あと、シロが肌輩を誘拐する理由を知ってズッコケる感じがよかったメン。コメディかよ。

メトロマニラ 世界で最も危険な街(2013年製作の映画)

3.7

クライムアクションではなくクライムサスペンス。ジャケットからして戦争映画のようなハードアクションを想像してたのですが、見事に裏切られた感じです。話の内容の自分の予測も裏切られて、映画と同じように切ない>>続きを読む

ザ・ウォード/監禁病棟(2010年製作の映画)

3.0

カーペンター監督の中ではつまらない方かも。監督らしくない。

心中天網島(1969年製作の映画)

3.6

一人二役やってる岩下麻志さん演技が凄いなって思いました。音楽が鳥肌モノ。。墓場からの心中するまでの流れが素晴らしいー。

ラストサマー(1997年製作の映画)

3.4

懐かしのだけど忘れちゃったので。。最後がアクション映画みたいになってんのが少し残念。それまではなかなか怖いと思うよ。いい感じ♪♪

スネーク・フライト(2006年製作の映画)

3.5

軽くてマンガチックだけど面白かったです。主人公のサミュエル、そんなにヘビバトルしてなかったな。。笑
あとムエタイの人なんかやってくれると思ったんだけどな。後、超潔癖ミュージシャンの人の成長がなかなかい
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.6

映像が綺麗。得体の知れない不気味さもいい。んでもってキューブリックっぽい。80年代のニューウェーブに影響されたようなエイリアンのデザイン。。時々ルネマグリットの絵画のようでもあった。内容はそこまでだっ>>続きを読む

ケープタウン(2013年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最後、砂漠でフォレスト警部が黒幕との距離を徐々に縮めて追い詰めてくシーンがよかった。残酷で緊張感のあるアクションもなかなかよかったです。ストーリーはまずまず。クズ呼ばれするオーランドブルームもダメだか>>続きを読む

アート・オブ・ラップ(2012年製作の映画)

3.7

かかってる音楽が聴いてた音楽ばっかりだったので元気でる。歌詞カードで内容は読んでいたりしたけど、お金、悪さのようなイメージではなくラップの芸術性について謙虚に掘り下げながら作品を作り上げていく姿勢に改>>続きを読む

クローズ・アップ(1990年製作の映画)

4.0

ほんと、ラストは反則。泣くなってのが無理でしょ。。で、途切れる音をそのままにしてるのがいい。最初、この買ったブルーレイが破損してるのか焦ってた。笑 (1回目の鑑賞は寝落ちして、その途切れるシーンで起き>>続きを読む

>|