いととんさんの映画レビュー・感想・評価

いととん

いととん

映画(117)
ドラマ(0)

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

5.0

作られた順番逆だけど、あったかい国バージョンのミッドサマーだと思った!
ミッドサマーは宗教観からの生死感だったり、村社会の閉鎖的な風習なんかがテーマだったりしたけど、こっちはもうちょい身近な異文化、倫
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

5.0

私の好きなダイナソーjr というバンドのwagonという曲に“きちがい同士で助け合うなんて無理だろー”という歌詞があってとても好きなんですが
きちがい同士で助け合ったりケンカしたりダンスコンテストに出
>>続きを読む

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

5.0

コブラ会が面白すぎるんだけど、コブラ会見た後に見ると、最高のエピソードゼロになるよ!
ベストキッド→コブラ会→ベストキッドの順で見るといいと思う!
星5こ軽く超えるよ

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

5.0

死ぬのをゴールだとして、ゴールわからんまま走るのが人生だとしたらペース配分わかんなくて困るけど、ペース配分なんて考えずに常に全力で生きるのが人生なのかもしれんね

最強のふたり(2011年製作の映画)

5.0

元気でた!
自分の気持ちにうそついたり隠したりして生きるのやめたいと思った!
見終わったあとちょっといい人間になる映画は良いですね! 機能的!

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

5.0

おもしろかった!
天才詐欺師というだけあって天才すぎるけど、パイロットとか医者とかはともかく、ニセの弁護士になり切るために2週間勉強して司法試験にうかる、というのは単なる天才のような気もするけど、映画
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

5.0

血も涙もない人間として有名な私ですが思わず感涙してしまいました
人生で大事なのは
音楽、料理、
部屋の飾り、友達との会話、
人間の尊厳
そしてどんなにお金がなくても心が貧乏になってはいけないということ
>>続きを読む

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

5.0

私は小さい頃から喘息で発作が出ると呼吸困難になりがちで、喘息で息が出来ない!という状況に何度も陥っておりその苦しさを身をもって感じてるので、窒息系映画はほんとに怖いのですが、
海底の、サメの脳みそから
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

5.0

ディープブルー見ようとしてNetflixの検索窓に「ディ」と入れたらジャックニコルソンの面白めの顔が出てきたので、なんとなく見始めたのですがめちゃめちゃ面白かった!!

マフィアに潜入した警察(ディカ
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

5.0

10年ぶりに鑑賞
10年前もめちゃ面白いと思ったはずですが、そのときよりもっとさらに面白いと思いました
どのくらい面白いと思ったかというと、映画生涯のベストなにかと言われたらこれにするというくらい
>>続きを読む

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

5.0

おもしろい!!!
未知との遭遇のスピルバーグの正統後継者はスーパー8のJJエイブラムスかと思ってたけどあれは単なるスピルバーグちゃんギャルなのではないかなと思ってしまうくらい、
一見おふざけパロディで
>>続きを読む

1922(2017年製作の映画)

5.0

昭和の日本の農家の闇も怖いけど、1920年代のアメリカの農村の闇も相当怖いよね
人殺して井戸に捨ててもバレないし

悪いことしたら神様とか法律に罰せられるからつらいんじゃなくて、自分がそれを抱えて生き
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

5.0

怖い!
死ぬとかオバケじゃなくて、家族とか血縁とか絶対逃げられないものを通じて自分の中に入ってくる悪魔&悪魔崇拝カルトの家族ぐるみの戦いのおはなし
みんな悪魔に蝕まれて、おばあちゃん(悪魔の女王)の血
>>続きを読む

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

5.0

おもしろかった!!!

マンションの側面の追いかけっことか黄色いパーカーとか、ポンッ!とキャッチーな画が出てきて、それが効果的にジュノーッと心に染みてくる
まさにポンジュノという感じでした

みんなほ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

5.0

ベタなゾンビものなのにめちゃくちゃおもしろい!
ゾンビ映画はただおもしろいだけでいいよ

#生きている も面白かったけど、設定ひとつでこんなにおもしろくなるんだなー
スノーピアサーとか

邦題だけめち
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

5.0

例えばマンガだったら「絵とストーリー」、音楽だったら「曲と歌詞」の2つの要素があって、それぞれが各100点満点ずつの200点満点なのでジャンルとして強いなーと思うときがあって、
だからマンガは小説より
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

5.0

(身分を超えた)友情、(fuckfuckfuckの)努力、(堂々としたスピーチ)勝利の、週刊少年ジャンプ的物語でした

1920年代のイギリスの風景もとても良かった

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

5.0

人間の脳は10%しか使われてないというのを初めて聞いたのは多分小学生の時に読んだ北斗の拳だったと思うけど、そのときは10%ってちょっと少なすぎるんじゃないかなと思った
でも10%しか使えなくてもかなり
>>続きを読む

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

5.0

これも私の好きな映画を作る少年が主人公の映画

めっちゃスピルバーグだしETだし、グーニーズだし80年代最高なんですが、これをもっと究極にしたのがストレンジャーシングス なんだろうなー

チャールズが
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

5.0

息子がかわいそう というけど、だけど本人は愛するお母さんのためにただ純粋に生きてるから実は幸せで、ほんとに辛いのは、人のことを大事にできないし大事にされない秋子だなーと思った
秋子のお母さん(おばあち
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

5.0

青春のちょっと前、
子供の頃のことをたくさん失いながら汽車に追っかけられて大人の橋を渡る物語ですね

見るたび、あーあれもこれも持ってたけど失くしてしまったなーとなります
そのことをたまに思い出すため
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

5.0

死の受け入れ方についてのお話だと思うけど、
登場人物全員 誰一人死を受け入れられなくて、みんないろんなバリエーションで死ぬことから目を背けてる

とくに主人(医者)は、死が受け入れられなくて何度も痛い
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

5.0

転校生ベン(ニューキッズオンザブロック)がめちゃイケメンに!

なんだかんだで、君の髪は冬の炎、1月の残り火〜、のハガキのこともあるから、
この2はベンが主役っぽくもあるけど、
スタンドバイミーと一緒
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

5.0

これもある意味スタンドバイミー的な
青春映画の傑作でした!

全部が思春期目線で語られてるから、大人はみんな醜いし冷たいしひどい

乗り越えるべきトラウマがペニーワイズで、
その恐怖を乗り越えられなか
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

5.0

何年かぶりにシャイニング見たのでその勢いで初観賞

最初はめちゃめちゃシャイニングの地続きでびっくりしたけど、
途中、ホスピスの患者の最期を看取るドクタースリープというのになって、グリーンマイルのコー
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

5.0

これぞ完璧
星5この最高映画
マンガでいえば全コマが絵画みたいな、気が狂いそうになるくらいの緻密な構図と、不穏な音楽 キャスティング全てが最高

よくブランドもののカバンとかで、えーこのカバンが50万
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

5.0

最高におもしろい!

お話は、
家賃滞納しすぎで立ち退き寸前の夢破れた30代無職が、
隣に住んでる失踪した好きな女の子を探すというやつなんだけど、
そのこを探すために、

都市伝説
陰謀論
サブリミナ
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

5.0

狂信的なファンは怖いというけど、その「狂信的なファン」を作ったのは他でもないミザリーという小説で、誰よりもこの小説に自分を投影してた(いちばんのファン!)アニーにとっては、ミザリーを殺されるというのは>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

5.0

はちゃめちゃ設定のアイデア一発おもしろ近未来SFかと思ったらなかなかどうして、
地球の自然、環境破壊、生態系、食糧、貧困格差、資本主義その他もろもろの、すごい問題提起映画だった!

温暖化を食い止めよ
>>続きを読む

現金に体を張れ(1956年製作の映画)

5.0

昔虎ノ門という深夜番組でパッチギの井筒監督が最新映画を自腹で見て、それをけちょんけちょんにけなすという「こちトラ自腹じゃー」というコーナーがあったのですが、その井筒監督がいちばん好きな映画はなんだ聞か>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

5.0

パラサイトとか母なる証明に比べたらお話ちょっと弱い気がするけどやっぱりめちゃめちゃに画がいいし見てるだけで素晴らしいなーという気持ちになる
ポンジュノとても良い
なんで良いかというとポンジュノだからだ
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

5.0

バラバラのパズルを組み立てたらぼんやりしたよくわからない絵が出てきて、それこそがザ青春だ!みたいな感じ

前に見たときは映画部の神木くんが主役だと思ったけど今回は幽霊野球部の東出くんの立場で見てしまっ
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

5.0

義理と人情と血の絆!
久々見たけど最高に面白かった
20代のときはあんまりピンと来なかったけど、40代になって見るとさすが名作と言われるだけ合って全シーンビシビシと胸を打たれました

Filmarks
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

5.0

世の中が自分に合っててとても過ごしやすいという人は少ないはず
だから本当はやだけど妥協したり譲歩したりでなんとか生きてるんだろうけど
最前線の戦場という地獄みたいな状況で誰になにを言われても信念を貫き
>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

5.0

前半ばっかり取り沙汰されるけど、
ジョーカーのヘルメットのBORN TO KILLとPEACEバッチの話
ヘリコプターのシーン
見えないベトコンスナイパーの話もとてもよかった

微笑みデブもジョーカー
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

映画館ができたばかりで、テレビはまだない頃の
世の中の人みんなが映画大好きな時代が舞台の映画

「ノスタルジーに負けるな、自分の今していることを愛せ」とアルフレッドが言ってたけど、
それは1950年代
>>続きを読む

>|