あきらさんの映画レビュー・感想・評価

あきら

あきら

なんでも見る。映画はぜんぶ面白い。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

わけわかんなさはあるけどチャーミングなボーイミーツガールだった。

君の耳が光に透けてるって素敵表現だわ。
エルファニングがとにかくかわいい。
ニコール様は白雪姫の母的なこういうの妙にハマるよな。
>>続きを読む

シド・アンド・ナンシー(1986年製作の映画)

4.0

一時でもパンクに傾倒したヒトの必須科目ですね。
私もマイウェイはこれで知ったクチだ。

ゲイリー・オールドマンがね〜顔は全然似てないのに、ちゃんとシド感がでてるのがすごくて、この1本で完全にファンにな
>>続きを読む

SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー(2016年製作の映画)

3.5

結果的にカリスマになっちゃったけど、今見ると普通に20歳と21歳の若者だな…
というか、正しくはカリスマと言うよりアイドルだったのかもね。

諸悪の根源みたいな言われ方してるナンシーだけど、彼女のこと
>>続きを読む

ジョニー・マッド・ドッグ(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これはきつい……
とにかく暴力&暴力&暴力

狂犬の二つ名にふさわしく、吐き気を催すくらいに子供。無邪気と残酷は紙一重だって、こんな状況でも思い知らされる容赦なさ。
彼らのしていることははっきり悪だと
>>続きを読む

クロッカーズ(1995年製作の映画)

4.0

なんだろう…このやるせなさ…

とりあえずこの街から出ることはできた。
だが、この先ストライクスの未来は、果たして明るいのだろうか……


差別も貧困も決して「こちら側」に責任があるわけじゃない。だけ
>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

レイプだめ絶対。
なんでレイプ加害者がシレッと口噤んで、お父さんが責められてんのよ腹立つ!
差別云々の前に、ザ・ムラ社会だなぁ…

救いがないとかそういうことでもなく、ただただ人間の本質的な愚かさと醜
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

めっちゃ奥歯を噛み締めました!

眉毛!と変な前髪!
裁判中のあの眉毛!の顔の憎々しさ!
ウィル・ポールターくんは悪役として最高の演技でしたね。子役の頃はあんなに可愛かったのに。


そりゃたしかに暴
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

うわぁこれはなんとも…感想が難しい…

まず言えるのは、何がどうあってもいちばん悪いのはレイプ殺人犯であること!
んでたとえ前科がなくとも国外のことであっても、あのアイダホの男にはどうにかして何らか
>>続きを読む

ビー・デビル(2010年製作の映画)

3.5

どうも韓国映画の復讐ものの血なまぐささに耐性が出来てきたみたいで、暴力描写とかはまあ普通。

男尊女卑的な閉鎖空間だったら、さもありなんという風に見てしまうのは日本でも似たような話があるのを思い出すか
>>続きを読む

発情アニマル/発情アニマル アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ1978(1978年製作の映画)

3.5

知らない間にタイトル変わってた。「悪魔のえじき」じゃありませんでしたっけ?
このタイトルだったら見なかっただろうな〜

まあ前半は当たり前に胸糞ですよ。
頭の悪い、品の悪い、田舎もんがもうもうほんと反
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭いきなりパンチ効きすぎてて、これはなんか凄いことになるぞ感あったけど、本当にすごかった!!?


見ただけでハイブランドとわかるこだわり尽くしたインテリアもファッションもすごいし、チリひとつバグを
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

リビドーをまともに昇華できず、ななめ上に暴走していくDTの気持ち悪さ全開で最高でした!

赤毛のスーザンがオシャレ可愛いのよね。
えらくビッチに描いてあるのはさておき、彼女の人間性にはまるで目を向けて
>>続きを読む

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに見たくなって。

青!ものすごい青!
エリック・セラ!
イルカ!
ボロいチンクチェント!
なっつかしい!
このあたりまでのベッソンが好きだったな〜ってやっぱり思います。

昔見たときは、映画
>>続きを読む

冒険者たち(1967年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あるところに仲のいい男と男がいて、女が加わって、女が死んで、男も死んで、男だけになった。

3人のいろんな意味であと一歩踏み込むと壊れてしまうギリギリの距離感で描き切ったのが見事。
グランブルーの元ネ
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.0

秒でアガるというならこっちだったな。クレジットからしてくっそ好みでした!

やっぱりスーツは胸板だなぁ…って噛み締めますし、イリヤちゃんが無骨ゴリラですこぶるかわいい!ソロの飄々色男具合もセクシーだし
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

すまない。秒ではアガらなかった…

やっぱコリン・ファースなんですよ!
エグジーじゃまだ貫禄不足っていうか、記憶喪失のおっさんからガラハッドになる演じ分けがさすがですよねぇ…あとやっぱスーツカッコいい
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

色の使い方が尋常じゃない!
彩度の削り方で温度まで変わるような気がしてしまう。瞳の色まで含めて。

隙のない美意識に負けないくらいにコリン・ファースが素晴らしすぎて。
お洒落さも色気も存在感ももちろん
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

羊かわいそう!!
地雷ひどい!!
血まみれのガチョウとかロバとかかわいそう!!

それにしてもモニカ・ベルッチの現役感といいランク感といいイタリアの至宝健在だね。というかモニカに対するロマンがすごかっ
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

5.0

あのパンチ効いたお姉さんめちゃくそ好き!「養ってくれ代わりに唾液を飲ませてあげる」「あなたの一物をずっと握っている」
なんて傲慢!なんて厚顔!しかも強い!なのに脆い!妙に惹きつけるこういう人っているよ
>>続きを読む

サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-(2010年製作の映画)

4.0

好きなのよ。とてもとても好きなのよ。

けどどうしても、これまでほどにガッツリでもなく引きずりこまれるでもなく、わかりやすくなったなぁという印象は否めない。
いや相変わらずわけわかんないけど、それでも
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.5

映像は無茶苦茶好きなんですよ!
アニメーションとしてすさまじく素晴らしいと思います。

草木の息吹と疾走感!!!
激情の表現!!!
龍!!!
とにかく線が好き。配色が好き。構図が好き。
これぞ日本で作
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ストップモーションって予備知識アリで観たから、映像はたしかにすごい。変態的にすごい。
が……ド正直に言うと造形が好みじゃなくてですね……(小声

あとストーリーはわりに穴が多い気がしてですね…
月の帝
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ギミックと世界観はかなり好きだけど、ストーリーはいたってシンプルで既視感のあるものでしたね。
たしかにジブリが過ったわ。

貧乏神を田中泯さんな時点で、絶対後で助けてくれるんだろうってのも読めたけど、
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.5

原作をとても愛しているので、アレをジャニ的にどうするんだろ?って半信半疑で観に行きましたが、圧倒されました。

森剛いつのまにこんな底知れなさを身につけてたんだ⁉︎質感はどこまでも乾いてるのに、瞳が沼
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ああこれは実写版明日のジョーなんだな。と。(実写版あるけどさ)
だって、でんでんの段平キターーー感。「ボデー」入れたのわざとだろ⁉︎

自殺防止フェスの前衛舞踏に寺山みを感じましたが、あれ必要だったか
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.5

でんでんすげぇ…
とにもかくにもでんでんがすごい。

これ以降でんでんを見るたび、怖い人に見えてしまうハンニバル現象に悩まされています。「ボデーを透明に」は一生忘れられないと思う。

生き物の本質的に
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

4.0

相変わらずの鬼編集でしたな。
ちょっと前に流行ったような中二全開なケータイ小説みたいなんだけど、役所さんの重厚感と脂っ気でバランスがとれてた感じ。
オールドボーイみたいだったけど。

見事にクズしか出
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.5

元ネタは北九州のあれなんですよね?
あの題材で、これだけの役者を揃えて、と思うと、もっと面白く作れたような気がしてならないんだけど。

閉鎖空間、遺体処理、噛み合わなくなってく家族、パーツパーツはとて
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

4.0

掃除機をそう使うんだ!
掃除機に象徴される生活感とか侘しさが絶妙で、上手いな〜と思った。

あんなに空虚な家を、それでも守ろうとしていた虚しさがたまらない。
壊れた時に淡々と破壊しようとするとことか、
>>続きを読む

サクリファイス(1986年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

タルコフスキーの画面作りって、なんかゾッとする。
画面の完成度なら作り込み方がもっと凄い監督もたくさんいるけど、タルコフスキーには背筋が冷えるような何かがある。白い布が揺れる部屋の情景とか、見ただけで
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

恐ろしく完璧に美しい映像。
塵ひとつ埃ひとつもたたなそうな隙のなさがより一層恐ろしさを増しますな。

「AIが人間を原始人とみなす日」そのままの結末がだったし、本当にいつか来るのかもしれない。そのリア
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

2049後再見。
これくらい、退廃と言う名の不純物があった方がいいな。ローテクだけど、完全に絵として好みなんだ。今となっては「近未来」って言葉に感じる郷愁めいたものは、この作品に由来してるのかもしれな
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

長かった…
決してつまらないとか好みじゃないとかってわけじゃなく、めっちゃ面白いし大好きなんだけど、とても長く感じた。
これより長い映画もたくさんあるし、見終わった後に「あ〜つかれた」ってなる映画もよ
>>続きを読む

さようなら(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冬の光が美しい映画。

不気味の谷はそんなに感じなかった。
人と人ならざる者、二人で居る情景があまりにも美しくて、それ以外が全部蛇足に見えてしまう。

舞台装置とはいえ、原発に加え、在日、ネグレクト、
>>続きを読む

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エレクトロな音楽が微妙に乗り切れなくて、気になって気になって。

この子はリアルにゲイなのか、ただあの男にに恋しただけなのかはよくわからないけども、父そこまでひどい人でもないよね?
ハムちゃん交換だっ
>>続きを読む