らむじーさんの映画レビュー・感想・評価

らむじー

らむじー

1997生まれの大学生です。
ゆらゆらとしていきまーす。良かったら

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.2



宇宙広すぎて、帝国軍がちっぽけに感じる。何と戦ってるのか、分かんなくなっちゃった。何のためだっけ。
次観なきゃ。次々

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.4

fakeとrealは


すごい。ずっと鳥肌モノだった。特にエマネーターは、R帝国に出てくるHPの様で何か感じざるを得なかった。エマネーターは、今後確実に現実世界にも出てくると思う。
ただのSFではな
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.8

希望


やっぱり面白かった。なんといっても、展開が素晴らしい。最後に至るまでの流れが良かった。
この物語の本質はそこにあったのではないかと、個人的に感じた。希望は永遠の命。本当に苦しいときにこそ、沁
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.4

観ちゃったよ


ついにスター・ウォーズを鑑賞。面白かったよ。一気に観たいなという印象。
ダースベーダーってあんなにふらっといるの?とか、主人公練習してたのにライトセーバー使ってなくない?など、疑問は
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

2.8

いいとこどり


いいとこどりの、エンターテイメント。なるほどってなるし、笑えるし面白かった。テンポも早いだけでなく、ペース配分は良かったのかな。
内容はこれでもかと凝縮させており、お腹いっぱい。最後
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.6

素晴らしき繋がり


なんといっても、脚本が完璧。脚本が素晴らしければ、舞台だろうと映画であろうと完成しうるのだなと思った。凄かった。軸を持ちつつ、周囲の人物一人一人が光っていた。それぞれの個性をもっ
>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

3.4

青春だなぁ


青春って、学生時代だけじゃないんだなと感じた。心の持ちようというか、この映画はとても若くて、生き生きとしていた。
純愛も今はメンヘラなんて言われるんだろうなと思った。そんな言葉一つで片
>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

2.4

恥ずかしいな


一作目の方が良かったな。まだ続編ありそうだし、どうなるのやら。
途中途中とても臭いシーンがあり、見ていられなかった。なんか違ったな。

広瀬アリスかわいい

あん(2015年製作の映画)

3.8

向き合わなければ


何度も目を背けたくなった。しかし、きちんと観なければならない作品。向き合わなければいけない。皆が皆徳江さんをきっかけに、何かに向き合おうとする、そんな話だった。

徳江さんの優し
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.6

迫力満点の戦闘シーン


原作は読んだことがないので、興味本意で劇場に。戦闘シーンめちゃくちゃ良かった。途中からまだかまだかと欲しがるくらいだった。次どうなるのかなと、気になり食いぎみで観ていた。
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.6

観ちゃったよ


ホラーは基本鑑賞しないのだが、観てしまった。面白かった。ホラーとサスペンスとミステリーみたいな、あまり観ないからいい言葉が出てこないがそんな感じ。
徐々にエスターについて分かっていく
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

3.2

いいんだけどな


いいんだけど、何かが足りなかった。長いなと感じてしまった。日常そのままでほのぼのするんだが、吉高由里子のキャラが苦手。
私生活で苦手なタイプだった。

今の自分はどこか病んでいて、
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2

なぜ人が人を裁けるのだろうか


鑑賞後に感じたものは、純粋な疑問だった。裁判ってなんだろうなと。あまりにも苦しかった。そして、悔しかった。平等なんてないんだなと、、、

やるせなさが目立ったが、それ
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.4

2049は……


2049前の再上演で鑑賞。20年以上前の作品だけど、遜色ない作品。やや既視感を覚えるのは、最近ゴーストインザシェルを観たからだろうか。凄く似ている印象だった。

レプリカントが、た
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

一週間


バス運転手の一週間を描いた作品。周りから見たら同じものでも、本当に同じものはないんだと再認識させられた。日常はありふれていて、だけど消える時はあっという間で、またふと始まって。

詩は詳し
>>続きを読む

ガチ☆ボーイ(2007年製作の映画)

3.6

熱い青春物語


学プロが舞台となっており、主人公がある日を境に、新しいことを覚えられなくなるという話。切り口が面白く見いってしまった。
真っ直ぐな王道青春ものだった。ベタベタなんだけど、なんだかいい
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

戦争映画らしくない作品


戦争映画なのだけど、そんな感じは全くなかった。個人個人を深く掘り下げていないし、時系列にも工夫があり新しく感じたからだろうか。
撮影はいわずもがな、クリストファーノーランら
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.2

とにかくサイコ


大根仁らしい作品だった。女性の魅せ方が凄く上手で、水原希子いいなんて思ったことなかったがエロかった。まあ、キスシーン多いね笑。舌使いもエグいし、あれは引っ掛かるよと。
内容はとにか
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.8

おそい


第一章ということで、次回作る気満々の作品。そのため、伏線めっちゃ張ってるし、次を期待させる内容だった。
正直ある程度完結させてほしかったし、一つの作品であってほしかった。ハリーポッターでい
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.4

演劇と映画


オシャレだったな。撮影方法はいわずもがなで、周囲の弄り方なんかも面白かった。過去と今、プライドと現実の狭間での描き方が素晴らしかった。
映画も演劇も同じ。

芸術家なんて、誰だって名乗
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.4

どこかコメディーで


恋愛映画なのだけど、重い内容もあるためどこかコメディー。今しなきゃだめ、と思わせてくれる作品。
案外幼い時の方が素直で、段々と回りくどくなってしまう気がする。ある意味子どものま
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.8

狂おしいほどヒステリック


登場人物の誰一人として、まともには感じられなかった。皆どこか狂っていて、あまりにもクズで。それなのにやけにリアルだった。本当にまともな人なんていないんじゃないか。
展開も
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.0

内容はいいけど、


設定とかは凄く面白いし、いいなと思った。しかし、予備知識がないと辛かったり、急な展開にはついていけなかった。もったいない。

CGは綺麗だよ。実写化には無理があったかな。

>|