Napponさんの映画レビュー・感想・評価

Nappon

Nappon

映画(879)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

Do not eat. Taste!
ザ、狂気。

ステイタスや肩書きでしかモノを見ない評論家やお金持ち、さらにそんな一部のセレブに扇動されがちな大衆への皮肉たっぷりで好み。
デザートは笑ってしまった
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.9

実在するロン・ストールワースの体験×スパイク・リー監督の切り口。

多少の脚色はあるのだろうが、大筋は事実らしくとても興味深い。こんな映画みたいなこと!が、実際に起きていたとは。
展開もスピーディーで
>>続きを読む

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

3.5

アイデアが秀逸!緻密に計算されつくしたストーリーとカメラワーク。
過去が未来に合わせ、未来が過去に示唆し、という不思議体験はおもしろい。
2分とはまた絶妙な設定。

映像は酔いそうになったが、Osmo
>>続きを読む

キャメラを止めるな!(2022年製作の映画)

3.7

オリジナルを未鑑賞だったため、最後まで楽しく観られた。
入れ子構造はやはりおもしろい。

冒頭の部分では訳がわからず翻弄された。
そこから怒涛の伏線回収!
映画への情熱を感じる作品。

オリジナルも観
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.9

人間誰しも、大なり小なり人には知られたくない秘密がある。

3組の夫婦と1人が集まったディナーパーティー。月食の狂気(byピンク・フロイド)にやられたのか、携帯を見せ合うゲームを始めることに。

ほぼ
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.3

ジャケ写につられて鑑賞した、イーライ・ロス監督作品。
(こんなファンタジーを作るのは知らず、鑑賞後に気づいた…)

家の美しさにうっとり。

戦争が出てくるあたりが教育的。
もう少しコンパクトだったら
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

3.9

インディ・ジョーンズ第二弾。

消えた村の子ども達、何者かによって盗まれた秘石、王宮で行われている悪魔の儀式ときたら、もう行くしかない。
前作よりも好き!

飛行機からの脱出、トロッコ、吊り橋サーカス
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.7

ピタゴラスイッチ!かのような数々の仕掛けにワクワクした。
古めかしさはあるが、色褪せない名作。

2022-320

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.7

時間が貨幣、25歳で止まる等、設定はかなりのおもしろさ!腕のカウンターもかっこよし。

時間を多くを持つ者と持たない者とが二分し、構造化されている。少数の富のために多くの犠牲が伴うが、システム維持のた
>>続きを読む

父ありき(1942年製作の映画)

3.9

若かりし頃の笠智衆、でもやはり父役!
(息子役の佐野周ニとは8歳差…)
画の作り方が素晴らしい。観ていて落ち着く、まさに日本の原風景。

画像の粗さはともかく、音質のせいで台詞が聴き取りづらかったのは
>>続きを読む

クリスマス・カンパニー(2017年製作の映画)

3.7

クリスマス気分を盛り上げるために。
サンタが偏屈で、わがままなところが好き。

人間界でダラダラし過ぎてもう間に合わない笑!と思ったが、意外な解決方法ににんまり。
夢があるストーリーで、大人が観てもお
>>続きを読む

アンジェラ(2005年製作の映画)

3.8

モノクロの映像が美しかった。
フランス映画らしい台詞の感じが好み。
(橋のシーンで再鑑賞と気づく)

借金に苦しみその場凌ぎの嘘を重ね、命の危機にあるアンドレ。そんな彼の元にやってきた、アンジェラ。
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.6

ドラゴンボールは昔見たきり。
かなり進化していて驚いたが、久々に世界観を楽しめた。
フリーザの願いに笑った。

ブロリーの生い立ちが切なかった。

リザとキツネと恋する死者たち(2014年製作の映画)

3.4

ハンガリーからのダークファンタジー、コメディ?

主人公リザにしか姿が見えないトミー田中、歌謡曲、小説、那須に伝わる狐伝説と、謎の日本エッセンスを織り込んだストーリー。

リザの周りでバタバタと人が死
>>続きを読む

サイゴン・クチュール(2017年製作の映画)

3.6

1969年と2017年ファッションの差が見ていておもしろい。タイムワープしたニュイが現代風に洗練されていくのがよかった。
ベトナムの雰囲気もいい味出している。

ストーリーは、ひたすらタン・ロアンが善
>>続きを読む

ナッツジョブ サーリー&バディのピーナッツ大作戦!(2014年製作の映画)

3.3

キャラクター達の愛らしさ!
ポップコーンのシーンがおもしろかった。

人間のストーリー、動物のストーリー、それぞれを楽しめる。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.7

食人族の働きっぷりに妙に感心したが、ただのグロい映画ではなかった。

自分達が見聞きする情報は、果たして誰から見た真実なのかー。
環境保護や人権擁護を訴える活動家は善人か、それともエゴなのか、もしくは
>>続きを読む

断絶(1971年製作の映画)

3.8

見始めは車ワードがわからず戸惑ったが、しっかりロードムービーでかなりおもしろかった。

3人+1人の危うい関係がよい。
GTOの車に入れ替わり乗るヒッチハイカー達も、ストーリーにほどよいエッセンスを加
>>続きを読む

WANDA/ワンダ(1970年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかった作品。フィルムの質感がとてもよかった。スクリーンで観られて幸せ。

ワンダという1人の女性のストーリー。

これが1970年に制作されたことにまず驚く。今でこそ、ワンダのような人(知的
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.3

差し迫る感じが心臓にくる。
あまりにも変幻自在なのと、斬新な登場シーンもあり、所々笑ってしまった。

普段は見えないが避けられないもの、常に近づいてくるもの…
ただのホラーではないのは好みだが、観てい
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.8

登場人物の年齢差や家族構成など設定がうまく、スッと物語に入れた。
それぞれのストーリーが好き。
音楽もよかった!選曲が憎い…

ありがちな青春モノにせず、チャーリーの過去と絡めたストーリー展開も見所。
>>続きを読む

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

3.8

インディ・ジョーンズ第一作。
安定のおもしろさ!
テーマソングを聴くだけでテンションが上がる。

スタントの凄さがわかるアクションシーンに釘付け。現代のCGの映像美に慣れていると、逆に新鮮。
また、過
>>続きを読む

ファイナル・デッド・ツアー(2020年製作の映画)

3.3

懐かしい感じのパンク、大好きなゾンビ、コメディ要素ありと嫌いな訳がないはずだが、なぜか眠気に襲われた。

ストーリーがあるのはよいが、材料が材料なため、もっと思いきりがあった方が好み。
テンポもあと少
>>続きを読む

ドン・カミロ頑張る(1953年製作の映画)

3.4

ドン・カミロシリーズ。

共産主義の町長ペポーネと、司祭カミロの交流。憎まれ口を叩きつつ、お互いを信頼しているのがよくわかった。

時々現れる、神の声が好き。

テリファー(2016年製作の映画)

3.1

スプラッター映画は最後まで鑑賞できる自信がなかったが、勇気を出して。

映像のグロさ、猟奇的なシーンは前評判通りですごかった。

ただ、ストーリーのなさと、途中で誰もトドメを刺さないのが気になって仕方
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.6

ザ・フレンチらしいコメディ。
アイロニー、下ネタが効いており、好き嫌いが分かれそう。

フランス語の罵詈雑言が豊富すぎて、おもしろい。
上司に「卓球が下手」と言いたいだけなのに、「Vous jouez
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.4

あどけなさも残る美しい少年の大胆さ!

もっと人たらしなイメージだったが、案外淡々としていた。
喜怒哀楽があまり見えないのが逆に恐ろしくあるが、もう少しカルリートス自身について描写がほしかったところ。
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.9

スパイダーマンは詳しくないが楽しめた。
アメコミらしい作りがかっこよい!

ブルー・バイユー(2021年製作の映画)

4.2

映像がかなり好み。
夢のような美しいシーン(思い出や想像の世界)に、ざらついたフィルム感(現実の世界)との対比がよかった。

心揺さぶられる、切ないストーリー。
ただ愛する家族と暮らしたい、そんなアン
>>続きを読む

彼女とTGV(2016年製作の映画)

3.4

実話に基づくストーリー。

色の使い方が好きだった。自転車で街を抜けていくシーンが好み。
30分という短さだが、起承転結がよく表現されている。

(ジャケ写を先に観ていたら観なかったかもしれない。もっ
>>続きを読む

007 ドクター・ノオ/007は殺しの番号(1962年製作の映画)

3.5

ショーン・コネリー版、初鑑賞。
存在感がさすが!

アクション少なめ、サクッと楽しめた。
やたらと竜が可愛い。

ドリーム・ビルダーズ ミナと秘密の夢工場(2020年製作の映画)

3.1

設定はおもしろいが、新鮮味には欠ける。

キャラクターがもう少し魅力的に描かれていたらよかった。

アリス・スウィート・アリス(1977年製作の映画)

3.6

赤いコート(ニコラス・ローグ)は大好きだが、黄色いコートも予想よりよかった。ラストが好み。
随所に表れるマリア像や石像が、全てを知っているかのような表情をしていたのが印象的。


いつも皆に愛されてい
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.8

観たことがあるはずだが、内容覚えておらず新鮮な気持ちで鑑賞。
テリー・ギリアムらしさ満載だが、伏線はきちんと回収されており、まとまりはよい印象。

ストーリーには重要な部分とはいえ、有能なのかよくわか
>>続きを読む

コーラス(2004年製作の映画)

3.9

胸が熱くなる、美しいストーリーと旋律。
子ども達の置かれた境遇を想像すると切なくなるような、時代背景の描き方が丁寧。

歌を通し自分を表現し、仲間を意識し、日々の希望を見出していく子ども達。
決して多
>>続きを読む

>|