まこりいぬさんの映画レビュー・感想・評価

まこりいぬ

まこりいぬ

2016年より記録始めます♡
主に新作DVD。たまに劇場。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

万人受け間違いなしのストーリーと演出。
あっと言う間に終わっちゃった感。

自分のコンプレックスを個性に変える!
This Is Me!

近年コテコテのコメディ路線に走ってたザック・エフロンの輝かし
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

言葉より行動
期待より努力
そして怒りと赦し

大目に見ても肯定できない場面が多々ありだけど、とげっとげできれっきれ人間の角が取れるのは見てて嬉しくなる。

サム・ロックウェル最高でした。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーは普通。
カーアクションもまあまあ。
イケメン異母兄弟とめちゃめちゃ可愛い彼女を見られただけで、見てよかったと思う。

ビンテージ高級車に弾を撃つなってばさ。

真夏の体温(2017年製作の映画)

2.0

危なっかしい若者に共感できない。
ずるっこい大人に共感できない。

田舎街の雰囲気はよかったけど、タイトル真夏というほど暑そうではなかったかな。
もっと汗、汗。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.7

ラストシーンの彼の無言が何とも言えない。

服とかオフィスとか家とかオシャンティなとこに加点。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

劇場見逃したやつ。

『きっと、星のせいじゃない』で首ったけになったアンセルくん。
ため息が出るほど可愛くて、永遠に見続けていたかった!!!
無の表情と八重歯のぞかせる笑顔のギャップ萌え。下から睨みつ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

楽しみにしていたやつ。

ゾンビも怖しでしたが、パニックになった時の人間の醜さがより怖しでした。
自分はそんな時どうするかと考えると更に怖しですが。

パパやオトコになり切れてない男たちが愛する人を守
>>続きを読む

グリーンデイズ(2017年製作の映画)

3.0

残された妹が創り出した世界で見るのか、死んだ兄の亡霊がいる世界で見るのか。

摂食障害のカウンセリングが勉強になったな。
精神病類いの話は実に興味深いです。

食べずに痩せてやつれて行く感じを見ていた
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

まとめるとジーさんたちが銀行強盗する話なんだけど、隅々までぬかりない!
3ジジ以外の周りの人々も丁寧に確立されていて、ほっこりしました。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.9

前作から2年ちょい…公開を待ちに待っていました。
2018年劇場1本目。

前作の衝撃が忘れられず、時間が経っても内容や映像をかなり鮮明に憶えています。

今回もほんとたまらない斬新さ!
これこれきた
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

4.0

全体的な雰囲気がめちゃめちゃ好みですが、人には勧められない系。

原作未読ですが、人によって色んな解釈できそう。
現代の社会問題とか入れててなるほどなぁと思いました。

地球人には家族があり、何だかん
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.4

すごい映画見てもうた!

予告見て、もう全員下衆野郎でどうしようもない映画なのかと思ったら、ラスト15分ぐらい号泣!!!

序盤、あんなにきったなくて、うざくて、キモイおっさんだと思ってた阿部サダヲが
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.5

設定がよい。
近未来な宇宙船内がよい。
無重力のプールのシーンが幻想的でよい。

ただ目覚めた彼がイケメソじゃなかったら、成り立たなかったかなと思う。

ジェニファー・ローレンスがどんどんキレイに(や
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.5

ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグの社会派実話映画2作目。

1の『ローン・サバイバー』や3の『パトリオット・デイ』と比べてしまうと少し物足りないかな。実際の時間が短いから致し方ないとは思うけれ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.1

色んなジャンルが盛りだくさんで最初から最後まで飽きがこない。
人によると思うけど、私にはコメディ寄りに思えたかな。

音楽や効果音も絶妙で黒人のお手伝いさんたちが素晴らしき怪演。
暗闇で人に向かって猛
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

3.5

予備知識なしで鑑賞。
どうやら運転手は映画監督だけど映画撮影禁止で、タクシーの中の隠しカメラ?でみんなを撮影してるみたいな。

色んな人々が乗ってきて、ガヤガヤやってます。みんなよくしゃべるしゃべる!
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.8

アモペロ以来、追っかけしてるガエル君出演作。
ガエル君目当てだから、内容なんて気にしてないけど、これはおもしろかった!
ガエル×犬
砂漠×砂埃×岩×サボテン×灼熱×人いない

アメリカ人愛犬溺愛ウイス
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

愚行録そのまんま。
愚行に開き直るって最強。
善悪の線引きは人それぞれなのかも知れないけど、こういう人は何を言っても自我を通すんだろうな。
こういう人…シチュエーションは様々だけど、万人にあり得るのか
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.3

美しすぎる死体の解剖!
臓器も美しく、グロさはなしで見入ってしまった。体内の遺留品からの親子で謎解き劇場は面白かったな。
後半はあるあるな展開。

潜入者(2015年製作の映画)

4.0

実話とは到底思えない程の緊迫感。
自分が妻の立場だったら耐えられないな。
結婚記念日の食事の場面とかさ。
潜入者だけど、少し情が入ったような切ない目が何とも言えない。こんな仕事続けていたら、精神崩壊す
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

22年前(1995年)の時事問題を絡めてきたのがおもしろかった!
オリジナルはどんな感じなのか気になるな。

ファインド・ミー(2016年製作の映画)

2.5

彼女の正体がわかるまではなかなかおもしろかった!
わかってからは急激に失速。

最後の最後まで彼女の顔が好きになれなかったです。

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.0

アントン・イェルチンがもうこの世にいないってだけで切ない気持ちでの鑑賞。

殺人を目撃した売れないバンドマンたちが、ネオナチに命を狙われる。
密室劇にしては展開不充分で他の人たちが一気に死にすぎなのが
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

(普通じゃない?)野生教育の良し悪しはあるけれど、根本的な親の愛情が子供に伝わっているかどうかが重要だなと。

スーパー野生児の現代社会における活躍に期待!

キル/オフ(2016年製作の映画)

3.0

描きたいシーンを描いて、こちらに丸投げ感は否めないです。
自分でストーリーを予想するのが好きな人にはいいかも。
ラストの上半身裸のスキンヘッドが振り向く(かも知れない)恐怖に怯えてました。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

貧困・虐待・いじめ・同性愛・ドラッグ…
様々なテーマが出てくるけれど、それがメインではなく1人の人間の成長を丁寧に芸術的に描いた作品。

人間の根本にある部分は環境が変わっても外見が変わっても変わらな
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

シチュエーションは『永い言い訳』でした。
妻が突然亡くなったのに泣けない。
妻のこと愛していたのか?

比べてしまうと、こっちは元々心が崩壊している形で、あっちは自己認識はできている形なので、似ている
>>続きを読む

汚れたミルク/あるセールスマンの告発(2014年製作の映画)

3.5

この事件知らなかったけれど、20年前…大手企業の一社員の告発なんて簡単に握り潰されてしまいますな。
現代ならSNSで即座に拡散。どこで誰に見られているか分からず、隠蔽もなかなか難しい時代。

結局この
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.2

非のつけどころのない優等生作品です。
現実と回想と悪夢の入り混ぜての最後の丁寧な回想シーン。
構成も完璧ですね。

ラストのNTSBの立証はほんと立ち上がりたいぐらい同意でした。
人的要因!そうだそう
>>続きを読む

>|