まこりいぬさんの映画レビュー・感想・評価

まこりいぬ

まこりいぬ

2016年より記録始めます♡
主に新作DVD。たまに劇場。

映画(172)
ドラマ(0)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

ご両親最高です。
知的で優雅でかつ家族への愛情が深い。
こんな理想の家庭あるのか?

中盤の早口イタリアーン夫婦と食事をする場面でかなり笑った。イタリアーン夫婦に何らかの賞をあげたい(笑)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

肯定できない悪いことだらけ。

母子愛・支配人の厳しさと優しさが救い。

ポップな色彩で描いているし、母子共に薄汚れてる感がないので明るいけど、現実的にその逆で描いたら普通に落ち込む。

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.7

あー、こういう展開かー!

もっとファンタジーっぽいのかと思ってたけど、この展開だったから逆に引き込まれた。

実際問題とすると、すごく深刻。
9番目の人生って。

犬猿(2017年製作の映画)

4.3

4人ともそれぞれ危なっかしくて、展開にそわそわ。

弟&妹のデート中に兄&姉を庇う姿が可愛かった。
嫌いだけど好き、でも嫌い、でも好き、でも…みたいな。

新井浩文♡

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

全体がグリーンがかってる世界の中に、たまに入る差し色の赤がたまらん。
ハイヒールだったり、部屋の中の本だったり、時には血だったり。

マイケル・シャノンはやっぱり遠憲さん。
オクタヴィア・スペンサーが
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

相手の素性を知らねども、好きは好き。
ただ嘘つくにも限界があるな。

ロードムービー苦手(笑)

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

役所広司と福山雅治の面会シーンは見応えあり!

話はそんなにサスペンスではないかな。
台詞で話が進むから、集中力&想像力必要。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

シュールな新感覚SF映画。
好き嫌い分かれそう。

概念を奪われた後の人間の反応が笑える。
高杉真宙の両親の動きにツボった!
松田龍平と満島真之介のやりとりもめっちゃ笑える。
長澤まさみのぷりぷりしな
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

ただただ良作の一言。

ハイヒールで走る場面とプロポーズの場面が好き。
パイロット役の人の顔も好き。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.3

水原希子がただただエロ美しい!
あのボディなんすか!

男たちが狂わされてドン底に落とされてそして成長していく。
こういう経験しとくと、多分次の恋愛は慎重かつ冷静になってうまくいくはず。

最後のホラ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

お互いが自分とは正反対の人間を尊敬し合う関係性が本当に良い!
2人の関係がカレカノだったら、低評価かな。

君の膵臓を食べたい。
う〜、泣ける。

殺意の誓約(2016年製作の映画)

3.0

とんでもねぇ彼氏から愛娘を守りたい父親の気持ちはわかるけど、自ら複雑にしてる感が痛ましい。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あの真っ黒ないわゆる悪魔の姿が見えちゃったのは萎えたな。
別に必要なかったと思うけど。

最後の方、ポリスメーンがあの扉開けてたけど、ウォーレン夫妻か神父さん呼んでよ!!!とすごい思った。

それにし
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

世界観謎すぎる!
こんな発想どっから出てくるんだ?

お下品じゃない下ネタがより気持ち悪く感じたけど、数々の作り物を見てるとそんなの吹き飛ぶぐらい繊細さを感じてチャラになりました。
死体の機能はくだら
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

この前見た『こどもつかい』のスケール大バージョンみたいな。

ITよりもリアルの大人のが断然怖いし。
続編か…。ため息出ちゃう。

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

3.0

マコノヒー氏のハゲ&デブっぷり。
ラスト10秒。
はいはい、なるほどね。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

万人受け間違いなしのストーリーと演出。
あっと言う間に終わっちゃった感。

自分のコンプレックスを個性に変える!
This Is Me!

近年コテコテのコメディ路線に走ってたザック・エフロンの輝かし
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

言葉より行動
期待より努力
そして怒りと赦し

大目に見ても肯定できない場面が多々ありだけど、とげっとげできれっきれ人間の角が取れるのは見てて嬉しくなる。

サム・ロックウェル最高でした。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーは普通。
カーアクションもまあまあ。
イケメン異母兄弟とめちゃめちゃ可愛い彼女を見られただけで、見てよかったと思う。

ビンテージ高級車に弾を撃つなってばさ。

真夏の体温(2017年製作の映画)

2.0

危なっかしい若者に共感できない。
ずるっこい大人に共感できない。

田舎街の雰囲気はよかったけど、タイトル真夏というほど暑そうではなかったかな。
もっと汗、汗。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.7

ラストシーンの彼の無言が何とも言えない。

服とかオフィスとか家とかオシャンティなとこに加点。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

劇場見逃したやつ。

『きっと、星のせいじゃない』で首ったけになったアンセルくん。
ため息が出るほど可愛くて、永遠に見続けていたかった!!!
無の表情と八重歯のぞかせる笑顔のギャップ萌え。下から睨みつ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

楽しみにしていたやつ。

ゾンビも怖しでしたが、パニックになった時の人間の醜さがより怖しでした。
自分はそんな時どうするかと考えると更に怖しですが。

パパやオトコになり切れてない男たちが愛する人を守
>>続きを読む