あさんの映画レビュー・感想・評価

あ

SFは兎に角苦手
邦画は家で観たいし洋画は映画館で観たい
恋愛ものは総じて家で観たい

映画(10)
ドラマ(0)
  • 10Marks
  • 19Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

バクマン。(2015年製作の映画)

3.2

青春
演出が最高『漫画×実写』ならでは
小松菜奈がひたすらに可愛い透明感
漫画家のキラキラした部分と現実の
泥臭い部分がとても良かった
主人公二人(神木隆之介と佐藤健)も
良かったけど周りの役者が本当
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

何よりキャストが最高
人間模様がリアルに表現されてる
夏の始まりと夏の終わりに観たくなる

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

歌いたくなる踊りたくなる
動物たちが可愛い
夢をもって生きようと思った

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.5

生きていく力
頭も精神力も忍耐力もすべて必要
ただただかっこよかった

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

かなり過激な描写もあってこれが現実
かと思ったけれど多分現実はもっと
酷いものなのだろうと感じた

戦争に出た人たちが脱け殻のように
なっている姿がとてもリアル

観終わっても立ち上がれなくなる映画
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

仕事の出来る女のカッコ良さ
仕事ありきの女の人生
子育てと自分の時間と。
仕事を頑張ろうと思える映画

何者(2016年製作の映画)

3.2

就活真っ只中の時に観た
こういう人いるなぁ~という感想
展開は凄く好きだった
最後の終わり方も好き
ただ良い気持ちになるわけではない
色んな意味で人間らしさは感じた

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

初っぱなからワクワクする
踊りたくなる
人生、生き方について考える
夢を追いかけることの大変さと楽しさ
何回もみたくなる

うさぎドロップ(2011年製作の映画)

4.2

芦田愛菜(リン)がひたすらに可愛い
松山ケンイチのパパ感の無さ
それがまた良い
父と子ではないことのお互いの距離感
子育ての大変さ
子供の純粋な心
親の偉大さ
心が暖まる。ハンカチ必須
原作を見ていな
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.4

観た後、動けなくなる映画
幸せについて考えさせられる映画
家族の意味と意義
安藤サクラが汚なエロい
松岡茉優がひたすらに可愛い
キャストの演技の上手さに圧倒される