Mariaさんの映画レビュー・感想・評価

Maria

Maria

らいおんウーマン(2016年製作の映画)

3.5

最後泣けた。人と違うのは大変なことだと思うけど理解者がいてくれることと自分が強くいればなんとかなる。なにかの変化が必要な時も来る。この子の父親はすごく不器用だったけど娘を愛してて最後にそれに気づけて良>>続きを読む

BOYS(2014年製作の映画)

3.0

初めてオランダ映画って見た。純愛物語。青春。映像きれいだったし、音楽も良かった。特に内容は深くないけど、軽くLGBTの映画を見るにはいいかも。

レディー・ガガ:Five Foot Two(2017年製作の映画)

3.5

こんなにかっこよくてみんなに愛されてるレディーガガが日本を愛してくれてることが嬉しいね。そのままであり続けて欲しい。

バレンタインデー(2010年製作の映画)

3.0

なんかついていけなかった覚えがある。
集中すればついていけたのかもしれないけどついて行くほどの内容でもなかった。

ピクセル(2015年製作の映画)

2.0

やっぱりSFは気持ちが入らない。あ、入れなくていいのか。

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

見たことあって見直してみたらなんか思ってたのと違くてバツイチの綺麗なおばさんと隣に住んでるしかも人種の違うおじいちゃんが恋に落ちるわけない。たしかにキスは恋に落ちたわけじゃなくてただのコミュニケーショ>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.5

親子愛と特に東京の人間が抱える闇を描いた物語。最後はなんとも言えないいいエンディング。渋谷がそのまま描かれてて懐かしかった。

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄(2011年製作の映画)

3.0

ここ行ったことあるからもう心が痛かった。これが現実。でもこういう歴史があったからこその今でそう思うと感慨深い。

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

2.0

途中で寝ちゃったけど最初はレゴで全部出来ててすごい感動して見入った!レゴを身近にやってる友達がいて興味を持ったから観てみたけどすごい!私もハウルの動く城とか作ってみたい。

ペーパー・タウン(2015年製作の映画)

3.5

ずっとカーラが出てたから観たかった作品!ヨーロッパでそこらじゅうで広告になっててやっとこ飛行機で観れた。カーラのおかげでカーラを愛した青年は最後の青春を味わえた。人それぞれの生き方があっていいと思う。>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

もし私が主人公だったら母親を許せるか。かけがえのない時間、青春、若いうちにしかやれないことがたくさんあるから母親は罪だと思う。彼女を思って愛していたらそんなことはしないはず。ひねくれてる。隣人のロン毛>>続きを読む

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

miwaが意外に演技力あった!そしてかわいかった。アバウトタイムを思い出させるような内容だった。最後、、、胸が苦しくなった。

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

安藤サクラ最高。日本に一時帰国してた時に地元で給料がいいバイト探してたら松屋が出てきて深夜にずっと働いてたから、こういう人たちたくさん見てきた。歯痒い毎日を過ごす東京に住む人たちをリアルに描いてたし、>>続きを読む

ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

4.0

Provenceを通ってBarcelona、Lyon方面、Parisの方までRoad Tripをしたことがあるから行ったことあるところ、例えばProvenceはまだ記憶が鮮明だったから通ったことある道>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

すごく現実的だからいろんな立場になって考えさせられて、よく頑張って考えてみるけどやっぱり難しくて、、でもまず難聴を公立学校に入れる親とそれ相当の対応をしない教師の大人たちが悪いと最初思った。まだ右も左>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

2.0

中学のときお泊まり会とかで見て怖すぎて無理だったけど昨日ドイツ人と改めて一緒に見たらなんか全然怖くなかった(笑)幽霊とか全く信じてないよね、、なんだろ、なんか逆に面白かった。

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

-

It's really hard to describe what I felt in this movie. I always try to figure out what the movie wa>>続きを読む

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

-

こういう少女漫画が映画になったやつあんまり見ないけどなんかよくある恋愛ものじゃなくて面白かった!!

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

-

うつ病は心の風邪で誰でもなる可能性があるんだって、、でもやっぱり日本人にそういう人が多いんじゃないかな〜日本人だからじゃなくて日本でこういう環境にあるからかな〜自殺率が高い日本ってなんだか寂しいよね、>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

マーニーは結局妄想?夢の中?幻想?だったけど、マーニーが強くアンナに会いたくて伝えたいって思ってたから現れたんだろうね。自信をつけたアンナがこれから学校に馴染めていくといいね〜

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

-

すごい現実的なロマンスで見やすかったから見入った。たぶん私より1世代前の人がよく共感できるような映画なんだけど、あの花と一緒にたえこさんの心もぼろぼろほぐれていったんじゃないかな。ほっこりする映画。>>続きを読む

パコと魔法の絵本(2008年製作の映画)

-

かわいくておもしろくて泣けるようなとってもいいお話❤️

バレエ・シューズ(2007年製作の映画)

-

ハーマイオニーからのハリーポッターのおじさんいきなりでてきたから魔法でも使えるんじゃないかと思ったけど笑 服装とか音楽も映像も色鮮やかでかわいくてちょっとフランス映画ぽかった気がする!

>|