じいさんの映画レビュー・感想・評価

じい

じい

映画(25)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

4.0

先日観たランボーラストブラッドより3倍辛い2時間強。

お話としてはやや冗長さが気になりました。
とにかく地獄のような暮らしが淡々と、かつこれでもかと執拗に描写されるのでもう少し簡潔にまとめられる場面
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0

若手俳優さん達は思ってたより良かった。
杉咲花ちゃんの牽引力はさすがだな。
ただ堤監督のシリアス路線はやっぱり私は乗れないかなという感じ。
みんな普通に良い子達だけど掘り下げが甘いからなんか未成年の闇
>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

粗はあれど過度な期待をしなければ楽しめる出来です。後に引きずらない怖さはこれはこれでエンタメとしてはあり。

ただモブキャラの扱いが雑。
どうせ主役級は殺さない(殺せない)んだから、せめてせっかく殺さ
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

4.1

それぞれの俳優陣がそれぞれのポジションで最適な役割を果たしてほんとに美しくあたたかくまとまった良作。
綺麗事過ぎず、でも人の優しさや思いやりあえることの明るさを信じさせてくれる物語が素晴らしかった。
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.3

サキちゃんの優しさ、健気さは暴力的なほどの破壊力。
あんな風に耐えられて、甘やかされて尽くされたら男には逃げ道がなくなる。

しかもその優しさ、健気さの中にほんのすこーし混じる自己陶酔感。苦手だー、こ
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

生田斗真さん、良かったです。
立ち姿とか手の感じとか、やっぱりちょっとむりやり寄せてる感はあるかな。
でも言葉で語らない部分の表現とか肯定されて育ってきた人特有の鷹揚さなど繊細な表現が良かったです。
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

2.0

これはファンタジー?
現代パートはともかく満州パートは台詞回しも美術も心理描写も何もかも薄っぺらくピカピカ。流れている空気が現代そのもの。
宮崎あおいが写真パチパチしてるの見てたらインスタやってるのか
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

光が強けれは強い程、その影もまた濃くなる。
矛盾を抱えたアメリカという豊かな大国の影もまたルースの影と同様なのかも知れない。
パラサイトで半地下の住人が誰と対立構造にあったのかと同じくここでもまたマイ
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

男子2人は想定内の安定感。
女子2人は未知数だったけど予想以上に良かった。この作品の面白さは姉妹チームに負うところが多い。
ちょっと対比が誇張し過ぎな気もしたけど面白く観ました。
私も姉妹で仲は良い方
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

俳優さんはいずれも良かった。
二宮和也、取り調べシーンは圧巻です。
松重豊、さすがの存在感、
大倉孝二、クセ者感、上手です。
東風万智子、ヒステリー演技、良かったです。
酒向芳、「怪演」という言葉の広
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.0

日本にはまだ侍がいたんだ、という作品だった。

私は関東に住んでいるがあの時、ほとんどの国民がそれぞれ自分とごく近い範囲のことにしか意識を向けられなかったその時に、生命を賭けてこの深刻な事態をなんとか
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

4.1

たくさんの人に愛されていたのに、愛していたのに、それでも幸せになれないのは辛いなと思って観ていたけれど、最後のステージのシーンでやっぱりこれはこれで一つの幸せな人生だと輝きを見せつけられた。救われた。>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

そんなにショックシーンは無いのでホラー苦手な方でも観られると思います。
ホラーというより怖い童話という感じかな。ファッションや美術が何気にお洒落で女子受けも良さそうでした。

デルトロ印のキモかわいい
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

手段が目的になってしまい興醒めになることはよくあることだけど、この作品の場合はワンカット撮影(風編集)が最大限の効果を上げていた。

最初は第三者視点で観られていたものがどんどん作品に引き込まれて夜の
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごい映画だとは思う。
でも好きな映画じゃない。

なりすましても、辻褄合わせても拭いきれない貧困のにおい。悲哀と同時に疎ましさも感じさせるソン・ガンホは画面からそのにおいを漂わせていた。すごい。
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.5

上映時間などのタイミングなんやらが合わず上映終了間際に駆け込みで近所の映画館で鑑賞しましたが、これはIMAXで観たかったな。

それはさておき。
カーレースに関する知識はほぼ無いので、だからこそこの分
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ヒネリは無いですね。
主人公は思った通りの危機に陥り、思った通りにそれを乗り越えて、の繰り返しでお話が進みます。

真犯人も、でしょうね、という感じ。
大沢たかおさんはじめキャストの方々はそれぞれ適材
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

3.5

レビューの得点が低いので期待せず観た為かも知れませんが、そんなには酷くない。
低い点数にとどまっているのは期待値が高かったか、舞台のCATSに思い入れが深い方からの評価が厳しいからかなと思います。
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

いつもミステリー物見てもほとんど犯人わからない私でも序盤で犯人わかったのもいいよ。
トリックも穴だらけもいいよ。
ゾンビ菌は誰がなんの為にバラまいたかに触れないのも別にいーよ!
神木君はコメディでも安
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

整合性?リアリティ?
そんなものはジョージに喰わせてしまえ。
まさかこんなに号泣するとは思っていませんでした。

シカゴが思ったより派手に破壊される胸熱な展開、ジョージとロック様の友情、ラルフの末路、
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前作とは作風もベクトルも全く異なりますが、続編として立派に成立している点を評価したいです。

前作には不満があった原作サイドとの折衷路線というか和解篇という趣きでした。
シャイニングを持たない私のよう
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.8

白石和彌監督作品にしては“静”な印象の作品でした。
しかし、前半からそれぞれの登場人物にどこかしら不穏な陰が見え隠れし、そのなかで音尾琢磨さんがぶっちぎりの癒やしキャラでした。音尾さんは私にとって近年
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.0

主演2人の実在感、これは何なんだ、というのが鑑賞後まず一番の感想でした。

実は宮本も靖子も会社にいる時とかは割りと普通の社会人なのに、底に人並みならぬ激情を隠している感じ。
こんな奴らいないでしょと
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

現時点で私にとっては今年のワースト映画です。
瀬々敬久監督の作品はやっぱり私は合わないです。
題材はいつも興味深いだけにとても残念。感染列島の時から変わらない被害妄想全開の展開にただただ気持ちが冷える
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

評価が分かれるのも納得です。

元々不安定なものを抱えていた繊細な心が度重なる不運や理不尽な出来事の連なりにより完全に壊れていく過程を描く、確かによくある話っちゃーよくある話です。

他のレビュアーの
>>続きを読む