おさんの映画レビュー・感想・評価

お

好きな映画は☆3.8以上

映画(622)
ドラマ(0)

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

4.2

なにかに気づく瞬間が1番幸せだから、その幸せを感じて欲しいから、早く気づいて欲しいと願いながらずっと秘密にするんだと思う

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

絶対に観たくないと思っていた映画、絶対に苦手だと思っていた映画。
“映画は綺麗事だけじゃないと言い張る捻くれ者にこそ見てほしい”とのレビューを見てしまい、覚悟を決めて鑑賞。

・“正しいことと親切なこ
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.3

イタリア映画お馴染みのSNSの表現方法はいいと思うんだけど、あまり合わなかったなぁ。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

子どもが自分のものじゃなくなる瞬間、そして父親がおじさんになる瞬間。
痛いほど重なるから勘弁して欲しいなぁ。
話すことができないくらい泣いてる父親の顔を思い出した

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

これは、、、、やられた。
なぜデッドプールで泣いたのか。
やられた以外の言葉が見つからん。
ダメ男を導く賢母の偉大さたるや。
弱いんだよなぁそういうシーン。

でもでも、デッドプールならではの悪ふざけ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

ケヴィン・スペイシーの緊急降板による代役とは思えないクリストファー・プラマーのクソ傲慢大富豪のファッキン演技。褒めるしかねぇ。

そして本当にあった、奇跡体験、アンビリーバボー!なお話。

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.1


うん!おもしろい!つまんない!
それ以上でもあるしそれ以下でもある

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.7

桜と菜の花が咲き乱れる並木道に1人たたずむ喪服姿の主人公。
命の始まりと終わりが混在する中で一歩踏み出す主人公の笑顔がとってもよかった。

「わたしはずっと、その四月の中にいた。」
自分だけ時が止まっ
>>続きを読む

シューマンズ バー ブック(2017年製作の映画)

3.5

酒には文化的背景が必ずある。酒に文化が着いてくることもあるのだろう。
アメリカのバーが暗いこと、キューバの新瓶を開けたときのしきたり、そして日本のテーブルチャージも。

内向的な日本のなかでバーテンダ
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

4.1

あ、すごい好きこれ、、、。
コンテストで歌った曲のサビで全身に鳥肌立った。あのなかなか収まらなかった鳥肌は忘れられん。
僕の最大級の「そうきたか!」を差し上げましょう。

主人公で娘のパトリシアも祖母
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.2

気持ちの移り変わりとかストーリーとかよくわからんとこは多かったけども、松坂桃李はやはりただの2枚目俳優と呼ぶには惜しい俳優さんだと思った。主人公は大学生という設定なのに30手前の松坂桃李を起用している>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.6

供給がLIONS GATEということで、こりゃばっちりエンターテイメントに脚色してくるぞ〜と思って少し引き気味に見始めたが、この映画に関してはLIONS GATE的な脚色が割と奏功している気がした。>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

数えきれないほどのアニメキャラクター、映画キャラクター、ゲームキャラクター。
名だたるアクションスターが豪華に共演したエクスペンダブルズやアメリカが誇るコミックヒーローが大集結したアベンジャーズもやべ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.3

救いのない結末なんて言っちゃいけない、彼女が選んだ道なのだから。
いつかたどり着けるはずの平和と正義への道は絶望するほどに暗く遠い。
正義の鉄槌を下すのは神ではなく人間であり、最後まで人間としての責任
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

とってもよかった。
自らの信念に従い、周りの雑音を振り払うように仕事に生きる。こんな大人になりたいなぁ。

このベトナム戦争の暴露からウォーターゲート事件に繋がるとは、、、、最後の編集も上手いですね。
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.6

完全にアリシア目当てだったからカッコいいアリシア見れたのはいいとして、その他に関しては茶番すぎオブザイヤー受賞。
茶番オブザイヤーに加えてハリウッドの奴らがテキトーに勉強してバカなもん創ったオブザイヤ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

スパイ映画はこうでなきゃ。かなり満足。
モグラが判明し、部屋で1人葉巻をふかし、監獄の中で広い自由を求めた男の尊い最期を見たと思った。
そしてそこからさらに転回し、壮大なラストへ。

セルゲイ・ポルー
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.7

面白かったです!

リーアム・ニーソンが拳銃持って、逆に乗客たちから疑われ始めたくだりはフライトゲームかよって思いました。

オープニングの日常生活が重なっていくシーンかっこよかった。
オープニングも
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

“言葉の魔術師”とは饒舌で変幻自在に言葉を操る者ではなく、魂を言葉に乗せて言葉を武器にできる者だと思った。
だからこそ声のない者たちの魂の叫びを聞いて僕は涙が出ました。

リリー・ジェームズ演じるタイ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

人は自分に足りないものをなにかで補おうとする。
会社をクビになったゲイの男は話し相手を求め、自分を認められたい男はキャデラックを買い、声を失った2人は愛を求めた。
イライザが彼と私はなにも変わらないと
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.9

人一倍頑固で、人より優しいとも言えない。
だが、自分の信念に従って全力で生きている人は“思いがけず他人の人生に影響を与えている”ことがある。
他人に奉仕し、成長を与える人とは異なった偉大さがあると思う
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.0

カナダで最も有名な画家と言われるモード・ルイスの物語。
展開としては割とあっさりしてるし2時間以内に納まっているのにも関わらず、2人が見つめ合うだけで、手を取り合うだけで涙が出てしまうのはサリー・ホー
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

パリ行きの列車で起こったテロ。
命を賭けて多くの命を救った3人の若者。テロが起こった列車で本人たちが演じているのだが、心からかっこいいと思った。自分の語彙力の無さが腹立たしくて仕方ないですが、列車のシ
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.6

誰もが知るであろうウォーターゲート事件。そしてアメリカ史上最強の内部告発者と言われる“ディープ・スロート”。
FBIの独立性を守ろうとする時、国家に仕えるとは誰に仕えているのかを強い信念で見直さなけれ
>>続きを読む

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

3.2

漫画原作ということで仕方ないような気もするが下品すぎる、、、。「スーパーバッド 童貞ウォーズ」みたいな感じ想像してたのに、、、。
池田エライザはかわいいし林遣都の演技力は楽しめました。

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.8

9.11でハイジャックされた飛行機は4機。2機はWTCへ激突、1機はペンタゴンへ激突、そして唯一目標に到達しなかったユナイテッド航空93便。

映画前半は航空局指令センターや軍の混乱。いきなり通信が途
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.6

これが実話だなんて。映画をただ1人のもうこの世にはいない人間に捧げるっていうことはこれほど価値があると知った。
世界から消えても伝えられることはある。

高橋一生の表情は素晴らしいと思います。怒りや戸
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

歌のシーンはどれも最高。ハズレなし。
この曲が1番好き!って言いたかったけどどれも良すぎて決められないほど。
体が熱くなり、息をするのを忘れた。
手拍子とともに自分の鼓動が高鳴っていくのがわかって気持
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.2

欲望を持った大人たちが全てを狂わせ、純粋な子供たちはそれに巻き込まれる。
大人と子供の境目が“先生と生徒”ではないところが面白いと思ったし、それが身長に顕著に表れてわかりやすくしている点もいいと思う。
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.1

暖かい気持ちになれる良い実話です。
孤独に伝統に抗う気持ちや、子を想う親心、そして失った信用を取り戻そうとみんなが静かに闘っている。

「ルビー・スパークス」をフラッシュバックさせるゾーイ・カザンの天
>>続きを読む

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

3.4

ジョセフ・ゴードン=レヴィット×スカーレット・ヨハンソンなんてそれだけで見る価値がある。そしてあのジュリアン・ムーアの使い方はめっちゃ贅沢だけど大正解な気がする。演技力が物を言う。

内容、ストーリー
>>続きを読む

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

3.7

マシュー・マコノヒー太り過ぎだしハゲすぎ!!(褒めてる)
ダラスバイヤーズクラブでもやばかったけど、ほんとに役作りハンパないなこの人は。

“全てが逆転するラスト10秒”のコピーで宣伝されていましたが
>>続きを読む

>|