Rihoさんの映画レビュー・感想・評価

Riho

Riho

映画(127)
ドラマ(0)

しあわせのパン(2011年製作の映画)

4.0

内容忘れたので見直し。

「色んな人が集まってきて、色んな人生が見える場所」、そんな場所はすごく素敵だなと感じた(深夜食堂も一緒にレンタルしたのもあって)

“誰にでも1人から2人になる瞬間がある”
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.3

たまにふと、そういえばこれ生田斗真なのかって思わせられるくらいリンコさんはリンコさんだった

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

4.0

“大事のは何を食うかじゃなくて誰と食うか”が心にしみた、、、私の家の近くにも深夜食堂あればいいのになあ

焼肉定食美味しそうすぎてレシピを調べてしまった

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.0

最後の空港でいろんな人たちがそれぞれ会いたかった人に再会できたシーンがすごく好き

すべては君に逢えたから(2013年製作の映画)

3.5

目が覚めたら横にプレゼントが置いてあったときの、あの心が躍るようなワクワクがとっても好きだから今でもサンタさんにきて欲しい笑

倍賞千恵子の声はホッと安心できる

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.3

これまでのハリポタシリーズと関係する伏線が敷かれていたり、ホグワーツとかハリポタでおなじみの呪文とかが出てきたりしたことも含めてうわぁぁぁと叫びたくなるような内容でした。ニュートが前作よりもかっこよか>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.8

実際に会うだけに限らず、何かしらの形で誰かの人生に少しでも関わることは時にその相手にすごく大きな影響を及ぼすこともある。だからこそ誰かと出会う、関わるっていうことにはきっと何か意味があるんだろうなーと>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

SNSって身の危険を引き起こす恐れもあるし、何かの手がかりを見つける可能性もあるし、使い方次第で色んなことが起こるツールであってだからこそ慎重に使わなきゃなーと感じた。まさに現代らしい映画、新感覚

ネバーランド(2004年製作の映画)

3.7

いつまでも夢を持ってそれを信じていたいと思える作品。実際にあるかどうかじゃなくて信じることに意味があるんだというのは忘れたくないなあ

フレディハイモアの吹き替えの声優さんがチャーリーと同じ人で、ジョ
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.2

誰も悪くないのにみんなが辛い思いをしなければいけないことがすごく悲しくてずっと泣けた、、

でも最終的にビリーにとってなにが一番いいのかということを考えた上での結論が出せてたのは、きっといい親なんだな
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.3

自分は特に反抗期とかではなかったけど、家族でいろんなことあったなーって少し懐かしさを感じた、先生の奥さんが「何があったか知らないけど、時間が解決してくれるわよ」って言ってたのがグッと来た

ネイディー
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.0

思わずこう終わるのか〜〜って呟いてしまった素敵な話でした

アンコール!!(2012年製作の映画)

4.0

マリオンのいないベッドで湯たんぽを置いて手を添えてるアーサー、愛だなーー

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.3

レイトショーで人少ないし、1人で見たので人目を気にして笑いをこらえようとしたけど、それでも普通に笑った、最後は泣いた、イイ

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

4.3

テンポがとてもいい、ジュリアロバーツとても美しい、総じてとても面白い!

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.7

自分だけじゃなくて誰かのために生きていたいと思える作品

>|