すなさんの映画レビュー・感想・評価

すな

すな

映画(1001)
ドラマ(9)
アニメ(0)

ボディ・スナッチャーズ(1993年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃおもしろいのかよ
映像が冴えている、尺よし
こういう映画ばかり上映していて24時間出入り自由の映画館ほしい、ポップコーンも食べ放題にしてほしい

ブラックアダム(2022年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

中盤までまあおもしろいくらいだったけどクライマックスはアガらざるを得ない場面が多くおおむねサイコーでありました
ピアースブロスナン最後まで裏切ると思っててごめん
ブラックアダムの復活に呼応するかのよう
>>続きを読む

キートンのセブン・チャンス/キートンの栃麺棒(1925年製作の映画)

4.3

坂道を全力疾走する人間ってあんまり見ることが出来ないからいい機会でした

隠された記憶(2005年製作の映画)

-

深夜2時から観る映画ではなかった
またみる
ハネケ、全部みたぜ

ワンダラーズ(1979年製作の映画)

4.4

時代が病んでいる
口笛を吹く度に仲間が増えていくところかっけー
終わりかたすき
祝いの最中に悲しいことに出くわしたときの落ち込んでるけど雰囲気に合わせて楽しんでる風をやる感じ

(1974年製作の映画)

-

さすがに美しいけど文化的な教養がなくてごめん

リバティ・バランスを射った男(1962年製作の映画)

4.7

おもしろ
たった120分でこんなに応援したくなる人がでてくる映画あんまりない
エプロンつけたままなのかっこいい
ステーキおいしそうすぎ

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

4.6

良い
フェーズ4の作品って面白いけど敵にもある程度感情移入できる余地があってヒーロー映画の醍醐味と言えるバトルシーンがいまいち燃えなかった感じがある
カーンはちゃんとした悪者っぽいから楽しみ

シャドウ・イン・クラウド(2020年製作の映画)

4.0

まっすぐ戦時中のモンスターパニックものとして話を進めてくれた方が好きになれたと思う

バッドガイズ(2022年製作の映画)

4.7

こんなに面白いならもっとはやく言ってよ
吹き替え良かったけど字幕でみたい
ズートピアよりケモナーに続く道幅が広めに舗装されている

プロメテウス(2012年製作の映画)

4.6

すばらしいわくわくSF
2001年が大好きなんだろうなリドリースコットは
日本のレビューサイトとIMDbの評価の差はなんだ

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

3.7

底の深いところでチャポチャポ浮いてるアングル海洋恐怖症になるくらいこわい
マヤ文明関係なさすぎる

ファニーゲーム U.S.A.(2007年製作の映画)

-

ナオミワッツが美しすぎて暴力を理不尽に押し付けられる不快感が霞んじゃってるところがちょいちょいあった

バーバリアン(2022年製作の映画)

4.4

ドキドキしました
狭いところで襲われるのほんとやだ

浮草物語(1934年製作の映画)

-

よかったです
音声版の方が眠くならなさそうだけど違和感がある

バッドサンタ(2003年製作の映画)

5.0

ありがとう
クリスマスの曲がいっぱい聴けてお得だし、なにより調理シーンがある
あきれるほどの傑作

RRR(2022年製作の映画)

4.8

タイトルの出方かっこよすぎる
インドにもロバートロドリゲスはいたんだね
虎に乗ってたら満点だった

草の上の昼食(1959年製作の映画)

-

感情は科学を粉砕する
畑に寝転びながら酒飲める暮らしいいな
ラストの走りおもしろ

神様なんかくそくらえ(2014年製作の映画)

4.6

友達がこうなっても幸せならOKですって言えるかな
いずれ引くくらいの傑作を撮るのが確定してしまっていることでお馴染みの兄弟
音楽で居心地の悪さと不快感を表現するのすこしずるい気もするけど最強だ

バーン・アフター・リーディング(2008年製作の映画)

4.4

おもしろい
ブラピの水の飲み方、馬鹿の考える賢そうな素振り

血の祝祭日(1963年製作の映画)

-

パンツがデカすぎるところ以外特に響くものが無かった

>|