IKさんの映画レビュー・感想・評価

IK

IK

映画(456)
ドラマ(0)

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

5.0

素晴らしい。
素晴らしくてかなわない。
素敵。

言葉の難しさと、重みと、大切さを感じた。セリフが多くて早いから、理解するのが難しいんだけど、内容が深くて面白くてすごく感動した。大泉洋はこうやってたく
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.4

福田節炸裂。佐藤二郎と大賀の2人がほんとやばかった(笑)
ヨシヒコ感は否めないけど、ラブストーリーっていうジャンルもできるんだっていう新しい発見でもあり。泣くほどではないけどちゃんと感動もしました。
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

全ての音がリズムになって音楽につながる演出にワクワクして感動した。最高。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

「映画にメッセージ性を求めるな」って誰かが言ってた。是枝監督はドキュメンタリー出身の監督だから、伝えたい、届けたい内容があるんだと思う。この映画に限らず、いつも見終わってから深く考えさせられる。こう言>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

どんな人にも見てほしい映画。共感できてもできなくても、理解できてもできなくても、見る価値のある映画だと思う。女も男も、若者でも中年でも、子供のいる人もいない人も。
なんか言葉ではうまく言えないので、す
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「日本で一番悪い奴ら」とストーリーが少し似てるところがあると思って調べたら同じ監督だった。2作品とも正直言って結構好き。警察なのに違法な操作してて、目指してるところが何かわからないけど、信念持ってやっ>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

見終わってたらシュワちゃんの息子と知って驚いた!くっそイケメン。身体ムッキムキ。
病気ものって感動するのは確実だし、しかも父親と娘の2人家族っていうより泣かしにくる設定っていうのにまんまと引っかかった
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

昔からバッドエンドってどういうのだろって何度も考えたことあったけど、これが一種のバッドエンドなのかなって思った。誰も報われてないというか、なにも生まれないというか、敵も味方も不幸で終わるみたいな。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

久々に映画見て、久々にこんなワクワクしっぱなしの映画で、ほんと映画って最高って改めて思った。
スピルバーグが自分の作品のオマージュなら自分でやるしかないって言ってた理由がすごくよくわかった。ゲームとか
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8

ソーとロキの"助けて"のやつがロキ好きとしてはたまらんし、ソーとハルクの掛け合いも最高に面白くて可愛くて、今回はコメディ要素たっぷりですごく面白かった!毎回マイティ・ソーは絶対的に面白いから素晴らしい>>続きを読む

曇天に笑う(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

思い通りの展開で思い通りの面白さだった。アクションシーンは楽しめた。福士くん始め出てる俳優がイケメン揃いでそれだけで十分な映画。内容は都合良くできてる感が否めないし、ラストで結局敵がいいやつになったと>>続きを読む

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

3.5

想像以上のクソ映画だったけど、クソ加減が潔すぎるし、全員イケメンだし、目の保養になるし、そういう意味では面白く見れた。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

いい意味で予想外で、予想以上の美しさと、予想外の内容というか。裏切られまくりで唖然として背筋ピンとなるほど全てのシーンが見逃せなかった。
「パンズ・ラビリンス」を思わせるようなグロテスクなシーンが多か
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

予備知識なく見ました。冒頭10分ほど見てないと思う。

話題になるのわかる気がする。ヒトラーとかユダヤ人とかドイツの歴史全く知らないけど、なぜかこの人がすごい影響力があって、才能のある人なんだって言う
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.2

しょーもないし、夜中に見たからクソ眠くてあんま覚えてないけど、可もなく不可もなく?て感じ。
それにしても、アランリックマンはこんな頭でもスネイプ先生にしか見えない。

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.7

途中からの無理矢理感は否めなかったけど、それでも終始緊張感のある演出で、サメの恐ろしさにずーっとハラハラさせられる。86分だったのを終わってから知ったけど、とんでもなく長く感じた(いい意味でも悪い意味>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1

まさかこんなにいいとは。注目されるって本当に理由があるんだなって毎回思う。
安藤サクラのボクシングシーンがかっこよすぎる。めちゃめちゃ練習したんだろうなって思った(笑)
ラストシーンからのクリープハイ
>>続きを読む

>|