IKさんの映画レビュー・感想・評価

IK

IK

映画(432)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

久々に映画見て、久々にこんなワクワクしっぱなしの映画で、ほんと映画って最高って改めて思った。
スピルバーグが自分の作品のオマージュなら自分でやるしかないって言ってた理由がすごくよくわかった。ゲームとか
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8

ソーとロキの"助けて"のやつがロキ好きとしてはたまらんし、ソーとハルクの掛け合いも最高に面白くて可愛くて、今回はコメディ要素たっぷりですごく面白かった!毎回マイティ・ソーは絶対的に面白いから素晴らしい>>続きを読む

曇天に笑う(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

思い通りの展開で思い通りの面白さだった。アクションシーンは楽しめた。福士くん始め出てる俳優がイケメン揃いでそれだけで十分な映画。内容は都合良くできてる感が否めないし、ラストで結局敵がいいやつになったと>>続きを読む

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

3.5

想像以上のクソ映画だったけど、クソ加減が潔すぎるし、全員イケメンだし、目の保養になるし、そういう意味では面白く見れた。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

いい意味で予想外で、予想以上の美しさと、予想外の内容というか。裏切られまくりで唖然として背筋ピンとなるほど全てのシーンが見逃せなかった。
「パンズ・ラビリンス」を思わせるようなグロテスクなシーンが多か
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

予備知識なく見ました。冒頭10分ほど見てないと思う。

話題になるのわかる気がする。ヒトラーとかユダヤ人とかドイツの歴史全く知らないけど、なぜかこの人がすごい影響力があって、才能のある人なんだって言う
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.2

しょーもないし、夜中に見たからクソ眠くてあんま覚えてないけど、可もなく不可もなく?て感じ。
それにしても、アランリックマンはこんな頭でもスネイプ先生にしか見えない。

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.7

途中からの無理矢理感は否めなかったけど、それでも終始緊張感のある演出で、サメの恐ろしさにずーっとハラハラさせられる。86分だったのを終わってから知ったけど、とんでもなく長く感じた(いい意味でも悪い意味>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1

まさかこんなにいいとは。注目されるって本当に理由があるんだなって毎回思う。
安藤サクラのボクシングシーンがかっこよすぎる。めちゃめちゃ練習したんだろうなって思った(笑)
ラストシーンからのクリープハイ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

うまく行きそうでいかないし、いろんな感情抱いてるくせにうまく言葉にできないし、イライラともどかしさをすごく抱かせておいての、松岡茉優の可愛さとぶっ飛んだ演技にやられた。評判はよかったけど、まさかここま>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1より好きかも。このB級感。
深く考えずにアクションかっけーって感じだけで見れるし、しかも面白いし、最高。死んだ人が復活してるのが、もうなんでもありじゃんってなるけど、それはそれで次回作どんなのになる
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.5

ゼミのフィルム上映会というイベントで、今更ながら。名作と呼ばれる映画をフィルムで見ることができるなんて、本当に貴重でとてもいい経験でした。
昔の映画だからなのか、ビートたけしだからなのか、カタコトの日
>>続きを読む

ウエスト・サイド物語(1961年製作の映画)

3.4

名作って言われてる作品にしてはあんまり響かなかった。今の時代になって見ちゃうと、ストーリーも結構急だったりする。ただ、歌とか踊りはめっちゃかっこよかった。尺が長くても飽きずにずっと見てられるところがす>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

3.5

ラップかっこええ!!エミネムかっこええ!!ハマりそう!!これはしばらく聞くやつだ……

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.8

福田監督の作品は多少見たことあるから、いつもと同じ内容なんだろうなと思ってたけど、それでもやっぱり面白くて爆笑してしまうのは何故だろう!賀来賢人と吉沢亮がツボすぎた。中二病似合いすぎ、、

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

クライマックスの戦闘シーンで寝てしまったからこの手の映画はもう向いてないのかも…。途中までは普通に面白かったのになあ。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画が好きな人こそ感動できる映画音楽のドキュメンタリー。映画音楽の知識なんて全くなかったけど、「ああ、この人がこれもこれも、、」ってどんどん幅が広がっていくし、作る過程の話も光景も見れば見るほど感動す>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.5

思ってた以上にいい映画だった!爽快!
オリーブの可愛さの破壊力。あの子の存在だけでこの家族は大丈夫なんだと思う。お兄ちゃんがオリーブが寄り添っただけで大丈夫になっちゃったりとか、メモでお母さんに「ハグ
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

5.0

一言では言い表せれないのはもちろんだけど、本当にいい映画だった。ビリーの笑顔も、家族の愛も、友達のキスも、先生のタバコも。音楽に合わせてビリーが踊る。走ってるようで、戦ってるようで、一生懸命に何かに反>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.4

ストーリーちゃんとあるし、ときどき笑いもあって、でもすごい怖かった。久々にホラーを映画館で見た。ただ、後半からペニーワイズ出てきすぎかな?と、途中からちょっと免疫も出てきて逆に最後まで楽しめました。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

4.2

やーっとヘレナのベラトリックスが出てきた。最高。ハリーポッターでもなく、ダンブルドアでもなく、ボルデモートでもなく、ベラトリックスの杖買っちゃっうくらき好きなんだな。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

4.0

どんどんシリアスな展開になって行くけど、どんどん面白くなって行く。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.0

全てを見てからこの3作目を見返すとスネイプに目がいってしょうがない。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.8

この話の発想自体が斬新でとても面白いけど、今の世の中、現実にありそうな話なのが怖い。ジム・キャリーの大げさな演技の感じが逆にこの映画にぴったり。

>|