EBIFLYさんの映画レビュー・感想・評価

EBIFLY

EBIFLY

映画(40)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.1

ベンジャミンは本当に孤独だったのだろうか。


愛するひとと、最後の別れのときまで一緒にいられたならば、それは孤独ではないと思う。


たしかに普通の人生ならば、一緒に歳を取る幸せも手に入れられたと思
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.9

70歳のロバートおじいちゃんが配属された会社🏢


それは飛ぶ鳥を落とす勢いのファッションECサイトを運営する会社だった!

CEOのアンハサウェイはいわゆるバリキャリ✨

その直属の部下がロバートで
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.6

すっっっっごいぃぃ良かった😭いい映画に出会えた🎬


ワンダー 君は太陽って邦題もよかった☀️

1人の少年がみんなの太陽になっていく物語。



この映画のいいところはオギー(主人公)
だけのストー
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.0

おいおい泣きました!


と、書きたいところなんだけど、あまり感動はなかったかなぁ…😭



まず、原作を読んでしまったこと。原作が良すぎた😌

小説では描かれてる登場人物の心情とかキャラクターが映画
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.6

何がすごいって、もう現実とCGの区別がつかない事にまず驚いた😱

例えば主人公のアリータはCGなのに、現実の部屋で目を覚ます。もう何が現実なのですか……😭

ほんとすごいです!ジェームズキャメロンさん
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.1

こんなに勇気をもらえる映画ってあまりないんじゃないかなぁ🤔?


ぼくも自信が全然持てなくて

周りから「もっと自信持ちなよ!」とか

「なんでそんなに自信ないの?」とかよく言われる。


だからこそ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

この映画はクイーンを知らなくても楽しめる。

ぼくはクイーンの曲を何曲か知らなかったし、どんぴしゃりな世代じゃない。

フレディがゲイであり、エイズで亡くなったと事しか知らない。

ラストのライブエイ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

5.0

こんなに歯を食いしばるほど泣いた事が近頃あっただろうか……。


宮沢りえさんのイメージを覆す熱い熱い母親像が
この映画を引き立てる。


そしてバラバラだった家族?を余命2ヶ月の母が命の炎を燃やしな
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.9

自分にとっては大事な夜でも、誰かにとってはなんでもない夜。本当にそうだ。たった一夜で人生が一変してしまう事もあれば、テレビでも観ながらなんとなく終わってゆく一夜もある。

たった一夜で人生がこんなにも
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.8

一年に一回くらい観直してしまうこの映画。

でも今回は違う理由で見直したのである。

そうジョーカーのため。

間違いなく今回のジョーカーはタクシードライバーをリスペクトしていたし、随所に渡ってオマー
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

はぁ〜素敵な映画に出会ってしまった。

簡単に言ってしまえば黒人差別の話だ。

天才黒人ピアニストは舞台を降りればそこは差別の世界。
しかしこの映画にはしっかりとしたユーモアがある。白人のトニーが見事
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

もう演技じゃない…ジョーカーに全て奪われていく1人の悲しい男の物語といったところ。

1人で観に行ったのだけれど、この映画は1人で観て正解だった。

余韻が凄くて、隣の人とおしゃべりする気にはなれない
>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

3.7

子どもの頃よく、金曜ロードーショーとかその類で放送されてたのは覚えてるけど、真面目に見たのは初!
いやーバットマンよりもジョーカーの異常なまでの怪演!!主人公をかっさらって行ってしまった彼の異常なまで
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.0

最初はベターなラブストーリーかと思いきや、後半から他の方も書いてるように、映画インセプションのようだった。個人的にはストーリー展開が難解で(インセプションも難しい)ラストに向けて色々詰め込まれてるので>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

都市部の満員電車でこんな事件起きたら、パニックになるだろうなぁー…って感じで鑑賞。
やはり年齢の壁は超えられないのかなぁ。。いつものアクションを期待してしまうとちょっと残念。でも電車内という限られた密
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.5

アンブレイカブルを観ずに鑑賞してしまったのが、ダメだったのか、いまいち楽しめずに終了。
前作のSplitがサイコホラー系だったので、今回もそちらに期待したのだが、終始小さな小さな悪いアベンジャーズのよ
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.8

休日にスカッとアクションが観たい人にオススメ!

愛する人と過ごしていたジョンは、妻を病気で亡くし、妻が旅立った数日後、一匹の犬が亡き妻から届く。しかし、マフィアの息子に犬を殺され、元伝説の殺し屋が復
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

素晴らしい作品。それ以外にこの映画を語る事が出来るのだろうか。

セクシャルマイノリティーや、差別、偏見、障害。まだまだ生きにくい世の中で戦っている人たちがいる。

いろんな人にこの映画を観て欲しいし
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.9

マーベルシリーズ(アベンジャーズにも参加)の中でも個人的に単発でかなり面白かった作品。

ダメなお父さんが小さくなって、娘のヒーローになるというなんともシンプルで簡潔なストーリーにも関わらず、感動して
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.0

期待していただけに、そこまで響かなかった印象だったのはすごく残念でならない。黒木華さんのファン(演技力がずば抜けてすごいところが好き)
なだけに、活かしきれなかったのかなぁ…という印象。

樹木希林さ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

前半戦、怒涛のホラー要素満載で、あっ…えっ?待って待って一人で観てる…!といういつものホラー映画特有の冷や汗をかきながらもなんとか後半へ。(映画ヴィジットを彷彿とさせるあのスリリングな感じ)

あれ?
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

過去作を一気見してから、遂に!遂に!エンドゲームまで来た!もう涙腺崩壊…ラストですよ!ラスト!10年の集大成と全マーベルシリーズを網羅してからのエンドゲームの終わり方…。。もう言葉に出来ない!俺、今何>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.8

若者たちの自由を大人たちが奪う。なんとなく個人的にはそんな風に映った。そして若い二人が大きな代償かそれとも自分たちの気持ちかをそれぞれが選択した結果が映画のラストだったのかな。

映像は新海監督の凄さ
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

4.0

最初あらすじを掴みにくかったけど(自分だけかもしれない)後半になるにつれて、この映画がただのアクション映画じゃないと分かる。多くの人が魅了される大きなダイヤに隠された残酷な真実。平和に生きている自分た>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.9

汚職刑事モノとして鑑賞し始めたが、汚職どころでは無かった。刑事が悪よりも悪いのだもの。ただ、たしかに知りすぎてしまったのかもしれないが、事件を未然に防ぐ意味では有能な刑事なのでは?と思ってしまった。狼>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.9

普通って本当になんだろうなと思う。
ただ、どちら側にも必要なものもあって、必要ないものもある。現代にはそういったものが山ほどあって、なかなか見定められない。この家族にとっての幸せの形は普通の生活を送る
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.0

麻薬カルテル系の映画だと思って観てしまった自分を恥じたい。
ロン・ウッドルーフが最後にしたかった事、それは必死に今を生きる事にだった。ゲイのコミュニティを毛嫌いし、酒、ドラッグ、女と廃人のような彼の人
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.9

あまりに不器用で嫌われ者だけど、憎めない。こんな頑固ジジイがクリントイーストウッドはよく似合う。
89歳を迎えたイーストウッド扮する運び屋アール。今まで家族を帰りみず、1日しか咲かない花とその品評会に
>>続きを読む

ブロウ(2001年製作の映画)

3.6

実在した麻薬密売人をジョニーデップが彼に扮し、人生と天国の地獄を描いた今作。ジョニーデップ史上、最高傑作の呼び声高いが個人的にはうーん…。と言ったところ。しかし破天荒で豪遊三昧だった20代から転落する>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

友人に勧められて鑑賞。マカヴォイの演技力は本当に常人を超えていた。本当に24人の人格を持っているかのような圧巻の演技力には脱帽。
ストーリーはホラーサスペンスといったところで、終始暗めではあるものの、
>>続きを読む

メカニック(2011年製作の映画)

3.7

安定のステイサム映画。几帳面で完璧な殺しを行う主人公かと思いきや、意外にも壁登ったり、水に潜ってモリで倒したりと、意外と必死。
スティーブは如何にもって入りから急成長を遂げて、ステイサムもびっくり。
>>続きを読む

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)

3.9

終始ドッカンドッカン大騒ぎな映画。でもそこが魅力で、今日は仕事で疲れたからビールと枝豆片手にサクッとアクションでも観るかーっ!って時におススメ。

主演は主に四人でなかなか豪華。
個人的にリーアムニー
>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

4.0

いつだってスーツでビシッとキメるデンゼルワシントンのかっこよさ。映画ではないが海外ドラマブレイキングバッドのガスを思わせるあの狂気ぶりが最高に痺れる。ラストは意外な終わり方だったけど、そこがまたこの映>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

自由に外に行けて、青空を見て、緑を見たり、海を眺めたり車に乗ったりごはんを食べたり、家族や友人と過ごせる事の意味をショーシャンクの空にはいつも教えてくれる。普通が特別だって事に観るたびに気づいて、今を>>続きを読む

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.5

シリーズ中、唯一お酒を飲んで記憶が飛んで事態を後追いするストーリーではない。(シラフでキリンを…はどうかと思うけども)
最期の反省会とサブタイトルにはあるが、相変わらず反省している時間はない模様。
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

プラダを着た悪魔をリスペクトするようなシーンはすごく良かったし(アナ ウィンター本人出てる)豪華&個性的な面々はぴったりのキャストかと。リアーナはかなりクールだったし、アンハサウェイは本当に美人。
>>続きを読む

>|