rienbowさんの映画レビュー・感想・評価

rienbow

rienbow

独断と偏見により、
4.6〜5.0 : 超好み
4.1〜4.5: かなり好み
3.6〜4.0 : 好み
3.1〜3.5:普通
3.0以下:好みでない♡
2.5以下:不快感♡
(フォローありがとうございます。フォロー返します)

映画(954)
ドラマ(68)

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.0

お金のため、自分の利益のためになら、人の不幸お構いないし動く人たち。あー関わりたくない種の方々ーという感じ。ストーリーは普通にテンポ良く見られます。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.9

こんなラストあるー?と叫びたくなった(叫ばないけど)。マーベルのヒーローものをそれぞれちゃんと見たことない気がするけど、それでも楽しめた!もう少しで手袋外れるーってとこで、何やってんのよってイライラし>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

ハンソロ主役のスピンオフ作品。チューバッカとの出会いが良かった。エミリア・クラークも良い感じだった。特にSW!と意気込まなければ楽しめる映画と思います。

砂の器(1974年製作の映画)

3.3

なんともなんとも。同じ日本でも、生きている時代が違うと、なんか違う(当たり前)。シリアスすぎるのが苦手だからか、あんまりハマらず。上品上等なカスペとか言ったら失礼でしょうかね。情緒に溢れる田舎の風景と>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.7

時代を超えて、世界的傑作とな。
初見で新鮮なのに、苛く懐かしい。
胸にぐっと来る不思議。

時代が変わっても、
血縁と非血縁の家族の関係性、
人間の生活の営みは、
普遍的/不変的なものなのかな。

>>続きを読む

羅生門(1950年製作の映画)

4.2

世界の黒澤作品。
初めてしっかり見た。

羅生門って話違くない?って思ったら、
こちらは芥川龍之介の短編、
「藪の中」が原作の映画とな。

シンプルだけど、面白い。
みんな、良い格好しいしすぎててウケ
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.7

見たことあったやつ、また見て途中で気付くパターン。クリストファー・ノーラン監督作品。ケイティホームズがやたら懐かしかった。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.2

宇宙の映像は綺麗だったけど、男がないわ〜って感じだった。二人が幸せなら別に良いですが。壮大な二人劇過ぎた。

さざなみ(2015年製作の映画)

3.0

実際にこんな旦那いたら、私はいやだ。死ぬまで胸にしまって置いて欲しいわ、元カノのことなんぞ。さざなみっていうか、津波ですわこれは。亡くなった元カノの気持ちまで考えてしまい、とにかく辛い。映画としては映>>続きを読む

この自由な世界で(2007年製作の映画)

3.9

ケン・ローチ監督作品。移民出稼ぎ労働者の現実。弱者を食い物にする弱者。構造的暴力への、監督の怒りと信念のようなものを感じる映画。ダニエル・ブレイクとは違う角度から描いているけど、労働者問題を炙るという>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

パッケージ見たときはあまりそそられなかったけど、ウェス・アンダーソン監督作品と知り鑑賞(単純)。よくある外国人から見た日本風設定だけど、世界観として良く成り立っているし、音楽も良かったし、社会風刺のス>>続きを読む

リーガル・マインド 裏切りの法廷(2013年製作の映画)

2.9

裁判自体はまぁ面白いけど、なんかとても浅い映画でした。かなりサクッと。法廷モノの盛り上がりや見せ場作るって凄いスキルやらいるんだなぁと思った。色々とアル中に至る背景はあるとは思うのですが、アル中とかに>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.3

一人の人間が、同じ人間が、地位や権力で世界を支配できる、ここまでなれるってのが、本当にすごいよなー怖いこっちゃなー世界ってって思う。ヒトラーの秘書のコメント重かった。本当に無知は罪と思う。

アポカリプト(2006年製作の映画)

3.0

なぜこれを見ようと思ったのか〜自分で自分が謎〜になるくらい、野蛮だしグロい!生贄シーンとか恐怖。とってもスリリングで疲れる映画でした。はー世界は平和になってるんですね、文明の発達に感謝。安心して寝れる>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.1

にゅーたいぷ。めっちゃほっこり、くっすりとした。映画館で見るのはどうかなってなりそうだけど、家ではほのぼの癒された。

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

評判良いみたいなので鑑賞したものの、あんまり好きな感じではなかったです。想像以上にグロくて下品で驚いた。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

学校で社会性学んだりって大事だけど、均一化を求めて個を殺す危険性もあるよね。先生たちしょうもなって思う一方、親の子ども味方の姿勢良かった。人の価値はどこで、いつ決まるのかなんて本人だって誰だって分から>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011年製作の映画)

4.0

くだらなすぎて最高でした。声出して笑いました。コメディスパイ映画として上出来と思います。ローワン・アトキンソンの顔芸が相変わらず破壊力すごい。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

4.1

ほっこりした。こんな老夫婦いそうでいないよね〜いるのかな。ベタですが、お互いを結局かばうというか思いやるところが良かった。二人の世界で十分だね、わんちゃんと、幸せだね。

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.7

ヘクター良かったね!と声かけたくなる映画(お節介)。日常に淘汰されて、こういう悶々としてしまう時期ある。旅は良い。listening is loving.という台詞が良かったなぁ。

キャロル(2015年製作の映画)

3.6

テレーズもキャロルも美人すぎる。見ててうっとりな美しさ。ファッションも素敵。時代や社会背景に左右されるLGBT。そんな中、キャロルは苦悩しつつ、信念を持ち生きていて感銘を受けた。

少年と自転車(2011年製作の映画)

4.0

カンヌでグランプリ獲ったダルデンヌ監督作品。監督が日本の育児放棄(ネグレクト)に着想を得て製作されたという。父親に確かめに行くなんて、シリルは強いし勇気のある子と思った。サマンサの彼の、自分とその子ど>>続きを読む

ポリスアカデミー(1984年製作の映画)

3.0

昔見て面白かったイメージがあったのですが、今見たら、いやー何がそんな面白かったのかなーってなんだか逆に悲しくなりました。お下品なおバカ映画です。

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.4

これは前見たことあるやつだった。途中まで見て思い出した。ジョセフ・ゴードン=ヴィレット好きだから、まぁ良かった。眉毛濃いなと思った。年取った方が味出て良いですね。そしてブルース・ウィルスにも懐かしさを>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.4

一番始めのしか見たことなかったけど、こちら鑑賞してみました。トムクルーズに懐かしさすら覚えるって思わんだわ。感慨深い。ハラハラドキドキでテンポも良し!ハントは安心して見れますね。

チェンジング・レーン(2002年製作の映画)

3.6

前にも見たことある映画だった。2002年公開映画だからでしょうか(もう16年前?愕然)、コンピュータでかっ!となりました。いやーベンアフが好みなので楽しかった。競争より協力した方がお互いのため、ってこ>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.1

珍しく、これと言って特記事項なし!な映画。可もなく不可もなく、特にすごく面白いわけでもなく、感動するわけでもなく、ふっつー!笑。妹や弟ができたときの、上の気持ち、ヤキモチはよくわかった。

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

3.8

かっこいいおばあちゃん。おしどり夫婦の雰囲気も良かった。好きなことやって生きる。幸せだねぇって。
"when you are somebady like myself in order to get
>>続きを読む

happy しあわせを探すあなたへ(2012年製作の映画)

3.3

目新しい内容は特にないけど、幸せについての研究を知るのは面白い。いろんな国、いろんな価値観、いろんな生き方。先進国で幸福度最下位の日本として過労死が取り上げられる一方、長寿県として沖縄県も紹介されてい>>続きを読む

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

4.2

結局、こういう素朴な映画が大好き。クセのある主人公ベラと皮肉な隣人アルフィー。人間味あるし、それぞれに合う人はいるんだなって思えて良かった。ラストも好きだった。爽やかな気持ちになれる映画でした。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.9

海の美しさよ。透明感よ。とっても綺麗。自分とは何者か?問いかけて、自分になっていく。モアナと家族とマウイと、キャラも良いし、ストーリーも歌も楽しかった。さすがディズニー、勇気と夢をありがとうな気持ち。

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

3.0

1965年、インドネシアでのクーデター後からの共産主義者虐殺。その行為は今でも肯定され、当時の加害者は今も現体制派にいるという。映画は加害者に当時の虐殺を再現させるという手法のドキュメンタリー。始め誇>>続きを読む

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.5

おバカ映画が見たくて鑑賞。頭空っぽで笑った。アホやー。

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

2.5

前半50分が何この自分語り状態。後半はテンポ良いけど、設定自体がなんか生理的に受け付けないというか、うわ〜なんかひくわ〜って嫌悪感を感じる映画でした。ラストも、はいビックリしたでしょう?的な感じだけど>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.1

バンゴー(ゴッホ)好きにはたまらない映画。125名の画家たちが描いたという62,450枚の絵が躍動していました。どこか懐かしさを感じさせる新しい映画。うねうねの質感、クリーミーな色使い。兄弟愛と、死の>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

じんわりくる良い映画。世界に貢献して名もなく忘れられている人たちのこと、映画で知れるって良いな。50年も最高機密だったなんて。。ラストに色々鳥肌もん。はぁ、でも天才って何かバランスがね、人として生きる>>続きを読む

>|