はむさんの映画レビュー・感想・評価

はむ

はむ

悪なき殺人(2019年製作の映画)

4.2

ある事件を起点に登場人物たちの行動や思惑が「偶然」の名のもとに複雑な繋がりを見せる
スタートは事件なのか、原因は誰なのか、そもそも何が起こっていたのか…鑑賞後に陥る思考の無限ループが新感覚
ラストシー
>>続きを読む

元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件(2020年製作の映画)

3.8

飛行機、高所、雷、海、アイツ…この中に恐怖症があったら大変です(私)
私の場合、これらに「ピンチの時に声を上げて笑うおじさんが近くに座る」というトッピング付きで鑑賞後の疲労感が凄かったです
タイタニッ
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

5.0

いつも誰かの為に夢を諦め、人に尽くし前向きに生きてきたジョージ
そんな彼にも乗り越えられない大きな壁が立ちはだかった時、突然守護天使が現れて…

人生は自分だけのものじゃない、出会う全ての人達と作り上
>>続きを読む

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

4.0

高齢者を食い物にする法定後見人マーラと彼女の背後に忍び寄るロシアン・マフィアの善悪判別不能の一騎打ち
完璧に合法的、なのにどこからどう見ても非道徳な道を突っ走るパイク姐さんに拍手を送りたくなる快作
>>続きを読む

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

4.2

大牧場主のバーバンク兄弟、未亡人のローズとその息子ピーター。
何かに縛られ抑圧された4人の複雑な思いが静かにじりじりと絡み合い、不思議な余韻と共に観る者に様々な解釈を残す。
ローズ役のキルステン・ダン
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

5.0

ファミリーの絆と掟、お約束の裏切り…
一見情に厚いグッドフェローズの、保身の為にあっさり手のひらを返す非情さも何故か憎めず、何でもない挨拶のように突如噴き出す暴力には興奮すら覚える。
♪Sunshin
>>続きを読む

瞳の奥の秘密(2009年製作の映画)

4.8

裁判所を退職したベンハミンが25年前に担当した未解決殺人事件のことを小説にしようとする現在と事件当時の過去を行き来するサスペンス
タイトル通り登場人物一人一人の瞳によって紐解かれていく謎、その展開、衝
>>続きを読む

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ(2021年製作の映画)

3.3

精神を病み、家から一歩も出られないアナ
通りの向こうの家族の様子を盗み見るうちにある事件を目撃して…
彼女が見たもの聞いたものが果たして現実のものなのか、徐々にわからなくなる展開に不安が増す
どこかク
>>続きを読む

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

4.3

ある日突然自分の愛する人も、彼女との思い出も全て消え、全く別の人生にすり替わってしまったら…
何とか元の世界に戻そうと奮闘するラファエルの心に起こる変化が面白い
自分が望まない世界で生きる親友や愛する
>>続きを読む

ル・コルビュジエの家(2009年製作の映画)

4.3

ル・コルビュジエが設計した家に住む男と、突然壁に穴を開け窓を作ろうとする隣人
男の「覗かれるのが嫌だ」という正当な主張に見えた言い分も攻防の過程で徐々にその正当性が揺らぐ
豊かなこと正しいことを皮肉る
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.2

理屈なしに面白い!好き!
序盤からチラチラ見せられる伏線をダイナミックに回収する計算し尽くされた展開にジャズセッションのようなスリリングなスピード感、「カッコイイ」のお手本のようなイケオジたちの台詞や
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.5

久しぶりに顔を合わせた高校時代の友人6人
口を開けば、恐らく優等生っぽい女子からは怒られそうなバカにされそうな、本当にバカな思い出話ばかり。
でも雑魚寝しながら話したそんなバカ話が彼らの今を支えている
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

3.9

近未来、第3次大戦後のパリ
廃墟化し地下の生活を強いられる人類の存亡をかけタイムトラベルをする男の物語
モノクロスチールのモンタージュで構成された説明の少ない映像は観る者の想像力をよりかきたてる
時間
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.9

音に反応して人を襲う「何か」に壊滅状態にされた世界で声を潜め身を寄せ合い生きる家族のサバイバル
これをやっちゃダメ、と言われるとどうしてもやりたくなる性分(加えてガサツ)なので、私はこの世界では1日と
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

3.8

この後二次会に行くのか、明日は何をするのか、 誰のことが好きなのか、将来は…まだなんにも決まっていない
そんな混沌とした気持ちの集合体のような街 、それが下北沢という街だと思った
そんな一人一人の行き
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

3.7

『不思議惑星キン・ザ・ザ』を観て私も異星人に喜ばれる歌の一つも歌えるように、「サルめロバめ」と蔑まれても文明星の代表として断固として抗議できるように、義理人情を大切に受けた恩を返せるようになりたいと思>>続きを読む

G.O.R.A. 絨毯は宇宙を救う!?(2004年製作の映画)

4.0

突然宇宙人にさらわれた絨毯屋のおじちゃんアリフが何だかんだ宇宙人をやり込めた上に超美人の彼女をゲットして地球に帰るよー!物語はグズグズだけど、出会う仲間と口説き文句は最高でした!
続編もあるらしい…ト
>>続きを読む

鉄道運転士の花束(2016年製作の映画)

4.2

誰かを轢かないと一人前にはなれない、と信じる鉄道運転士たち
ようやく運転士になったもののなかなか人を轢くことができず悩む義理の息子を身をもって助けようとするベテラン運転士の父親の不器用で不思議でどこか
>>続きを読む

ブエノスアイレス恋愛事情(2011年製作の映画)

4.2

人ごみや閉所、様々な恐怖症を抱えるマルティンとマリアナはまだ出会っていないご近所さん
仕事はぼちぼちだけど恋愛は全く上手くいかない少し面倒くさい二人がぐるぐると回り道をして運命?の人に出会う
“ありえ
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

3.7

優しい作品でした
人生をきらめかせる夢も大好きなものも、充実した仕事も、達成感も、そんなものが見つからなくたって生きていていいんだよ、とそっと肩に手を置かれているような感じ
何をしていてもついつい価値
>>続きを読む

赤ちゃん教育(1938年製作の映画)

3.0

古生物学者デビッドが突然出会った奔放なお嬢様スーザンに行く先々で振り回されまくるお話
何故だか物語の中心にいる豹のベイビーちゃんが可愛い!
ドタバタコメディなんだけどちゃんと伏線も回収されて大団円
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.3

出会いから18年
バカンス先の街で歩きながら交わされる今の二人の会話からは甘い幻想は消え、二人の積み重ねた生活が垣間見える
決定的な別れの言葉を乗り越えたのはやはり18年前の最高の瞬間だ
私たちは時々
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.0

あれから9年
再会した二人がパリの街を歩き始めると再び物語が動き出す
環境問題や恋愛観、人生の不安、少しだけ大人になった二人の話題もあの頃とは微妙に変化し時の流れを感じる
そのうち徐々に封じ込めていた
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.6

途中下車したウィーンで翌朝の列車までの14時間、人生最高の時間を過ごす二人
それでも寄り添って歩いた通りや語り合ったベンチにはいつも通りの朝がきて、訪れた別れの瞬間にお互いが強烈に愛おしくなる
恋愛過
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

4.0

謎の組織によってロボットに改造された父ひろしが家族と力を合わせ、「大日本しつけ直し計画」を掲げる組織と戦う
強い男ってなんだ、とーちゃんってどうあるべきなんだ、なんてことを考えながらやっぱり泣かされて
>>続きを読む

ファイター、北からの挑戦者(2020年製作の映画)

3.5

辛いこと悲しいことをほんの一歩乗り越えるのも、ほんの少しの幸せを掴むのも大切な誰かと一緒だと頑張れるってこと、かな
脱北者たちの現実は綺麗事では語れないと思うけど、ジナという女性を通して見えてくる残酷
>>続きを読む

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人(2018年製作の映画)

3.5

行方不明の息子を探し続ける母親
次々に追い詰められ、誰一人味方のいない彼女の闘いに観ている側の不安はピークに
疑惑の渦中にある人間たちの卑しさや悪意はもちろん、それ以外の“普通の”人々の無関心や身勝手
>>続きを読む

イーダ(2013年製作の映画)

4.0

1960年代のポーランド、戦争孤児として修道院で育ったアンナが初めて会う叔母と共に自身のルーツを探す旅に出る
静かで寒々しいモノクロの映像に映し出されるアンナの虚ろな瞳が、己が何者かを知り自らの歩む道
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.8

人が何かに怒る時、キレる瞬間は突然不意にやってくる
これはそのキレる音が聞こえそうなくらい怒りを爆発させた人たちの6つの物語
それぞれが絶望に陥る瞬間、怒りへ転化するスピード感が絶妙
全てをぶち壊した
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

3.5

暗闇をさまよいながらようやく見つけた光を必死に手繰り寄せるように求め合う二人

恋の始まり方や深まり方など、この恋自体に心を揺さぶられたり共感したりということはなかったけど、そういう一つの愛の形を叙情
>>続きを読む

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

3.5

ヒョンビンが、ヒョンビンが…カッコイイイイイイイ!! 寡黙で無表情でとんでもなく強いイイイイイ!!!
そんなヒョンビンとバディを組むユ・ヘジンの頼りない刑事から熱い男への変貌もたまらない!
反目し合い
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.7

凄腕殺し屋のサミュエルLジャクソンを護送することになった凄腕ボディガードのライアンレイノルズ
行く先々に差し向けられる刺客を互いのスキルをフル活用して倒していくバディ感が良き!
2人の顔芸最高だなぁと
>>続きを読む

茲山魚譜 チャサンオボ(2019年製作の映画)

4.8

カトリックへの迫害の為、孤島に流刑の身となった学者とその島で漁師をする若者
互いに研究への情熱、学ぶことへの渇望をぶつけ合い高め合うことでそれぞれの人生が色づき始める
知識欲や好奇心がもたらす本当の豊
>>続きを読む

ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を/ブラ物語(2018年製作の映画)

4.0

列車に引っかかっていた美しい青いレースのブラジャー
持ち主を探すべく、線路脇に住む女性一人一人を尋ねて回る運転士のおじいちゃん
おっぱいも色々、人生も色々
孤独なおじいちゃんが最後に行き着いた答えが何
>>続きを読む

コウノトリ大作戦!(2016年製作の映画)

3.6

赤ちゃんの配達をやめてしまったコウノトリの宅配会社
手違いで少年ネイトからの「赤ちゃん申込書」が届いちゃったからさあ大変!
コウノトリのジュニアが渋々赤ちゃんを届ける道中には鳩の横槍やらオオカミたちの
>>続きを読む

アンダーウォーター(2020年製作の映画)

4.0

世界最深の掘削現場で起きた大地震により壊滅状態になった基地から3km先の基地へ歩いて脱出を試みる6人
その行く手には謎の生命体たちが待ち構えていて…
深海ならではの視界の悪さと閉塞感でジリジリドキドキ
>>続きを読む