milkshakeさんの映画レビュー・感想・評価

milkshake

milkshake

映画(666)
ドラマ(0)

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.6

ラスボスとお付きの化け物同じくらいの強さ。
下半身は開放した方が頭は回る。
今のところロキの方が活躍。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.2

ミシェル似と思ったら実妹。
強い娘。
一線超えたら重要なのは感情、でも救われない。
死化粧。
食い込む心配無し。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.7

キャラ毎の強弱エグい。
曲者集めるの大変だよが長め。
フェーズ2へ

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.6

女恐い。
アメリカと冠するだけあって戦い中にkiss。
結局小男はダンスに行けない。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

よろしくでーす。
ちょっと。
ポンっ!
モヤモヤさせてスッキリ。
監督を追いかけたくなる作品の出来でした。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.7

すぐ首に注射打つ。
格闘はチャイナがNO.1。
飛ぶとこ見るとやっぱ怖い。
トム映画久しぶりに見たが動き頑張ってるけど、さすがに老けて見た目で引きは無くなっている。

es [エス](2001年製作の映画)

3.9

人こわい
集団こわい
虚勢こわい
個性なんか微々たるもの

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.8

marvel四歩目
弟とは戦わないけど女のこと言うなら別。

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

3.4

空気感は悪くないがそれぞれの登場人物の行動原理がハッキリせずにトントン進むから観終わって残るものは無い、あるとすれば?。
謎が謎呼ぶ謎の男を楽しめるか。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

IMAX3D
前後のバトルは胸熱。
散りばめられた映画・アニメたちが忙し過ぎて全くわかりきらない。
セキュリティ緩々、アナログ、リアルでメンバー集えちゃうはコメディポイント。
叔母さん引きずらない。
>>続きを読む

ストーカー(2002年製作の映画)

3.2

タイトルから思ってたのと違った。
孤独な男の憧れ。
理想を崩された怒り。
ただやっぱり自分勝手、自業自得。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.9

4DX。
両サイドの女性が下ネタで笑ってた。
吹替の新旧流行り言葉は少なくとも入れ方のセンスが良くない。
4DXは以前より違和感なく楽しめた。

ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)(1985年製作の映画)

3.3

巻き込む気無いと言うのにガンガン説明してくるやつ。
マイペースそして肝の据わった女。

マザー!(2017年製作の映画)

3.3

ただ小さな幸せが欲しいところに無神経が畳み掛けて不快さと緊張感が割といい感じだったが終盤は意味だメッセージだあろうがあれを面白いとはならない。

ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986年製作の映画)

3.5

記憶にある一作。
スネ夫の従兄弟天才。
ドラポケ使いこなすしずかちゃん。

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.8

広いであろう街で偶然めちゃくちゃ会う。
結果置いてかれて時をかける少年。
待望の母親が翔んで普通ならトラウマもの。
時間に対して色々過多だけど
ベンジャミンな本線は描けてるからok。
出逢いは別れ、愛
>>続きを読む

ドラえもん のび太とアニマル惑星(1990年製作の映画)

3.2

映画ジャイアンやっぱり好き。
やっと盛り上がってきたと思ったらサクッと終わる。
エコ意識と目には目をと教える。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.0

デイルのキャラは好き。
B級映画のエロい身体つきの女は好き。
88分だけど長く感じた。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.9

パリ、パリ、パリ。
恋の街パリ。
夢の街パリ。
知識人ぶる男、夢見がちな男。
芸術知らんで楽しみきらんな。
懐古主義。
人生は退屈なもの。
雨のパリが一番美しい。

青い春(2001年製作の映画)

3.8

アオハルかよ。
くじょう、あおきがおくじょうにいくじょう。
ずっと立ってたのかな。
曲があってていいね。
衝動がね、抑え難い時期だね。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

真っ直ぐ素直なイライザ。
ポルコ的そして美しく描く。
頭にご褒美おねだり。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.8

プッシーキャット・チャック。
親友のじーさん達、理想に近い形の一つがそこにあった。
女の子判断はどちらでも理解できた。
ビヨンセの子好き。

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.3

悪魔崇拝。
ハイライトは牛殺し。
味無し系サスペンス。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

バカか?問いかけだ。
トイレで抱き合ってこれは怪しいと思ったらただ悲しい。
犯罪犯しても誰も捕まらない。
声の高い父親だと思ってたら母親。
ディクソン段々と愛らしい。
みんな激しいけど誰かを想ってる。
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.2

嫌な予感がする。
この世は不平等だ。
やれるかやれないかの東京。
まだ愛してる、愛してた。
田中哲司は良い。
今日もチャック空いてたね。
あんなん売れるわけねーだろ。
ミイラズ。
世界はそんなもんだと
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.1

フィンの服めっちゃ埃。
実話ベースのずるい終わり方。
緊張感キープ。
そのまま映画館を出て薄暗い街に怯える。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

おばあちゃんがおばさん。
最近の電話デカ過ぎ!
子役の演技が上手い。
雨の代わりに水道でもok。
歌えるなら疑いもありません。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

"行くなといったろ"
ほぼストレート。
人が一番怖いが自分にはSFの範疇。
だから怖さはあまり。
友達っていいね。

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

3.6

安定のヨウジヤマダ。
第2話。
家族の良心のび太夫妻。
西村まさ彦?
あーだこーだ言ったり、なんだかんだするけど結局家族だからってとこが普通で普通に好き。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

Broken Heart
静かーに進む
半歩にも満たないが一歩
女性に困らない家系

>|