ryoさんの映画レビュー・感想・評価

ryo

ryo

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.1

犯人見つけるのがあっさりしすぎてたように感じた。東京事変は本当に素晴らしかった。

GANTZ(2010年製作の映画)

3.0

洋画見る予定だったのになぜ見たのか自分でもわからなかった。ちょくちょくビビるシーンがあってそこは怖かった。



















一番怖かったのはこれ見ながら真顔で飯食ってる自分。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

最初からよくわからない異様な怖さがあった。
自分的には使用人が一番怖かった。

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.5

今までのエヴァンゲリオンで一番スッキリした。
終わり方は自分的に衝撃的すぎた

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.4

不気味だけどこの独特な絵のタッチが癖になってくる。最初のシーンの主人公の母親が巨人たちの子供に遊ばれてるところが自分的には一番怖かった。観たら世界観が変わる。一度は見るべき作品




太陽はとうの昔
>>続きを読む

>|