霜月さんの映画レビュー・感想・評価

霜月

霜月

Summer of 85(2020年製作の映画)

4.5

人として生きて知る痛みの、曖昧で深い部分を丁寧に描いている作品でした。青春の煌めきを感じさせる海の鮮やかな青と愛に翻弄される少年の心情が時に同調していて、時に対照的で。夏という爽やかな季節の残酷さを感>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

4.0

冒頭から手に汗握る刺激的なシーンでぶっ飛ばしてます!!最初から最後まで、物凄いスピード感で進んでいくストーリーに目が離せません!ドムとブライアンの、目に見える形だけでは無い、心の絆に熱くなりました!ラ>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

4.0

1作目に続いて、ハラハラドキドキと刺激を楽しみながら鑑賞しました!音楽があまりかからないので、逆に音楽が付いているシーンでは、気持ちがより盛り上がりました。たとえ法を犯していたとしても、適材適所、人と>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

4.3

ストリート・カーレースが題材で、現実の自分の住む世界とは全く異次元の場所で展開されるストーリーが大変刺激的でした!主人公の危うい立場にハラハラし、視線と、レース交わすことで自然と築かれた友情と絆に心が>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.5

人間であるという感覚が麻痺しているのではないか、そう感じることがある。決められた時間に目覚め、同じ仕事をして、淡々と1日のやるべき事をこなす。それは当たり前の事ではなく、きっと異常な事なのだと思う。し>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.3

何度観ても、心が締め付けられるほど切ない。そして歳を重ねるごとに忘れてしまう、放課後の緩やかな時間の流れとか、居眠りしたくなる午後の教室にそよぐ風のぬくもりとか。そういう記憶の奥底に埋もれていくあの時>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.3

これはきっと現代のサマーウォーズ!
ひとりの少女の優しさと、勇敢な戦いを描いている。
純粋な優しさが疑われてしまう世の中で、多くの人々の背中を押してくれる名作です!

非日常的な快感を得られるような驚
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.9

人間として生きているとどうしても、人間がこの世を支配しているような心地になるのだが、無限に広がる自然宇宙のほんの僅かな部分を独占しているに過ぎないということを改めて気付かされる作品。凡人の想像の、さら>>続きを読む

シンプルな情熱(2020年製作の映画)

3.6

まさに“シンプルな情熱”でした。倫理的、道徳的に捉えれば彼女の行動は批判に値するものかもしれない。けれど、誰も彼女を責めることはできないだろう。型にはめられた倫理観を唱えている人間よりも、彼女のもつ情>>続きを読む

キスから始まるものがたり2(2020年製作の映画)

3.7

シリーズ1作目で懸念していたことが現実になっていた。誰もが経験するような、繊細なことなのだと思う。人生は選択の連続である。誰かにその判断を委ねるのではなく、自分自身で決めなくてはならない。そして人をど>>続きを読む

キスから始まるものがたり(2018年製作の映画)

3.7

主人公のエルと親友のリーが、互いを必要とし、人生を楽しんでいる様子がテンポの良い会話から伝わってきて声をあげて笑いながら鑑賞しました!人間関係は複雑で、特に異性間での友情は周囲との関係も相まって難しい>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.1

遥か遠い昔から変わらない、美しいもの。それは人を大切に思う尊い気持ちや、人間らしさを守り抜くこと。そういう、人間って良いなと思わせてくれる。素敵な家族の、戦いのお話。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

4.0

SNSサイト・Facebookを創設したマーク・ザッカーバーグを主人公として描いた映画。とても不器用な一人の男が、想いを寄せる女性ともう一度“友達”から関係性を構築し直すために奮闘し、結果として世界を>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

3.5

映画スターだった母親の命日に、母親の出演映画鑑賞会に行ったら突然事件が起こり、ホラー映画の世界に入り込んでしまった!?という(色んな意味で)夢のようなストーリーの作品。誰もが一度は想像する設定だけに、>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.8

初ドルビーシネマでした。今までスクリーンで感じていたグレー感のある黒が、真の黒色として現れた瞬間、映像の美しさがより明確に伝わり、鳥肌が立ちました。また立体的な音響設備により市街地戦などの戦いのシーン>>続きを読む

アート・オブ・ラビング(2017年製作の映画)

3.0

自分自身が苦しんだからこそ、愛を求める人々に光を与える存在になれたのだと思う。いつの時代も、世界を変えるために強く生きている人は素敵です。

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

3.6

スーパーシンデレラストーリー完結編。気持ちがぶつかり合いながらもお互いが尊重しあって、パートナーとして生きているところが魅力的。契約という関係性から、心と心で求め合い愛し合う関係性に。2人とも譲れない>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.5

前作の要素にサスペンス的なスパイスが加わって、更にドキドキしながら鑑賞しました。グレイとアナスタシアがお互いを無意識にも必要とし、理解し、ぶつかり合いながらも支え合っている関係性を築いていて素敵だなと>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

3.6

柔らかい皮膚を纏い、無防備にも攻撃的な世の中を生きているのだから、誰にも知られていない傷跡がきっと誰にでもある。その傷を庇う為の壁という距離感を壊し、自らが傷付いてまでその心を救いに行く覚悟のある人が>>続きを読む

早熟のアイオワ(2008年製作の映画)

3.5

声をあげても救われることはない絶望感と孤独。嗚咽すら出来ないほどの状況でも、長女として守らねばならないところのために強く強く生きる姿が本当に痛ましく、苦しくなりました。人はみな、何か他人には知り得ない>>続きを読む

アンダルシアの犬(1928年製作の映画)

3.6

レビューは書けそうにないので、自分用のメモを書きます。一度鑑賞してから、なにかよく分からないけれどこの作品を心の中でずっと気になり続けて、3度、4度と映像を鑑賞しては、調べているうちに夜が明けました。>>続きを読む

背徳の王宮(2015年製作の映画)

3.3

姦臣(悪巧みをする家臣)が主人公の歴史的愛憎劇。王という権力に従う様子から感じる時代感。迫力が物凄いです。様々な想いを抱えた人物達が混じり合うことで起きるドラマの数々に心が傷みました。少々残酷な表現や>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.5

まさに“THE DREAMERS”でした。
いかに何かについて熱く語ろうとも、それを行動にしなければ机上の空論で、夢を見ているに過ぎない。いつまで経っても“大人”にはなれない。社会とは一枚壁を隔てた双
>>続きを読む

スティルライフオブメモリーズ(2018年製作の映画)

3.5

“もし真理が女であるとすれば、哲学の探究とは彼女の肉体を知ることである。だが女はそもそも自身が真理であるのだから、それ以上、哲学的に真理を探究する必要はない。”これはニーチェの問うた哲学的提言だそうで>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.8

元々、アートワークを生業にされていたとはいえ、独学で自身の奥から溢れ出る創造力というエネルギーを、映像としてここまで表現できるのか!その熱量に圧倒されました。
ストーリーも素晴らしく、次はどうなってし
>>続きを読む

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

3.4

ドラマシリーズは未視聴ですが、とても楽しく、時に感動しながら鑑賞しました。役者の方々の情熱と信頼関係が、まさにSLの車両の連なりのように繋がって、この作品が完成していることがとても素敵だなと思いました>>続きを読む

リスタートはただいまのあとで(2020年製作の映画)

3.0

人それぞれ、抱えているものがある
傷ついた記憶や、拭えない痛みを
そばにいることで癒しあえる
2人なら前を向ける

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.3

学業第一!ガリ勉少女たちが、
卒業式前夜にブレイクスルー!?
気になるあの人のパーティーで、
私たちだって全力で楽しみたい!!
煌びやかで夢のようなひととき。
だけど、やっぱり!青春を共にしてきた、
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.5

物語も、音楽もずっと私の心を掴んで離さない。
心の重さ、誰かを想うことの尊さ。
そして、自分を認めること。
ハウルとソフィーが私たちにくれた心の炎は、
どんな雨でも消えることはない。

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.7

この作品の、どこか嫌な感じがする気持ち悪さの原因は現実を生きる私たちにあるのかもしれない。“同じことの繰り返し”は、味やにおいの感覚がなくなるくらい退屈な日常。“子どもの異様な急成長”は現代社会で著し>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン危機一発(2013年製作の映画)

3.6

相変わらず憎めない可愛さのキャラたち!
これまでの作品でもグルーが過去、悲しい思いをしていたシーンがあり、グルーはそれらを封じ込めて大人になっていました。今回の事件で出会えた新しいパートナーは、グルー
>>続きを読む

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

3.8

人を困らせることが大好きな悪党・グルーが、月を盗んで世紀の大悪党になる計画を立てる!型破りな才能でその計画を遂行するも、ある少女たちとの出会いで、大悪党になることよりずっと大切なことに気付く。初めは自>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.6

はじめてのミニオンズ!(順番間違えました笑)
物語の初めから謎の黄色い生物・ミニオンたちの愛らしさが全開で、微笑まずにはいられない!
画面いっぱいに広がり溢れる笑いの数々が、私に元気を与えてくれました
>>続きを読む

ステージ・マザー(2020年製作の映画)

3.9

「今度こそ、うまくいく」
たとえ今、暗闇の中を彷徨っていたとしても
すこしのジョークとハッピーな優しさがあれば
いつだって何度だってチャレンジできる!
そんな勇気が貰える最高の映画でした。

ママ・メ
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

5.0

エンドロールが終わって、
私は映画館にいたことを思い出す。
ああ、なんて素敵な時間だったのだろう。
心に残る魅力的なシャンソンのメロディ、
優しい男のレトロでお洒落な空間、
美しきマーメイドの面影と真
>>続きを読む

>|