らきちさんの映画レビュー・感想・評価

らきち

らきち

アニメの方が緩く評価してます。
備忘録を兼ねてコメント文を記入してます。

撮り貯めた映画を観るのがメインです。必然、午後ローとかBSのB級が多くなります。

映画(128)
ドラマ(4)

ライオン・キング(1994年製作の映画)

3.0

地上波観賞。主人公シンバの成長譚。

ディズニー特有のあっさりとした展開。起承転結ハッキリしてて見易い。

兄弟がいると王位について揉めるのはよくある話。
因果応報みたいなところを伝えたかったのかな。
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

IMAXで観賞。音楽はアレンジされているが、文句なし。むしろ味があって良い。
内容も大幅な改編があるものの原作版に寄せている部分が多く、納得の実写化であると思う。ただ、原作と同じものとして観ると相当な
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

4.3

地上波デジタル放送にて。

まず音楽が良い。次に絨毯君がかわいい。最後にジーニーが面白い。

物語は起承転結勧善懲悪はっきりしててわかりやすい。ジャスミンとの話があまーりにもトントン拍子で進むのは納得
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

3.2

3年前に録画したものを視聴。

この手の映画にある独特の雰囲気を、心行くまで堪能できる。
最後にアメリカ
先進的突破を導くアメリカ
秘密兵器アメリカ

星条旗よ永遠なれ

規定路線になりすぎて、観てて
>>続きを読む

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

4.0

環境問題や人間社会の発展、犠牲や現実をアニメという形で観やすくした名作。

何を感じるかは人によると思うけど、映画に描かれる昔の風景は、実は日本のほとんどの地域がそうであったということは忘れてはならな
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと厳しく評価してしまったけど、ほんとに何を見せられているのか分からなかった。最後の方は唖然としてほんとに(゚д゚)となってしまった。

まず推理が皆無に近い。登場人物が複数いるが、事件が輻輳して
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

3.6

勢いがすごい。エレベーター、バス、地下鉄すべてが高速展開!

スリリングでこっちもドキドキする作品だった。

警官の動機が金だけ、ってのがまた何とも……
3700000弗370000000円。

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

某ネズミ国のアトラクションに乗って一度は観たくなった作品。

思ったより笑いの要素が強くて、楽しめた。あれだけ聖櫃を巡って大乱闘してたのに、意外と最後はあっけない。

見て損は無い作品だと思う。とくに
>>続きを読む

名探偵コナン 世紀末の魔術師(1999年製作の映画)

3.8

魯国をめぐる物語。魯革命における皇帝一家の扱いは劣悪であり、皇帝を"取り扱った"者は、人間であるが人間ではない。

とかくそういう要素を軽く知ってると、物語を軽く楽しめる。さらにダンジョン要素とか船と
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

2.3

大人だけどよくわからなかった。色々スケール大きいわりに、話のスケールは小さいような……

子供向け映画ってこんな感じだったのかと。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あ ほ く さ い た ま(誉)

なかなかに笑える作品であった。
川口の関所で笑った。

埼玉をディスるといいつつ茨城と群馬の扱いの方が悲しい。栃木なんてほぼ出てこない(何故か真岡の旗は
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

1.7

地上波で鑑賞。
演者の"演技している"感が強すぎて、しかも絶妙に棒読み(台詞読んでるって感じ)。
熱演でゴリ押しする手もあると思うが、いかんせん本作は感情に語りかける部分もない。

優等生の作品のよう
>>続きを読む

私をスキーに連れてって(1987年製作の映画)

3.6

とりあえず、「私をスキーにつれてって」と言わせたい。

約30年前バブル期のスキー場、煙草全盛期、Windows95すらない時代。何もかも初見。何もかもが許された時代だったのかなぁ。

スキーシーンを
>>続きを読む

のぼうの城(2012年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

若干「ん?」となるが、勉強になる映画だった。
成田氏忍城が屈強な城であったことは有名である。沼地と河川を濠とした天然の要害だったらしい。(同じ武蔵國埼玉郡の岩槻城も同様の構造だったようだ。こちらは元荒
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.2

残念ながらこういう作品は大好物みたいです。終始ニヤニヤ、非常に面白かった。

俳優陣が豪華(いつもの池井戸……)だし演技もうまい。もう全員の感情が伝わりすぎて、無意識に移入するわ。

内容は……見覚え
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.3

初視聽。なるほど面白い。
戰闘パートがかっこいいのもあるが、特に政治パートは諷刺が効いてて失笑ものであるところが良かった。

あぁ京急、あぁ霞ヶ關、あぁ東京驛、と馴染みのところが破壊されていく様をみて
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.7

観すぎて感想が無い。

ふかいの仕組みを解明してしまうナウシカが有能過ぎる。

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作未プレイ。
第一章に続き劇場にて鑑賞。前章より話の進みがよく、個別ルートに入った感が出てて満足。

話の深い部分に入り、桜の事情や影の正体が少しずつ開示され、アツい展開であった。
桜、あんな仕打ち
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

3.1

過去篇Ⅱ。ちょっと時間経ってから見たので、登場人物がどうして過去に行ったか忘れてた。

今作は大人しい感じがした。大がかりな感じもせず、速度があれば大出力の電気も不要らしい。

バック・トゥ・ザ・フュ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

iMAXにて鑑賞。Queenの成功談。当然、その音響で聴くqueenの歌はかなり良い、感動的ですばらしい。

しかし、内容が凡であった。
家庭環境、出合い、婚姻、苦悩、成功、情愛、自覚、同性、孤独。フ
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

2.8

出てくる主要人物でまともなのはホームレスのおばさんと玩具店の店主くらいか。
相変わらずケビンは犯罪者だし……観てて痛かったし……
年取ったなぁ

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

久々に観たけどひどい作品。子供の頃は愉しく鑑賞できてたけど、この歳になるとやりすぎ感を感じてしまう。
こういう子が重大な少年犯罪を起こすのかも。

悪いのはバズなのにケビンを叱ってる。叱る対象を間違え
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

3.8

1番最後だけあって気合い入ってる。パート1は間延びしてるが、こちらはテンポがよい。
ハリーもロンもやっと大人になった。

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

1.2

いつかの金ロー。
日本でやる必要がない内容。日本が舞台って意識で見ると非常にストレスが溜まる内容なので、寛大な心で鑑賞する必要がある。
新幹線も中国版みたいだし、忍者も……ジャパニーズニンジャです。
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

3.2

何回か見てるけど記録つけてなかったので記録。

ハリー・ポッターが大人になりすぎててちょっと無理を感じる。容姿の割りにハリーとかロンの精神年齢が低くて……
原作だとそれでいいけど、映画化はちょっと遅す
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.8

3が1番おもしろい。過去のKとJの絆を感じられる良い作品である。

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

3.5

録画したものを視聴。

過去の話から始まり、昔の敵がまたアメリカにくる話。前作より本の少しだけ面白い気がする。
悪く言えば前作とほぼ同じ。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.5

録画してたものを視聴。

少しキモいけど普通に観られる。熱いGとの闘いである。

星を追う子ども(2011年製作の映画)

1.9

生死をテーマにしてるが、そこから伝えたいことがよくわからなかった。
最後は、それで?って感じ。
たしかにジブリ感が強い。
途中専門用語が多すぎてわけわからなくなった。
結局主人公は何しに行ったんだろう
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

第1話
雰囲気がかなり良い。すべて美しい出来となっている。
115系って押ボタン式?ってとこだけ気になった。

第2話
例のごとく絵がきれい。とてもきれい。主人公(男)が気取ってて好みじゃない。
>>続きを読む

フライトプラン(2005年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

内容は面白い。途中完全に女性が精神疾患だと思わせられたのは巧い脚本だと思う。しかし後半に向かって雑な部分が目立つ。

動機とか手口とか雑だし、解決も雑すぎる。どうやって娘を拐取してあそこに置いたの?犯
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

2.1

銀魂原作又はアニメ視聴をして、はじめて登場人物の個性を理解できる。内容も原作等を知らないとキツい。

紅桜篇総集編を実写化したもの。アニメ版の勢いが実写だと削がれてるため、いまいち感がすごい。

新規
>>続きを読む

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

3.3

サメ映画の中ではおもしろいほう。

何より怖い、空気感とか演出が怖い。
特筆すべきは殺し方。サイコパスのそれである。こういう方法を思い付く脚本家に恐怖を感じる。
あんなに大惨事になってるのに、最後は普
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.8

地上波にて。久しぶりすぎるくらい久しぶりにみた。

もうね、カルシファーによるカルシファーのための映画だね。
やはりBGMがよすぎる。他の映画を圧倒するね。
内容はちょっとよくわからない。想像で補う部
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

前半はそんなに面白くない粗い映像と安っぽい物語が続く。
後半は恥ずかしながら爆笑してしまったw

これだけは注意してほしい。
辛い?前半をじっくり観ないと後半がついていけないから前半寝ないように!
>>続きを読む

猿の惑星(1968年製作の映画)

3.3

怖い話。約1700年後の世界はこうなるのか……

いろんなメッセージが込められてる。

>|