Renさんの映画レビュー・感想・評価

Ren

Ren

邦画も洋画もアニメも観る社会人1年目。
評価3.9以上は大好きな映画。

映画(361)
ドラマ(0)

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

是枝裕和の集大成と称されるのも納得で、とにかくテーマが深く、重く、痛い。

血の繋がりはなくても一緒に居ると幸せな人たちを"家族"と呼び、血が繋がっていても一緒にいるだけで辛い人たちを"家族''と呼ば
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

2.9

ところどころ笑えるけど、映画としてどうなんや、これ…。

嫌でもアガる負け犬たちの大逆転モノだと思って期待していても、結局何とも消化不良。
瑛太と元嫁のくだりとか普通に胸糞悪い。

あれもこれもと要素
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

めっちゃ暑苦しいけどめっちゃ面白い!!
とにかく終始むせ返るようなアツさ!
大好き!!

とにかく広島弁(ネイティブがどう思うかは不明)が最高にシビれる。
覚悟していたグロ描写も冒頭から飛ばしてるが、
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.3

『横道世之介』『モヒカン、故郷に帰る』など傑作揃いの沖田修一作品ということで期待しすぎたか、異常に遅いテンポに前半から睡魔に襲われた。
心地良い癒しというより、退屈。

劇場のじいさんばあさんはどっか
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.7

これはポスター詐欺…。
汚い安モーテルのすぐ横には…という皮肉さ。
ものすごく暗くて哀しい映画だった。

OPから鮮やかな色使いと、他人様の車に唾を吐きかけまくる可愛げのないクソガキたちを描写するテン
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

近年稀に見る超・ゴリラムービー!
とにかく終始ゴリラが出ずっぱり!

そして結構な公開規模にも関わらず、清々しいまでにB級映画。
ロック様と白ゴリラのジョージくんのアツい友情に重きを置きすぎて、ラッセ
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.3

もう何年も映画館へ出向き何だかんだ鑑賞してるけど、今年も良くも悪くも本当に何も残らない(笑)

警察やら検察やら色んな組織のあれこれが関わってくるので展開もややこしく、近くに座ってた子どもが心底退屈そ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

シリーズのファンとして大きな期待を胸に
IMAX次世代レーダーで鑑賞。

間違いなく映画史上最高レベルの超豪華キャスト陣を眺めているだけでも眼福だけど、終盤の衝撃も最恐レベル。

個人的には今年一番の
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

全ての映画ファンが観るべき傑作!
これぞ映画!これぞエンターテイメント!

画面から溢れ出す情報量と熱量がいちいち半端なく、デロリアンにT-レックス、キングコングにガンダムにキティちゃんからチャッキー
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.3

CG・VFXの技術が見事で、終盤の新宿での飛行戦シーンは邦画にしては頑張ってる。
ただあまりにも、肝心のストーリーそのものが陳腐で拍子抜け。
いくらなんでも"漫画的"な展開の連続で、あまりにも現実味が
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

たしかに面白いけど、期待しすぎたというのが正直なところ。
もっとジャングルの色んな動物たちが暴れまくりの大パニックムービーを想像してただけに肩透かし。

コメディ部分は冴えてるし(ジャック・ブラック凄
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.1

今をときめく若手イケメン俳優・松坂桃李を主演に迎え、何かとうるさいこのご時世にここまでど直球な性描写をこれでもかと連発するその意気や良し。
ただ肝心の一本の"映画"として考えると、面白くない。

とに
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.2

続編として、そして完結編としても非常に見事な一本。想像以上の出来。

次から次へと新キャラたちが登場して、その辺の実写化作品ならこの時点で無茶苦茶になりそうだが、本作は展開に一切の支障や破綻をきたさな
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

さすがピクサー、面白い!
『インサイド・ヘッド』の脳内描写に続き、本作でも死後の世界のデザインや設定のアイデアが見事。

人は皆、人に忘れられた時にこそ死んでしまうんですね…。

"家族を大切に"とい
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.7

"ツギハギだらけ"の家族が一歩前進しようともがく姿が、丁寧に描かれていた。

とにかく登場人物、特に大人たちがダメ揃い。
浅野忠信も田中麗奈もクドカンもめちゃくちゃ上手かった。

再婚相手の連れ子を愛
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

2.5

『チア☆ダン』みたいにヘンなお涙頂戴要素は入れず、青春コメディとして振り切ってるところは好印象だけど、全然笑えないのが致命的。

そこそこなキーパーソンにコロチキのナダルを配して、その上ナダル感全開な
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

評判も良いしかなり期待してたこともあってか、ちょっと肩透かし。
伝記映画としてお手本のような出来だとは思うしちゃんと楽しめたけど、正統派すぎて面白味に欠ける。
冒頭の白人警官からの職質シーンのテンショ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

2.7

予想以上に静かな映画。
そして本当に"ほぼ"何も起こらない、退屈で平坦な一本だった。
とにかく体感時間が長いのなんの。
それが、この映画のテーマそのものだと言われたらそれまでだけど…。

晩飯にキャベ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

米ソ冷戦下の張り詰めた時代が舞台。
ストーリーの展開も構造も若干複雑で、途中こんがらがった…にも関わらず好き!
大好き!

ヒロインのスパイ、ロレーンがとにかくかっこいいのでオールOK。
ノリノリな音
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

正義はどこにあるのか。
人が人を裁くとはどういうことなのか。
色々考えさせられたけど、ちょっと小難しくしすぎかも。

何で"三度目"の殺人なのか、役所広司演じる三隅の真意は何なのか、観る人によって解釈
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

面白かった。
けど、色々惜しいというか、まだ爆発力に欠けるというか…。
唐突なミュージカルシーンももっと突き抜けて良かったはずだし、もっとスカッとさせてくれることを期待してた。

途中で展開が読めてし
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

期待値MAX初日初回で鑑賞したけど、若干拍子抜け。

一定の面白さはあるし、"黒人"のヒーローとその周囲の人々を描くことで現代社会(特にアメリカの某大統領)への痛烈なメッセージ性を持たせていることも理
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

周囲の評価が軒並み高くてハードルが上がってたことと、自分がミュージカル苦手なことからヤバい予感まみれで観たけど、面白かった。すごく良い。

とにかく楽曲がどれも素晴らしくて、凝られたダンスと相まって◎
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.7

さすがは大の映画好き俳優・斎藤工。
台詞による説明を極力排して、あくまで"映画"として事態を観客に示す様が見事。

福田作品だと個人的には最早鬱陶しい佐藤二朗が良い仕事してた。
くっきーがそのまんまく
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.9

笑いあり感動ありで面白い!
何よりこの面白さで、原作ナシのオリジナル脚本なのが凄い。

同じく吉田監督の『ヒメアノ〜ル』ほどのインパクトはないものの、今回も冒頭の奇抜なOPから引き込まれた。

キャス
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

面白い!
田舎町の片隅に設置された3枚の看板広告が様々な波乱を呼んでゆく展開に引き付けられるし、2時間全く飽きさせない脚本が巧み。

"fuck!"や"bitch!"といった罵詈雑言飛び交いまくりなと
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.5

開始早々テロップでの状況説明にびっくり。
遺体の発見時の状態なんかも長々とそれだけで説明され、ある意味斬新だけど映画としてどうなの?という感じ。
主人公の心の声をナレーションするのもなんだか…。

>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

素直に楽しめたし、マーベルと比べてのDCへのネガティブな印象も激減した。
戦車ひっくり返しはじめド派手な馬鹿力アクションも、クリス・パイン演じるトレバー大尉も良かった。

ただ真の敵"軍神"の正体は簡
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.4

終始暗くて物悲しい空気が漂うダークファンタジー。
怪物が"ささやく"話のアニメーションがどれも凝られてて魅力的。

不穏感を出して、不安を煽ってくるのがすごく上手かったので今夏のジュラシック・ワールド
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.7

噂通り超高速な台詞回しと、目紛しい場面展開の連続。
しっかりとスケール感もあったし、評判ほど悪いとは思わなかった。

この人物がもしここでこう動いていれば(動いていなければ)今の日本は無かったのか…と
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

2.8

なんやこの映画…。
観る人を選ぶどころか、選びすぎる映画っぷりに衝撃を受けた。
こんなに登場人物たちに共感できない話も珍しい。(強いて言うなら母親くらい)

こういうヤバめな役を演じると佐々木蔵之介っ
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.9

基である実話に対してしっかりと敬意を感じ取ることができる、丁寧な出来。

『何者』でも思ったけど改めて佐藤健がめちゃくちゃ上手い。
個人的"理想の母親"薬師丸ひろ子もそのパワーをエグいほど炸裂させてて
>>続きを読む

その街のこども 劇場版(2010年製作の映画)

3.7

1995年(自分が生まれた年)に発生した阪神・淡路大震災で心に深い傷を負った2人の男女の話。

森山未來もサトエリも、脚本の渡辺あやも本当に被災者だということを知り、果てしないリアリティと、ヘンに説教
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

2018年1本目の映画鑑賞!
たしかに面白いが、前作には劣る。

冒頭のカーアクションからの潜水はいかにもスパイ映画で"秒でアガる"し、サイコなヴィランを演じるジュリアン・ムーアの強烈な演技も、そのア
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.6

インドでは年間8万人の子どもが行方不明に…ってヤバすぎ。

ひたすら怖いストリートチルドレン狩りやその後の展開などトラウマ描写の連続な前半は、幼少サルーの可愛さを相まってスリリングで面白い。
かたや肝
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

2.7

湯浅作品の特徴とはいえいくら何でもクセが強すぎでクドかった。
学園祭でのゲリラ演劇のシーンや終盤の展開含め、置いてけぼりを食らった気分。

ハマる人にはたまらない、っていうのは分かるし、アル中ヒロイン
>>続きを読む

>|