YAさんの映画レビュー・感想・評価

YA

YA

  • 331Marks
  • 22Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・じっくり準備して、でも機を逃さず、一気に出し抜く
・クルエラみたいな社長
・知力、体力、財力、情報の総力戦
・アントンかっこいい
・ウェイウェイなケイパーものと思ってたから大変なギャップ

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)

3.7

・ハングオーバー級の序盤
・従業員のアグレッシブさが怖すぎる
・弁護士の弁護士の弁護士
・圧倒的ザッカーバーグ感
・我々は永遠に未完成

グッド・ワイフ(2018年製作の映画)

3.3

・プライドと虚勢
・後から考えれば兆候はあったはず
・栄枯盛衰、ただ急すぎた

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画(2019年製作の映画)

3.8

・各部署のGoの発言は重い
・早く結果を出したい一方で、急いて失敗すれば大きく後退するというジレンマ
・職場が火星的
・家の工夫がすごい
・大きな視野で小さくする
・「夢は寝ている時に見るものでなく、
>>続きを読む

おとなのけんか(2011年製作の映画)

3.5

・ジョディ・フォスターのボルテージ上がってく感じが絶妙
・帰りそうで帰らない
・どんだけ電話してんだ
・ほら電車が見えるよ
・ハムちゃんも元気で何より

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・今度くつをしまってあげようと思う
・麦の顔の変遷よ
・もういっこ良いですかの破壊力
・後半になるにつれて苦しくなる‥
・悲しいプロボーズが2回
・ファミレスの対比は殺人級
・最後のバイバイ

存分に
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

3.6

・(武井壮+鈴木亮平)÷2
・殺人級のビンタ
・弟分に同じことしてる
・雨と傘とマドンソク
・終わり方いかつい

オール・マイ・ライフ(2020年製作の映画)

3.6

・自炊を再開した
・大谷翔平に似ている
・泣いちゃうくらい良い仲間たち
・カイルの気持ちもリアル
・今が大事
・最後のビデオで本人出てたのは反則‥

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.3

・トイレからの狙撃の構えは壮観
・警察の前に出てくるシーン、最後の2度目の時の笑い、決定的に壊れてしまった…

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.4

・自分はオールドボーイ派
・映像の突飛さと描写のエグみが中々

EXIT(2019年製作の映画)

3.3

・可視性のガスでよかった
・20分しか持たないガスマスクとは
・最後はドローンゲー

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・ミョン社長の強さがデタラメ級
・散々なソンナム
・どなたの骨なのか
・待ってればよかった、というにはキツすぎる

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

・映像のケレン味は納得、映画館で観たかった…
・ロジックは途中から追えなくなった

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.7

・政治と宗教の話は地雷になりがち
・美味しい料理は人を救う
・エイプの板挟み具合が、ハッピーバスデーの不協和音で極まってる
・飯テロとノリノリの音楽、『シェフ』を思い出す
・慣れるまでひたすらやること
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.5

・図書館好きとしてパッケージで気になってた作品
・受験期はじめ大変お世話になった施設、これからもお世話になる所存
・結構キマっちゃってる人が多い
・息子行方不明で休みもらえないとは恐ろしくブラック
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.8

・多様性が溢れてる、なんやかんやで皆楽しそう、からかう事はあっても傷つけるまではいってない模様
・ママがまさかのフレンズ
・中々にフリーダムな会話
・アホやってると思ってた全員が上手くやってた時の絶望
>>続きを読む

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

3.8

・ちょいちょい入る模型が可愛らしい
・親父がアメリカを売った男
・この虚実入り混じった感じの演出嫌いじゃない
・全然挑発に乗らない
・悪夢的なほどにグイグイカウンセリングされてる感じ
・無くなる前に気
>>続きを読む

ブルータル・ジャスティス(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・毒をもって毒を制す
・二人の掛け合いがいちいちツボ、こういうの楽しみたいから英語がんばろ
・アンチョビ
・仕事に行きたくないときは行かなくて良い
・この手ので群像劇形式は初めて観たかも
・最期だと思
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・アクション要素もあり
・オリエント急行感
・類似ネタを知らないともっと楽しめる作品

私のちいさなお葬式(2017年製作の映画)

3.4

・迎えと久々の再開を喜ぶ母と義務感満載の息子よ
・とんでもないブッキングをかます秘書
・棺桶の開封初めて見た
・サイドカーおパアちゃんかわいい
・終活系は色々あるけどやることがダントツで実務寄り
・終
>>続きを読む

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

4.0

・長時間でもサクサク見れる構成は毎度見事
・一つ失敗して全てに価値が無くなったように感じちゃうことは世界共通なのかも
・ああいうホモソーシャルな世界も共通なのかな
・みんな駆け付けて居続けてくれるの、
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.5

・侮ってると中々に良い
・由奈の成長が目覚ましい物語
・ピアノのサントラが素晴らしい
・最初と最後で心の声で挟むのは良いな

ステップ(2020年製作の映画)

3.5

・2歳半でも一丁前、自分はどうだったかな
・洗い物が溜まってく感じがリアル
・結構なスピードで成長してく
・お母さんの絵に輪っか付いてるのはちょっとくる…
・壁の赤線の由来が悲しい
・義父母のナイスア
>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・マッコールにクラリスにグリーンゴブリン、超豪華
・ありそうで、でも観たことなかった手口
・いかした義賊
・カレー食べたくなる音楽

チャッピー(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・「1週間待ってくれ!」→「7日だっ!!」
・ご自宅用ウォーリー
・5日しか保たない運命
・まさかの武器
・パパどんだけ車盗まれてんだ
・インクリングみたいな銃
・どんどん人間味を増してくのが少し不気
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.2

・大統領選のこの時期に観るべきと思った
・何を知っているか、何を信じているかでこんなにも見え方が変わってしまう
・情報を選択して考え続けない、対立するかどうかの前に自分の意見は必要
・節度のある言動は
>>続きを読む

アメリカを売った男(2007年製作の映画)

3.4

・仕事やプライベートにも矜持が必要、他人からの評価だけでは踏ん張り切れない時がある
・居ぬ間のデータコピーは十八番
・どっちに戻したのか問題は初めて、覚えとかんと‥
・限りなく嘘の比率を下げるのがコツ
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・寿命知って自分の名前継がせるのをやめるとこ切ない‥
・当日嘘みたいだったことも現実味帯びてきている今だからより来るものがある
・電気自動車だけど自動運転じゃないのね
・ずっと前から知ってて通してくれ
>>続きを読む

>|