r

r

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.7

慎二くんは、変わった人だけど
すごく不器用な優しい人でした。

「俺、変だからさ」「じゃあ私と同じだ」
「私、人として最低な人間だから」「じゃあ俺と同じだ」
心を通わせ始めるきっかけと
心が通じ合った
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.2

かすみちゃんが可愛いから観れるけど
気持ち悪い、、、
映画では触れられてないけど、徹子が自分で歯折った理由を聞いて知ってたのはよかったな。

ルドルフとイッパイアッテナ(2016年製作の映画)

3.3

イッパイアッテナの由来がなんとも愛らしい……
最初から最後まで愛らしいでしかなかった癒された〜

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.3

神妙な面持ちとか節があるとか、放課後の男子高校生のふざけてる会話が妙に癖になる。

セトくんのお母さん恥ずかしいかんじ大阪あるあるな気がした(笑)自分のお母さんがゴリゴリの大阪のおばちゃんって思春期だ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.3

まわりの評価が結構ざんねんな感じなんだけど、わたしはすごく好きだった。

音楽はぜんぶ耳に心地よく、どきどきしたりわくわくしたり、演出もすごく女性好みだなと。

終盤の切なさに少し泣けた。

傷物語Ⅲ 冷血篇(2017年製作の映画)

3.5

納得のいく終わりかただった。
あららぎくんとキスショットの関係性をそういうかんじでまとめるのかと。
個人的には好きなまとめかたでした。
戦闘シーンはちょっとまぁ厨二臭い感じだけどそれは仕方ない。
羽川
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.4

なんて言えば伝わるのかわからない

田舎から出てきた16歳の女の子はピュアな感じかと思いきや、自分が可愛いことを知っていて、そんな主人公にモデルとしてのプライドを傷つけられた女性と、主人公の美しさに惚
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.9

ポスターのイメージと違って、戦争ものの内容で火垂るの墓にすこし近かった。

と言っても、ほのぼのなシーンも多くて、シンプルな絵と素朴な演技に癒されたり、
きゅんとするシーンもあったり。



おばあち
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.4

原作読んでないし、実写化あるあるで
収めきれない感じあったけど
話を理解できないほどではなかったし、
なにより菅田くんの演技力が周りを圧倒していて目が離せなかった。

コウちゃんは純粋さと狂気を持ち合
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

3.4

アリスが男っぽくてかっこいい。

前作よりかなり見やすかったし、
キャラクターたちが可愛らしくて好き。

ディーダムの雪だるまのくだりが特に可愛かった!

>|