regencyさんの映画レビュー・感想・評価

regency

regency

映画(280)
ドラマ(0)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

「俺はこの画が撮りたいんだ!」と思ったが最後、話の整合性をぶった切ってまで入れてしまう、イイ意味で子供っぽくてホントに頑固な監督クリストファー・ノーラン。
彼の作品でおなじみの世界観ルール説明が『イン
>>続きを読む

マローナの素晴らしき旅/マロナの幻想的な物語り(2019年製作の映画)

4.0

まずは、その強烈なビジュアルセンスに驚く。シンプルな絵柄にしてインパクトある色彩。それでいてキャラがよく動くし、2Ⅾと3Ⅾ表現を巧みに使用する描写などは圧巻。昨年のベスト級だった『ロングウェイ・ノース>>続きを読む

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人(2018年製作の映画)

4.0

主人公の母親を立て続けに襲う不幸や不条理な展開。もしあの着信を彼女自身が受けていれば…もし彼女が最後まであの場にいたら…そんな「たられば」状態の連鎖に加えて、私利私欲に走る醜い人間描写まで盛り込んでお>>続きを読む

ソニア ナチスの女スパイ(2019年製作の映画)

3.0

裏でスパイ行為を行っていた女性の実話といえば、日本では『ジョーンの秘密』が公開されたばかり。それと舞台や時代背景が似通っている上に、2人の男性との禁断の三角関係に転換していくという構成まで同じなあたり>>続きを読む

れいわ一揆(2019年製作の映画)

3.5

女性装の東大教授、元コンビニ店長、公明党に反旗を翻す創価学会員、元ホームレスのシングルマザー、北朝鮮に弟を拉致されていた兄、ALSの身体障害者…などなど、個性あふれる怒れる10人の候補者が挑む令和元年>>続きを読む

メイキング・オブ・モータウン(2019年製作の映画)

3.5

マービン・ゲイやダイアナ・ロス、スティービー・ワンダーにジャクソン5など、錚々たるミュージシャンを輩出したレコードレーベル、モータウンの正史を追ったドキュメンタリーだが、これが実に興味深い。
とにかく
>>続きを読む

ジョーンの秘密(2018年製作の映画)

3.0

スパイ容疑で逮捕された80代の老女の実話を、悲哀メロドラマ調に脚色したという印象。というか観る前までは、てっきりジュディ・デンチ扮する主人公ジョーンが、80代になっても現役のスパイをしていたというあら>>続きを読む

ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち(2017年製作の映画)

3.5

インディアン(アメリカ先住民)、または彼らをルーツに持つミュージシャンたちが、いかにアメリカのポピュラー音楽に影響を与えてきたか。元々音楽史に疎かったとはいえ、知られざるエピソードが続々と出てくるのに>>続きを読む

クライマーズ(2019年製作の映画)

3.5

チョモランマ登頂という目的のために、まるでクンフー映画のような修行を行い、一見地味に映りそうなクライミング描写も、ワイヤーアクションや小道具を使って盛り上げているあたりが、なんとも中国らしい。
今や漢
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

4.0

個人的に、エミリオ・エステベスには苦労人というイメージが強い。
デビューしてすぐにブラット・パックの中心人物となり、監督業にもいち早く進出するなど華々しく活動していたのに、次第に主演映画も寡作になり、
>>続きを読む

友達やめた。(2020年製作の映画)

2.5

ハンディキャップを持つ者同士が織りなすコミュニケーションの齟齬。しかしその原因はハンディキャップではなく心の問題。
ハンディキャップとは、友達とは、そしてコミュニケーションとは何かを、ひたすら追究して
>>続きを読む

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵(2020年製作の映画)

4.0

これまでの脱獄映画で見られがちな「知力、体力、時の運」の要素を踏まえつつ、本作では「観察力」もプラス。
脱獄道具をDIYする作品といえば『アルカトラズからの脱出』がすぐ思い浮かぶが、こちらはDIYする
>>続きを読む

新しい街 ヴィル・ヌーヴ(2018年製作の映画)

2.5

枚数にしてわずか10ページ程度の原作短編を、よくもまぁ膨らませたなぁというのが第一の感想。原作は、元妻とよりを戻そうとするアル中な男の未練と挫折に終始しているが、アニメ化した本作は、カナダ・ケベック州>>続きを読む

れいこいるか(2019年製作の映画)

1.5

自然災害をきっかけに家族の離縁や再生を描く映画やドラマは、国内外でたくさん製作されている。
日本は地震が多い国ゆえに、そうしたジャンルの作品が作りやすい…といったら語弊があるだろうけど、個人的にはどう
>>続きを読む

シリアにて(2017年製作の映画)

3.5

戦乱渦巻くシリアが舞台の映画だと、今年は『娘は戦場で生まれた』というドキュメンタリーの傑作が公開されたが、こちらは銃器や戦車を出すことなく、とある一家とその隣人が隠れる密室状態のアパートが舞台というサ>>続きを読む

ディエゴ・マラドーナ 二つの顔(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

エミール・クストリッツァが溢れるマラドーナ愛を全面に押し出して撮った『マラドーナ』とは異なり、こちらはイタリアのナポリチームに移籍した84年から91年までの記録に密着。
残されたフィルムに刻まれた栄光
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.5

確か月曜ロードショーで放映されたのを観て以来、実に数十年ぶりに4Kで再見。
デイヴィッド・リンチがどういう監督なのかを知った今となっては、フリークスへの偏愛ぶりやホラー的演出などは、いかにも彼らしい。
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.5

あの青春映画の名作『スーパーバッド/童貞ウォーズ』の製作コンビが手掛けたジュブナイル映画…なのだが、やっぱり中身は下ネタ満載。
むしろ『スーパーバッド』よりも下ネタ度がパワーアップ。メインの男子キャス
>>続きを読む

コリーニ事件(2019年製作の映画)

4.5

とかくシブい内容になりがちな法廷サスペンスものだが、本作もご多分に漏れず。被告人役のフランコ・ネロがそれにさらに輪をかけてシブい。
誰にもほじくり返されたくない過去はあるが、かといって看過するわけには
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.0

この手のホラー映画は、被害者側からの恐怖を描く事が多い。しかし本作は、主人公でありシリアルキラーを主観におき、彼が狂気に走るのかをじっくりと捉えた、犯罪検証VTRの意味合いが強い。
ステディカムやズー
>>続きを読む

バルーン 奇蹟の脱出飛行(2018年製作の映画)

3.5

まるでゲシュタポのような秘密警察に、彼らとつながる一般の密告者たち。
疑心暗鬼に満ちた、国全体が監獄状態だった東独からの脱出を図る名もなき家族の姿は、戦時中の脱獄サスペンスを観てる感覚になる。
これが
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

3.0

実話をベースにした本作だが、フェリシティ・ジョーンズ扮するアメリアは、実際は男性。
そのため、エディ・レッドメイン演じるジェームズとの恋愛要素を高めるための変更かと思いきや、主人公の2人が、愛ではなく
>>続きを読む

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン/キオスク(2018年製作の映画)

3.0

ナチスドイツに併合される暗雲立ち込めるオーストリアを舞台に、ウィーンから来た多感な少年の成長を描く。
少年が働くキオスク(煙草屋)は、大人になるためのツールが詰まった、ある意味“大人のおもちゃ箱”。戦
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.0

アメリカで暮らす黒人へのレッテルやステレオタイプの苦い部分を暴いた一作。
中心人物のルース・エドガーの容姿やスピーチ時の佇まい、さらに劇中で出てくるフレーズ「YES WE CAN」に象徴されるように、
>>続きを読む

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

2.0

北マケドニアの小さな村で、自然で巣を作るミツバチから半分蜜を採取して暮らす女性が、トルコ人一家が近所に住み着いたことで、生活様式が激変していく。
ミツバチとの共存共栄の方法を知り尽くしている彼女と、と
>>続きを読む

アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい(2017年製作の映画)

2.0

女優アンナ・カリーナに、パートナーだった監督が捧げたフィルム式ラブレター。
そのレターをアンナが観ると同時に、彼女を観て応援してきた映画ファンへの謝辞も含まれている。
ただこの監督、アンナと結婚する前
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

4.0

本作が特筆すべきなのは、ネオナチ集団が新メンバーを加入させる経緯を見せている点。貧困ゆえに生活苦で学校にも行けない少年少女たちをスカウトして、“構成員”にしていく。だから、差別主義からではなく、生きて>>続きを読む

ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間(2019年製作の映画)

2.0

男性らしさ、女性らしさとは何か。そもそも「性別」とは何なのか。性同一性障害を持つ空雅は、自身の性別がなんであるかを追求していく。
中盤で登場する、78歳で性適合手術を受けた大学の元音楽学部長の言葉が、
>>続きを読む

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

2.5

本作のあらすじのベースとなっている、人間が“親鳥”となって渡り鳥を保護するプロジェクト自体は確かに驚嘆するし、賛同できる。
しかし、このプロジェクトをフィクションドラマ化した本作で描かれる、プロジェク
>>続きを読む

誰がハマーショルドを殺したか(2019年製作の映画)

3.0

1961年9月発生の、国連事務総長が乗った飛行機の墜落事故の真相を求める監督と調査員だが、事態は予想だにしない方向へ。
こう書くと、ドキュメンタリーの域を超えた陰謀がらみのサスペンスドラマだが、実際こ
>>続きを読む

ライブリポート(2019年製作の映画)

2.5

警官と配信サイトリポーターがコンビを組み、誘拐事件を追うという、変則型バディ・ムービー。
64分というタイムリミットが設けられているものの、変にユーモア描写を盛り込んでいるために緊迫感がなく、話の求心
>>続きを読む

ひまわり(1970年製作の映画)

3.5

作品自体は知っていたものの今まで観る機会がなく、今回のHDレストア版で初鑑賞。
前半での夫婦の軽妙なやり取りから一転、後半は哀愁のメロドラマ展開。
タイトルにもなっている花の「ひまわり」のように、芯が
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0

4Kリマスター版をIMAXシアターで鑑賞。
内容に関しては改めて語るまでもないので、ここでは劇場鑑賞の感想をば。

映像に関しては、既存のバージョンとの比較ができないので何とも言えないものの、ドでかい
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.0

マーゴット・ロビーのハーレイ・クインはすっかりハマり役になった感。といっても『アイ、トーニャ』で演じていたトーニャ・ハーディングともちょっとダブっているので、こういった役は天職なのかも。
ハーレイのナ
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

ゾンビ映画の始祖であるジョージ・A・ロメロは、自作に必ず何らかの皮肉を込めたメッセージを入れる。
『ゾンビ』では、大量消費社会に群がる人々をゾンビに投影していたが、本作でのジム・ジャームッシュが、“モ
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.0

まずはレネー・ゼルウィガー演じるジュディ・ガーランドの、時おり怖さを醸し出す表情のインパクトたるや。とても47歳とは思えないほどの老けぶりに驚く。あれでも晩年の本人に似せたメイクらしいが、ちょっと『愛>>続きを読む

>|