Reiさんの映画レビュー・感想・評価

Rei

Rei

共感よりも発見が快感!
なんかいいかも映画に出会いたい

映画(63)
ドラマ(0)

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.3

初のタイ映画。
俳優さん、名倉潤みたいな人ばっかりかと思ってました(笑)
若い世代は見た目日本人みたいで違和感ない。
正直者はバカを見る!?
みんな必死!
ハラハラしました。
天才凄すぎ。
これが中国
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

ネイティブアメリカンが追いやられた、雪に閉ざされた土地で起きた事件。
差別と、閉鎖的な環境での人間の狂喜。日照時間が少ないと人は鬱になりやすいとか。
にしても憎しみの心が押さえられない、最後は何か物足
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

ついに長年の集大成が!
ここに繋がるヒモがもう何本にも張り巡らされ過ぎちゃって、回収しきれない過去作品をまた見返したくなるというループに。
あのシーンは?あの台詞は?劇中は過去作が記憶に残ってれば残っ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

観てよかった!
アベンジャーズ関連作品の中で
まぁ観なくていいかぁ~、と鷹をくくってたんです。
舐めてましたっ!ごめんなさい!!

「スパイダーバース」で感動したような色鮮やかな世界から、建築的な、だ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

女神降臨!
へんてこマスクでも神々しい!
どんより暗かった前回のラストを吹き飛ばし、アベンジャーズのエンドゲームはいかに!?
暴れっぷり目撃しちゃったから、
まんまと期待値 上がる上がる

序盤の電車
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.7

一見黒人差別がテーマであると思わせがちだが、ただの背景でしかない。
重たくならない範疇で小気味良く問題をクリアする様はエンターテイメントとして楽しめる。

トニーの「世の中は複雑なんだよ」のセリフが沁
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

アメーーーーーージング!!
アート、2D、3D、カートゥーン、モノクロまで、ごちゃ混ぜにしてもこんなにも美しい。圧巻です。
CGの進化でリアルとの境界線が無くなって、近い将来映像に感動するのには限界が
>>続きを読む

オーケストラ!(2009年製作の映画)

4.0

「シカゴ交響楽団の音楽監督を務める指揮者が、楽団員を擁護する書簡を経営側に送った」このニュースを受け、真っ先に思い出した作品。
本作はもっと深刻な状況ですが、でも音楽は不滅
ストーリーはコミカルに進ん
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.3

テキスタイルが素晴らしい
女性は可哀想だな
勝利なんてないのに。
みんな永久に満足出来ない

花宵道中(2014年製作の映画)

2.1

「さくらん」みたいにアーティスティックじゃないけど、普通に着物がお洒落で可愛い
女優 安達祐実の無駄遣い
ストーリーのおままごと感と、体当たり演技に違和感が
終盤も間延びしてテンポが悪い
でも、最終的
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.2

あー!気持ち良かったー!
最後まで一瞬も退屈することなく
映像、スピード感、センス
アリータの表情ずっと見てられる。
次回作も楽しみ!
ちょっとしたシーンだけど、アジア系と黒人の若者が300年前の戦争
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

これは面白かった
世界の誰かに起きたアンビリバボーな事件を一緒に追って行く感覚
映画なのにパソコンやTVサイズで見る方が臨場感あるかも?って新しさ

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.8

「any day now」の余韻
無言でボーッとエンドロール眺めてた。
実話かぁ。。。なるほど、吐きそうな理不尽さに納得だ。
魔法使いの少年マルコと共に、イボイボの醜いジジィガエル達と戦うおとぎ話なら
>>続きを読む

我が家のおバカで愛しいアニキ(2011年製作の映画)

3.2

すごーく重たい映画を観て落ち込んだ時、お口直しで観たいお気楽ドタバタハートフルコメディ
兄貴がバカ過ぎてついついみんな油断して大変な事になるのに、本人に悪気がないから最終的にほっとけないって愛に溢れた
>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

4.3

なんて温かい気持ちになる映画なんだろう。
ラースの目に映る彼女と、周りの人達に映る“彼女”は違うはずなのに。
いつまで続くかわからない茶番に誰一人として水を差すことなく、
それどころかどんどんノリノリ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

ファッションも音楽もあの日のキラキラが詰まった映画
ナイーブで夢と希望に満ち溢れた青春ムービー。

ふとしたセリフの巧妙さ
コミュニケーションの中に格差や大人の事情でそうなった背景なんかも説明的でなく
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.1

脇のキャラクターが奇抜でファンタジー臭醸しといての相反して主軸はリアル。
待ってても奇跡は起こらないし、転機があって良かった良かったのお話。
だからこそキャスティングの妙
役者の演技に見いる。
安藤サ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

2.9

ディズニー行って来ました!
ディズニー映画ではないんですけどね
ディズニーのテーマランドを巡った気持ちになります。
私は海溝パークが一番お気に入りかな。センター・オブ・ジ・アース~!
コスチュームは
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.8

人生の一番の映画は?トークで名前が上がったので、いつかは観ようと後回しにしてたけどついに鑑賞。
原作者のイメージでホリーはマリリン・モンローの様なもっと肉感的なタイプで、オードリーヘップバーンのキャス
>>続きを読む

吉原炎上(1987年製作の映画)

3.5

言わずと知れた花魁の華々しい美しさと女の意地と悲しさを描いた作品
西川峰子先輩凄い。ここだけ歌舞伎の舞台みたいで恐ろしい迫力でした。
「ティファニーで朝食を」の可憐なオードリーヘップバーン観た後だった
>>続きを読む

レッド・バイオリン(1998年製作の映画)

3.5

そうかぁぁ、長い長い旅をしてるんだなぁ
人間の一生なんて一瞬だけど、全部背負って生きているような、まるでバイオリンが意思を持っているかの様な音色
生き物の様に思えてくる
ありがちな狂気に偏りすぎない描
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

トラッドの嵐に悶絶死しそう!
ジュード・ロウの肩に手を伸ばしそうになった。
上質な素材感、シルクやビロードの美しいドレープ、ツィードの織までくっきり見えます。
3DIMAXレーザーやばいです。
ストー
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

メンバーや、当時の舞台ファッション、プライベートショットでお気に入りだったキモノガウンまで、懐かしい映像の再現に震える
レコーディングやライヴエイドなど、テンション上がっちゃって、応援上映や絶叫上映じ
>>続きを読む

アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語(2017年製作の映画)

3.1

現在(戦地)と過去(社交界)とシフトチェンジしながら物語が進んでいく
どちらのシーンも馬が美しく、
戦火よりもアンナの情熱の炎が激しかった。
国や時代が違っても、男女の痴話喧嘩は全く噛み合わないって共
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.5

色気のある女優が好みだけど、バンドのクリップとしてガリガリのキーラはいかにもシンガーっぽくて役にピッタリ。
ハルクはジョージ・マイケルに見えてしょうがなかった(笑)
異性の親友っていいよね。あんな関係
>>続きを読む

シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖(2018年製作の映画)

5.0

これはほんとに面白い!
猿之助さんの脚本演出すごすぎ。
ゲキシネは公演期間中のある日を切り取るわけだが、RPG感もあって、今日はどちらにストーリーが進むのか?演者裏方誰にもわからない展開。
劇場に何度
>>続きを読む

シネマ歌舞伎 法界坊(2009年製作の映画)

3.5

やっぱり舞台で観たいですねー。
今年は勘三郎七回忌だからか、意外に賑わってました
中村座は歌舞伎初心者にもわかりやすくイヤホンガイドもいりません
当時の芝居小屋を再現した屋外ならでは演出、客席に降りて
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.0

いつか本当にこんな凄いハイテク超超超高層ビルが建つ時代が来るんだろうか、と思ったらワクワクした。
もしこれが4Dで、あのシーンで座席がガタガタ揺れたり、風なんか吹こうもんならほんとにガクブルだな~。高
>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

2.0

4DXで鑑賞。戦闘シーン目まぐるしくて酔いそうになった。
ストーリーは時代錯誤で説教臭い。
水木一郎のお馴染みテーマソングも数々の懐かしい必殺技ももっと溜めて効果的に出して欲しかったなーというのが懐か
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

2.5

メリル・ストリープのキャラクターが敏腕女社長だろうと勝手に想像していたので、予想外の内容でした。
政府の圧力と報道の自由、会社の存続と一度に板挟みになる元専業主婦をメリル・ストリープが見事に演じていま
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.9

同時期に公開のレディプレイヤー1となんとなく似たようなポスターデザインにてっきり近未来の話かと思ってましたが、完全にスペースファンタジーでした。
リュックベッソンの美しく、ファッショナブルな世界
多種
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

皆さんのレビューを参考に、未鑑賞だったシャイニング(解説特典付き)と二本立てでDVD鑑賞しました。
オタゲーものと聞いていたのに何故シャイニング?と不思議でしたが、なるほど!
ゲームだけじゃない様々な
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

chase ! chase ! chase !Run ! Run ! Run ! 息つく間もなく最後まで楽しく見られました。
シリーズ重ねても失速することなくホッとした。
アクションもさることながら、
>>続きを読む

>|