reicoroさんの映画レビュー・感想・評価

reicoro

reicoro

映画(170)
ドラマ(78)
アニメ(0)

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.6

少し物足りなさを感じた。でも、天才的な能力がある女の子と家族の話はすごく面白かったし感動した。なにより、メアリーとフレッドがかわいいかわいい。
顔はキャプテンアメリカでしかないのに、全然キャプテンアメ
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.5

特に後半の山場が終わりそうになると新たな展開がどんどんくる感じがかなり激アツだった。空のアクションは映像もパワーアップして、ふだんアクションシーンで動向見失う私でもかなり楽しめた!!!前回のビーチバレ>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.5

空のアクションシーン何が起きてるか理解しきれないけどかっこよすぎた。マーヴェリックは空でもかっこいいのに陸でもバイク乗り回してかっこよすぎる。
トムクルーズ目の奥に熱い情熱がある感じがして吸い込まれる
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.8

いやぁ面白かった。クルエラ終始かっこいい。見どころの衣装はどれも魅力的だけど、1番好きなのは車の上の衣装かな。ゴミの長いスカートも良い。蛾の卵が縫い付けられた衣装の皮肉っぷりにはとても興奮した(笑)>>続きを読む

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

4.5

幼い頃から何となく目にすることはあったが、今回初めてちゃんと観た。親子2人の成長物語。マーリンは奥さんと多くの子どもたちを亡くしたトラウマと元々の性格が合わさり、ニモに対して極度の過保護になっている。>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

作品の設定と楽しげでありながら不穏な空気間がめちゃ面白い。もう一回観たい!とは思わないが、1回目の鑑賞はかなり楽しめる作品。
生まれた時から全てが監視されているなんて怖いね。それに周りの全てが撮影のた
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

5.0

私の人生にもきらめきがある。今まで21年間、いろんな人から変だと言われてきた。みんな良い意味で言ってくれているのは伝わるけど、それに悩むこともあったし、悲しいこともたくさんあった。そんな中で、天気の良>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

2人の状況を理解し始めてから引くほど泣いた記憶がある。かなり感動した。映像と音楽と展開がとても好き。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

難解。世界観が面白い。
Netflixで期限がついたため難しいと言われていることを知らずに鑑賞。理解できない部分が多すぎて終始「?!」だった。しかし、それでも伝わってくる臨場感と不思議な世界観。タイム
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.9

大好きな大好きな作品。とにかく歌が最高すぎる。夢と愛とわくわくが詰まってる。ときめきが止まらない。
有名な”This is me”はやっぱり最高。今まで隠され隠れて生きてきたみんながバーナムにも突き放
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

もしもの空想シーンが切なすぎる。こんな終わり方はこの映画にしかない唯一無二だと思う。でも、切なすぎるけど、ある意味ハッピーエンドでもあるのかな。お互いがお互いにとって情熱的で特別な心から愛する人だった>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

ライブエイドのシーンではなぜか涙が溢れてきた。なぜだろうと考えながら実際のライブの映像をYouTubeで見た。まず、本当に再現度が高く、細かく作り込まれていた。そして何より、Queenの奏でる音楽とフ>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.5

“my precious list ”
題名がとても素敵な映画。キャリーにとってもう一度前を向くきっかけをくれた「大切な」「かげがえのない」「尊い」リスト。
賢く、素直で、どこかひねくれていて、正義感
>>続きを読む

鳩の撃退法(2021年製作の映画)

3.0

展開が新鮮。何が真実でなにが空想なのか「?」なのがこの映画の面白いところ。この物語自体も事実が混じっているのかもしれないと思うと、不思議な気持ちになる。伏線を全部拾えたら、そして原作だったら、さらに面>>続きを読む

カモン カモン(2021年製作の映画)

3.9

暖かく穏やかで、たくさんのことを考えさせられた作品。子どもの真っ直ぐな言葉は刺さるものがある。何にも染まっていない透明で綺麗な心から溢れ出る言葉一つ一つが強く、たくましかった。21歳の私にとってはまだ>>続きを読む

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

4.0

いやぁめちゃくちゃ良かった。ビビアンは豪快で飾らなくてチャーミングでとっても魅力的な女性。周りの人から好かれる不思議な魅力のある人。そして、くすっと笑わせてくれるようなあっけらかんとした彼女を愛おしそ>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

4.0

途中から映画館でずっと泣いてた。
まつりちゃんも周りの人もみんな辛かったよね。お母さんの肩で思いが溢れ出すシーン泣かない人いないと思う。普段彼女はあまり感情をださないし自然体で人間味がある。だからこそ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

最初、奥さんが亡くなってからのデイヴィスを見て冷たい人だと思った。本当に愛していなかったし無関心だったんだと思った。「何かを直すときは分解し強さの源を見極めろ。」フィルのこの言葉をきっかけに、デイヴィ>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

一言で言うと、静かで美しい。
イライザが耳が聴こえないからか、無駄な音楽は排除されてシンプルに描かれている。水色一色の部屋も服も作品の雰囲気が統一されていて、個性の光る映画。グロテスクな部分や人間の汚
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.8

切なく温かく自然と涙が溢れ続けた。お父さんの娘を愛しく想う目が本当に素敵だった。ルビーの歌を自分は聴くことができない。それを目と手と振動と心で最大限感じようとする姿に心打たれた。
ステージの音がなくな
>>続きを読む

桜のような僕の恋人(2022年製作の映画)

4.8

うぅ………後半ずっと泣いてた。最後の最後まで美咲と晴人くんの2人の想いが伝わってきて。悲しいけど暖かい。晴人くんの白黒の世界に、美咲の桜のような明るい色が入り込んでいくのがとても美しかった。美咲本当は>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.8

以前から気になっていて、エディ・レッドメインが主役ということに後押しされ鑑賞。世界観、作品の温かさ、キャラの個性、ストーリー、音楽、全てが最高だった。ファンタジー好きな人はめっちゃおすすめ!!
まず、
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.7

ラスト切ない…
お互いが人を欺きながら仕事をしてるからこそ、大切な人も疑うことになっちゃうことが悲しい。マリアンヌが優秀すぎるからこそ、これが本当の愛なのかわからくなってしまうよね。自分の信じることを
>>続きを読む

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

3.4

映画を見終わった後の後味の悪さは、衝撃的なラストよりもマリアに共感できなかったことが大きい。兄が殺されたのに、たとえお兄ちゃんを殺したとしてもあの人を愛してるとアニータに言い続けるシーンには、薄情すぎ>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

3.0

因果応報。相手に向けた憎悪は自分に返ってくることを学ばなくてはならない。人種差別の悲劇がさらなる悲劇を生んだ。悲しい。

空白(2021年製作の映画)

3.3

苦しい。ここまで苦しい映画は初めて。映画見て疲れるって気持ち今までわからなかったけど、この作品はどっと疲れた。多角的な目線で一人一人の気持ちが描かれていたことでどんどん当事者意識が湧き、何度も泣いてし>>続きを読む

フレッシュ(2022年製作の映画)

3.0

異常なコミュニティとそれに浸かる異常な男の話。奥さんが一番やばい人だと思ってしまった。奥さんとスティーブの馴れ初めが気になる。コミュニティ出身なのかな?
ノアは賢くて勇気がある女性。親友のモリーもかな
>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.7

ドミニクはレティの仇を打つために犯人を逮捕に追い込む。レティが亡くなってしまったのはとても悲しいけど、それをきっかけにドミニクとブライアンがまた一緒に走ってくれてとても嬉しい。アクションシーンも激しく>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.5

人生の最期まで、お互いを包み込むあまりに美しい愛の形。アリーとノアは苦難を乗り越え人生をかけて互いを愛し、喧嘩もしながらそれでも楽しく毎日を過ごしたんだなぁと思うと感慨深い。一人の人を愛し続けることが>>続きを読む