ReinaTagyoさんの映画レビュー・感想・評価

ReinaTagyo

ReinaTagyo

映画(147)
ドラマ(3)

ヘアスプレー ライブ!(2016年製作の映画)

5.0

ヘアスプレー大好きすぎて最高。
生放送でこのクオリティってどういうこと!びっくり!!
最後のカーテンコールで涙出た。

アリアナグランデがペニーやってます!

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.8

大正時代のアナキスト集団と女相撲の話。

是々監督が30年間温めたテーマということで3時間以上にわたる超大作でしたが、全く飽きなかった。

女性と朝鮮人への差別があまりにもひどくて、息がつまる。
今で
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.6

大学生の女の子がお茶を習うお話。

五感を研ぎ澄ませば、なんでもない日常に小さな発見があること。
歳を重ねたら同じものでも違って見えることがあること。
季節を愉しみ、一年を愉しみ、その繰り返しを愉しむ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

ひとりで見に行ったのにめちゃ声出して笑ってしまった。笑

ゾンビとか血こわい。。

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.8

これはジブリで一番好きかもしれない。
映画館で見た以来だけど、前回と比べてかなり好き。横浜の海も昭和レトロな雰囲気もすごく好みだし、主人公の海ちゃんのあだ名がめる(フランス語で海)ってところもお洒落。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

もう拗らせすぎてて悲しい。
謎のミュージカル調のところは悲鳴あげながら笑った。何あのコンビニの人、気になって仕方ないんですけど(笑)

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

5.0

こういう家族愛の映画、とてもツボ。
子供扱いも過保護な特別扱いもしない、思いやりと愛に溢れた子育てに憧れる
泣けます。

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.8

小さい頃に母親が好きでよく見た映画。
マリリンモンローがキュートなのと、男2人の女装がちゃんと様になってて(何なら結構綺麗で)笑える。
三谷幸喜が好きらしいビリーワイルダー監督作品をもっと見たいなーっ
>>続きを読む

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

3.9

ミュージカルと比べて物足りないなぁと思ったらこっちが原作だった。
ローラのREDの言い方が◎

万引き家族(2018年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

もう演技がすごすぎる。
演技派たちが演じる日常。共感できるとかじゃなくてただただこの家族の日常。
でも家族全員が本当の家族じゃないちぐはぐ感までリアルで、この人たち(特に安藤サクラ)の創造力すごすぎま
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

パリの魅力を全て詰め込んだ作品。
パリが輝く時代全部入れちゃえ!みたいな発想がすごい。どのパリも羨ましいくらい美しい。
主人公はタイムスリップできちゃったけど、故人がかつて過ごした場所で、故人に想いを
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.8

ただただ美しい…
大切に取っておきたくなるような作品。

見目麗しい2人が主人公で北イタリアが舞台だから爽やかな気持ちで観れるけれど、日本やNYじゃこうはならないよな…と思います。

最後にくる「CA
>>続きを読む

トップ・ハット(1935年製作の映画)

4.0

ストーリーは大したことないラブコメなんですが、1935年の映画ってことにびっくり。自分が今まで観た中で一番古い映画だった。

ララランドの"A Lovely Night"は、劇中歌"Isn't Thi
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

3.0

いい映画のはずなのに、私のトラウマ映画「カッコーの巣の上で」に似ているシーンが多すぎて怖いデジャブを感じた。
白い病棟・バス・海、この映画では全部ポジティブに描かれていたけど、すごく怖かった…。

>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

5.0

もうアディが悶えるほど可愛い…
観終わっても忘れられず、好きなシーンを見返し続けてます。アカデミー賞が既に助演女優賞をあげてるけど、私からもあげたいですっていう謎の気持ちになりました。

レオンを彷彿
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.2

お洒落なオムニバス映画。夜観たくなる映画ということでお勧めしてもらいました。

5都市の夜のタクシーを舞台にしているのですが、個人的にはニューヨークのお話が好き。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.3

面白かった!何も考えずに笑える。面白いシーンしかない。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

予想をはるかに上回る、ディズニーらしくない映画でした。(商業的な分かりやすさやいわゆる白人至上主義はなくて、他国の文化に寄り添った作りだったのではと思う。)
今までメキシコについて知ろうと思ったことは
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

外で演奏するシーン好き。
インテリアがお洒落でした。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

予想以上によかった!
楽曲だけ何回でも繰り返して見たい。

ただ、扱ってるテーマが、残酷を華やかで隠した!みたいなものだから純粋に好きとは言い切れない。エンターテイメントとしては最高だと思います!!

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

5.0

観たのは12月だけど、本当に良い作品に出会えたと思った!もはや映画ではなくて90分の次世代アート作品。美術が好きな人、芸術に関わる人には絶対に好きだと思う。
ゴッホの絵が色彩を変えずに動き続けるのです
>>続きを読む