remiohiroshiさんの映画レビュー・感想・評価

remiohiroshi

remiohiroshi

何者(2016年製作の映画)

2.5

今どきの豪華キャストだけどね、痛い。若いって痛いのかぁ?って試写見た時に思ったよ。

ジェイン・オースティン 秘められた恋(2007年製作の映画)

4.2

プライドと偏見 最も好きな作品が誕生した背景がよく解る純愛実話。ああやっと見れた!アン・ハサウェイに心を掴まれた❗

エベレスト3D(2015年製作の映画)

3.7

これが実話映画化ということが恐ろしい。エゴが人命を危険にさらす典型。
ワーキングタイトルは外さないね。

友罪(2017年製作の映画)

3.8

これは瑛太の映画だったなあ。演技が凄くて半端ない。
作品自体が人間の闇を突き進んで行くので、気力を使い果たしてしまった。人間味剥き出しで正解のない映画だよ。ここに善人はいない…

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

こういうアメリカの良心を取り戻す実話映画化はトランプ政治への抗議に等しい。このあとリーアム・ニーソンのザ・シークレットマンを見る事を勧めます。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.8

主人公の性格悪いこと… だから映画になるんだね。松たか子の主題曲も素晴らしいです。DAIGO怪演です…

シューマンズ バー ブック(2017年製作の映画)

3.0

世界中のバーを巡るカリスマバーテンダーのドキュメンタリー。興味深い内容だったけどね。さすがにちょっと途中で寝落ちしました…それにしても日本人は生真面目だと本作でも思います。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

5.0

今までで最も感情移入して、上映中泣き続けた作品。この映画に出会えて感謝です。生涯忘れない。 http://www.j-wave.co.jp/blog/event_s/

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

4.5

実話ベースのアメリカ政治スキャンダル物。70年代の名作【大統領の陰謀】と対を成す内容で凄く興味深い。リーアム・ニーソン久々のノンアクション。見るべき映画!

マリアンヌ(2016年製作の映画)

5.0

マリオン・コティヤールに惚れました。とっても気に入った泣ける作品。満点です。嗚呼なんて美しいんだろう。

スーパーチューズデー 正義を売った日(2011年製作の映画)

4.5

ハウスオブカード並にとても良くできた米国大統領選物。ああ面白かった!

愚行録(2017年製作の映画)

3.5

全員汚れ役。あまりにも闇が深くって… 女優さん美人揃いだから余計に重かった。それにしても実生活がクズだと役もリアルにクズだと。

ペリカン文書(1993年製作の映画)

3.8

ジュリア・ロバーツ超美しかった頃の社会派ドラマ。また見てみよう。

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.5

いろいろと激しい作品だったなあ、アメリカン・バイオレンス。

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.3

なんか暇潰しで見に行く映画だったなあ、面白かったけどね。

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.0

良い映画だったなあ。だけどね試写が終わって有名人双子が内容に激怒しブツブツ言いながら帰って行ったのを覚えている。

タイタニック(1997年製作の映画)

4.3

今さらですが、クライマックスで泣いた事を思い出しました。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

かなり前に見たのに、印象が強い。やっぱりフィンチャーなんだなあ。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

2.5

展開が速すぎて途中で完全に爆睡ポール・マッカートニーを見逃した…

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

見事なミュージカル。わかり易いし、奇麗事で済まさないし、主人公も欠点だらけでツッコミを歓迎している感もあったなあ。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

5.0

何やってんだよ、ケヴィン・スペイシー… 作品は満点だけどね。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

内容覚えていないけど、面白かったのは間違いない。

セブン(1995年製作の映画)

4.0

過去一番後味が悪かった。もう見ない。しかし影響力絶大だね、認めます。

アメリ(2001年製作の映画)

4.0

繰り返し見た人が多かったそうだけど、納得。

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

4.0

ヒットし過ぎたから、今さら点数つけるの恥ずかしいけど、初回試写で見た時にとっても面白いと感じたこと思い出した。

>|