remiohiroshiさんの映画レビュー・感想・評価

remiohiroshi

remiohiroshi

映画(747)
ドラマ(8)

(2020年製作の映画)

4.0

良く出来た古典的、平成人生物語。周囲が皆すすり泣いていたよ、堪えたけどね。

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.2

正統派の法廷、実話物。重く深いテーマを丁寧に描いてくれた。トランプ派は無視するだろうけど。

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.8

スターとクズは紙一重な実話。ジュディがスティーヴンタイラーに見え続けた。似過ぎているよ顔。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.9

この続きが見たい、映画版としての続きが。登場人物達が頭の中に残り続けている感覚。

S.W.A.T.(2003年製作の映画)

3.3

後日人気者になった俳優多数で、今見ると豪華な顔ぶれ。娯楽大作だったんだね。

チア・アップ!(2019年製作の映画)

3.9

おばあちゃん達も昔は乙女だったんだよ、と苦労も吹き飛ばす、ポジティブになれる91分!

ダークナイト(2008年製作の映画)

-

そもそも本作が採点不能だったからジョーカーにも点数付けられないんだよね。

劇場(2020年製作の映画)

3.6

さすがだったなぁ。学生時代の青くてイタい自分を思い出した、こんなにヒドくはなかったけどね。

ポップスター(2018年製作の映画)

2.0

感情移入も共感も出来ない。作りが斬新な作品という事か。

プラド美術館 驚異のコレクション(2019年製作の映画)

3.5

語りは難しく理解出来ぬ事も多いが、絵画の圧倒的な力。これは凄い。日本語版希望します。字幕が絵に被らないで済む。

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.2

実話ベースだとするとエジソンは性格相当悪い感じ。って言うか天才達の心情は常人には理解出来ない。

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.8

実話だという事が重く、それを特殊メイクを駆使して作ったのが映画らしい。

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.8

ブルーススプリングスティーンが大好きだった頃を思い出して、ホロっとした人情劇。良かったです。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.3

ずっと笑って見てたから面白かったんだよな、僕は神奈川県民だけどね。
これが日本アカデミー賞獲ったら終わりだと思うけど。

ワンダーウォール 劇場版(2019年製作の映画)

3.8

学生の頃を思い出させてくれたなぁ、自分はだいぶ違っていたけどね。面白かったです。

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

3.5

自分の30数年を思い出しながら見てしまう。NHKの秀作ドラマのような作品だね。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

イーストウッドだから見た。誤認や推測、虚栄心の危うさが滲む。日本でもある話だ。

だれもが愛しいチャンピオン(2018年製作の映画)

3.8

面白かったし、いろいろ考えさせられる内容。展開はかなり端折っているけど。

ハスラーズ(2019年製作の映画)

4.0

超下品で酷い話だから凄く面白い映画になるんだよね。男も女も大バカ者だな。

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018年製作の映画)

2.8

フィンランド映画は珍しいけど、強欲な老人にはなってはいけない、という事かな。

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

4.0

充分に面白かったし楽しめました!リーサルウェポンとか、あぶない刑事とか、好きなんだよね、みんな。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

耐えられない程の緊迫感 戦争は繰り返してはいけない 見る価値あり

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

5.0

期待どおりの素晴らしい作品。思い出すたび泣きそうになる。シアーシャローナンが途中から一色紗英に見えた!

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

独創的で韓国映画らしい。若奥さんが美人!宣伝はやや大袈裟だね。

M/村西とおる狂熱の日々 完全版(2019年製作の映画)

3.0

いろんな意味で安っぽいが、この人間臭さと本気度は誰も反論できないね。だから見たんだよなぁ。

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方(2018年製作の映画)

4.0

これはピュアで前向きになれるドキュメンタリーだ‼︎なかなか真似出来ないけどね

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.6

王道のアクション映画、近未来なのにダイハードとかランボーとかオーバーラップして激し懐かしい感も。

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

3.4

足が竦むこと、怖くて、ハラハラ。利き顔俳優じゃなければ、もっと良かったのにね。

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

4.0

最初は見たこと後悔したけど、結局泣きそうになった。良い作品。全編ジョージマイケル、彼の曲も歌声も素晴らしいね。

>|