remiohiroshiさんの映画レビュー・感想・評価

remiohiroshi

remiohiroshi

映画(618)
ドラマ(8)

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

なかなか良く出来た音楽映画。普通に感動したよ、ガガファンでない僕も。

私は、マリア・カラス(2017年製作の映画)

4.0

素晴らしいドキュメンタリー映画。歌声は永遠に残る。そして恋に生きた一人の人間、せつない。

シャイン(1995年製作の映画)

3.8

20年ぶりに見たが、名作は時代を越える。サントラ持っているから、また聴こう。

ある誠実な男(2018年製作の映画)

3.5

男が女性の手のひらで操られるのは万国共通、という映画

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

5.0

やっと見たラッセ・ハルストレム作品。しあわせの絵の具と同じくらい泣いた。声を上げて泣いた。思い出すと泣けてくる。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

来日公演沢山やったのに、なんで行かなかったんだろう。大きな後悔を、これ見て感じる。泣いた、大人泣き。

バック・ビート(1993年製作の映画)

4.5

久しぶりに見た。ビートルズだから一層深く感じる事が多い。素晴らしい青春映画だったよ。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.3

全く共感出来なかったけど、すごく面白かった!やっぱり中国が世界の中心になっていくのか、と見ていて思ったよ。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.1

前評判どおり、よく出来てる今どきな映画 充分楽しめた!PCじゃあなくて、劇場で見てください

クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落(2012年製作の映画)

2.5

ロールスロイスでマクドナルドを買いに行き、安売りスーパーで爆買い、まあ本人が幸せならば、ツッコミません

億男(2018年製作の映画)

4.5

想像以上、とっても面白く良い話だ。藤原竜也が胡散臭くて怪演!

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.0

ヒステリックな主人公に歳を重ねたら楽しくなるよ、と言いたい僕はおっさんだよ。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.7

当事者しか分からない苦悩の話。みんな辛いんだよ、生きることも…

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

汚れた大人への金言のような話。字幕版の映画館もチビッコ達だらけだったけど、子供ならではの理解があるんだろうな。

マイ・サンシャイン(2017年製作の映画)

3.0

鮮明に覚えてる91年LA暴動を題材にした実話モノ。笑えない貧困と差別、無知。これも映画の役割か。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

想像以上に良い作品。人生訓のような映画だね。余談だけどZOZO?みたいだね舞台。

家族のはなし(2018年製作の映画)

3.5

小作品だけど、なかなか良いよ。サイダーガールの曲もいい!

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.7

数十年ぶりにシネマコンサートで鑑賞。かなり忘れていたけど、名作は色褪せない。また泣いたけど意外と笑える人情劇だ。

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

3.5

良いんだけど、深く考え過ぎて、最後が理解出来なかった。

体操しようよ(2018年製作の映画)

4.0

昔、中洲の飲み屋に草刈正雄に100パーセント似ているバーテンダーが居て、モテまくっていたのを思い出した!
良く出来た純邦画、淡々と沁みたよ。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.1

このオリジナルが良く出来ているから、日本リメイク版も面白かった、当たり前な事を感じたよ。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.0

ハードだ、激しい、緊迫、多分現実も同じことだろう。体が固まったよ。

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

3.7

入口からは想像出来ない展開。自己中と才能は区別し難いね、若さゆえってことか。

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.8

サイコサスペンス、レクター博士が毎作チラつくのは仕方ないな。かなり前の作品が、ようやく日本公開される事を喜ぶべきか。

>|