Lenelyさんの映画レビュー・感想・評価

Lenely

Lenely

映画(1111)
ドラマ(2)

チャンピオン鷹(1981年製作の映画)

4.2

DVDにて鑑賞

いや最高傑作だね。
初々しさと可愛らしさ満点のユン・ピョウとチャン・コッキョンとの愛くるしくて最高のコンビネーションとディック・ウェイの憎たらしい悪役っぷり。
80年代の香港カンフー
>>続きを読む

タイム・ソルジャーズ/愛は時空(とき)を越えて(1989年製作の映画)

4.0

DVDにて鑑賞

ユンピョウ演じる明朝の近衛兵副隊長のチェンが朝廷の命により、ユン・ワー演じる悪に染まった門下の兄弟子である極悪人フォンを成敗すべく、戦いに挑むが輪廻盤によりタイムスリップしてしまう…
>>続きを読む

幻影拳 ザ・マジック・カンフー(1994年製作の映画)

2.8

DVDにて鑑賞

JVDリリースより英語吹替、画面サイズ4:3で最悪の画質で廃盤かつプレ価であったが漸く購入し鑑賞…。
正直なところコレクターだから購入しただけであってそこまでの期待は無かったがまずま
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地雷鳴(1993年製作の映画)

3.0

DVDにて鑑賞

漸く廃盤商品をお手頃に購入できたので再鑑賞したが、完全にドニーファンのみが楽しめるような作品だ。
清朝末期にイギリスから密輸するアヘンに苦しめられていた中国が舞台で、ワンチャイシリー
>>続きを読む

悪霊のいけにえ(2001年製作の映画)

1.5

DVDにて鑑賞

人生において、70分という短いようで非常に大切な時間だということを改めて痛感させられる。
悪名高きJVD発掘C級ホラーのゴミ映画。
しかし、今回のJVD吹き替えはあまり面白くなかった
>>続きを読む

悪霊のしたたり(2003年製作の映画)

2.5

DVDにて再鑑賞

当時まだガキの頃に新作コーナーで13金のPart2モデルのジェイソンに似てるパッケージに惹かれてレンタルしたが、ゴアシーンがなかなか際どくて断念した記憶があるが、改めて購入してみる
>>続きを読む

ファイナル・ファイト 最後の一撃(1989年製作の映画)

2.9

DVDにて鑑賞

倉田保昭が10年間という長期に渡る構想の元で製作された日本と香港合作のアクション作。
香港スターの若き頃サイモン・ヤムや燃えよドラゴンでお馴染みのヤン・スエなど激アツなキャスティング
>>続きを読む

ドラゴン・ファイター(1973年製作の映画)

1.5

Netflixにて再鑑賞

JVDからリリースされた円盤を所持しており、これまたファイティングマスター同様でパッケージだけで手に取ってしまうと痛い目見てしまう作品…。
当初彼が十九歳の頃に初の悪役と武
>>続きを読む

ファイティング・マスター(1971年製作の映画)

1.5

DVDにて再鑑賞

当初ファイティング・モンキー昇龍拳というVHSを購入してガッカリした記憶がある。無名時代に助演を務めた作品と知らず手に取ってしまったが、これまたジャッキーが弱い…。
そしてあまりに
>>続きを読む

ミラクル/奇蹟(1989年製作の映画)

3.5

Blu-rayにて再鑑賞

ジャッキーが監督も手掛け、彼の作品の脚本も多く手掛けた脚本家エドワード・タンとの合同脚本製作、そして構成されにされたアクションとストーリーがとにかく最高の本作は、ジャッキー
>>続きを読む

炎の大捜査線(1991年製作の映画)

2.5

Blu-rayにて再鑑賞

小さい頃はジャッキーの出番が少なめで全然ハマらなかったけどめちゃくちゃ繰り返し見ていた記憶はある。
功夫スターであり黒社会のドンであったジミー・ウォンの脅迫(?)で出演せざ
>>続きを読む

プロテクター(1985年製作の映画)

2.4

Blu-rayにて鑑賞。

グリッケンハウス版は初めてみたが好みではなかった。
全体的にすっきりしないアクションと、ハリウッドらしい台詞とヘア無修正の女体描写…。
なんだこれ…。全然楽しくなかったね。
>>続きを読む

サイクロンZ(1988年製作の映画)

4.0

Blu-rayにて再鑑賞

ジャッキー、サモハン、ユンピョウの共演作の中でもずば抜けて好きな本作は、喜劇はもちろんアクションも素晴らしい。
まさにこの3人の黄金期とも言える訳だが、脇を固めるポーリン・
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.7

Blu-rayにて鑑賞

米国で70年代、実際に起きたせセオドア・ロバート・バンディが若い女性を強姦、殺害、凌辱の事件を題材に彼の容疑者になってから死刑までを描く。
今回漸くザック・エフロンの演技力を
>>続きを読む

新・八仙飯店之人肉饅頭(2001年製作の映画)

2.0

DVDにて鑑賞

三級片映画ファンの中でも話題になった原題『人肉豆腐湯』は香港で実際に起きたハローキティ殺人事件を題材に制作されたスプラッタースリラー。
この頃の香港映画は香港人肉厨房、八仙飯店〜から
>>続きを読む

GONIN サーガ(2015年製作の映画)

3.0

当時劇場で鑑賞し、Blu-rayで再鑑賞。

やはり石井監督といえば個人的にヌードの夜と夜がまた来る、そして本作GONINシリーズだ。
冒頭の本木雅弘の1作目の名シーンとちあきなおみの紅い花。そして故
>>続きを読む

屋根裏の散歩者(2016年製作の映画)

1.5

Blu-rayにて鑑賞。

江戸川乱歩原作の屋根裏の散歩者、昔に故・実相寺昭雄監督が既に映像化しているが本作は江戸川乱歩的世界観以外に評価は難しい…。
この映画が出た頃といえば、D坂の殺人事件やフィギ
>>続きを読む

友達の家(2013年製作の映画)

2.5

昔稲垣吾郎がやってたほんとうにあった怖い話を彷彿させる短編ホラー。
和製ホラーのお約束はもちろん、恐怖演出もありきたりでありながらもやはりゾクっとさせる効果は良い。
この異様な空気感を説明無しで5分で
>>続きを読む

SPL/狼よ静かに死ね(2005年製作の映画)

4.8

DVDにて鑑賞。

ドニー映画のトップ3には間違いなく入る一本。三級片映画でもあり、アクションとバイオレンスがとにかく半端じゃない。
ドニーの回し蹴りはやっぱり綺麗なもんだ。サモ・ハン、ウー・ジン、サ
>>続きを読む

八仙飯店之人肉饅頭(1993年製作の映画)

4.4

三級片極悪列伝DVD-BOX版のソフトで再鑑賞。

香港を代表するスプラッターホラーの傑作で、当時無名に近かったアンソニー・ウォンが名を知らしめた怪作。
マカオで起きた事件を描くがこれまた残酷極まりな
>>続きを読む

八仙飯店之人肉饅頭2(1998年製作の映画)

4.0

DVDにて鑑賞

香港スプラッター映画の代表作とも言える八仙飯店之人肉饅頭シリーズ2作品目である本作は、前作実話を元に制作され既に完結しているストーリーの為本作とは繋がりはなく、また人肉饅頭とは皆無で
>>続きを読む

スー・チーのSEX&禅(1996年製作の映画)

2.5

DVDにて再鑑賞。

三級片映画かつ今ではハリウッドでも活躍し、一級の女優であるスーチーがヌードモデルなどをやっていた初期の映画。
セックスにで人間の精気を吸い取る妖怪”幻姫”の物語で終始下ネタを起用
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.0

大泉洋がとても好きで鑑賞し、特に期待していなかったが非常に良作。
近年ではクソしょうもない漫画原作の実写ばかり繁殖してる邦画だが、これは秀作。
大泉洋が出演すると不思議と面白い作品になっている印象があ
>>続きを読む

ファイナル・スコア(2018年製作の映画)

3.5

Blu-rayにて鑑賞。

デイヴ・バウティスタが主演だからこそ成り立つパワフルなアクション映画だと思う。迫力満点のアクションとスリル、バイオレンス描写と近年のB級(?)アクションとしては満点に近いレ
>>続きを読む

ダブルフェイス 偽装警察編(2012年製作の映画)

4.0

Blu-rayにて再鑑賞

偽造警察官がメインの本作。
終極無間とは…。徐々に関係性が崩れ出し最終決戦となるが、原作を観ている人なら既に結末を知っている人も少なくはない訳でどのように伏線回収していくか
>>続きを読む

ダブルフェイス 潜入捜査編(2012年製作の映画)

4.0

Blu-rayにて再鑑賞

邦画も本気出したらやるな。
原作であるインファナル・アフェアからハリウッドリメイク版ディパーテッドと本作日本リメイクである本作は、潜入捜査官と偽造警察官の姿が見えない闘いを
>>続きを読む

ホーボー・ウィズ・ショットガン(2011年製作の映画)

4.5

Blu-rayにて再鑑賞。

映倫からギリギリのR18+を余儀無くされた本作はグラインドハウスのフェイク予告にてグランプリを受賞し、映画化された。
吹き荒れる流血と生首、肉体破損は当たり前のゴア描写の
>>続きを読む

セルビアン・フィルム(2010年製作の映画)

4.0

Blu-rayにて鑑賞。

輸入Blu-rayからUNCUTバージョン、そして国内版とある種コレクターっぽくなってしまっている俺だが、モラルを完全無視したセルビア製ゴアスプラッタームービーの傑作。
>>続きを読む

Atroz(原題)(2015年製作の映画)

4.0

Blu-ray輸入し、鑑賞

メキシコ・オブ・デスの監督の中の1人であるR・オルテガ氏による最新作。
おそらく国内流通はまずあり得ないでだろう本作は、地獄のゴア描写が立て続けに起こるPOV式ゴアホラー
>>続きを読む

ゴースト・オブ・マーズ(2001年製作の映画)

2.0

Blu-rayにて鑑賞

ジョン・カーペンターの大誤算とも言える駄作級の駄作。
本当にびっくりなのは2001年に製作されたとは思えないくらいのチープな背景とガサツな演出、構成…。
若かりし頃のステイサ
>>続きを読む

デッド・フレンド・リクエスト(2016年製作の映画)

2.5

Blu-rayにて鑑賞。再評価

今流行りのSNSを題材にしたホラー映画で、欧米カルトを起用しているがいたって単調かつ王道。とはいえ、Facebookという現代も活用されているSNSを題材にしているの
>>続きを読む

龍が如く 〜序章〜(2005年製作の映画)

1.5

全日課を描く本作
錦がゲームからそのまま出てきた感じが良かったが桐生は酷すぎる。
というよりも2006年に製作されたクオリティではないだろこれ…。
Vシネマ臭がプンプンと漂いなぜ実写化したのか理解に苦
>>続きを読む

龍が如く 劇場版(2007年製作の映画)

2.5

現在自粛休業中でステイホームを余儀なくされている中で再び熱中している龍が如くシリーズ。(現在は極2をプレイ中)
そういえばと思い三池崇史が手掛けた実写を再鑑賞したが、実写の悪い例をかなりブチ込んでいる
>>続きを読む

いいね!(2016年製作の映画)

3.3

3分短編映画

この僅かな時間で現代のSNSを題材に描く恐怖演出は非常に良い。
タイトル通りに構成されたいいね!におけるシークエンスをフルに発揮されており、連鎖する終盤もなかなか良い。

ブラッディ・マリー(2016年製作の映画)

2.0

3分間の短編映画

不穏な雰囲気の演出や音楽による恐怖演出がとても良いが、海外はブラッディメアリーに関する動画がたくさんあるので特に真新しさは感じられなかった。

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.0

Netflixにて鑑賞

約8年強Netflixに加入しているが、近年ではくだらない商業的作品やアニメ、面白くないオリジナル作品が繁殖しすぎて解約寸前であったが、本作は久々の秀作。
スタントコーディネ
>>続きを読む

>|