オーデュボンさんの映画レビュー・感想・評価

オーデュボン

オーデュボン

大学生。洋画が好き。邦画も時々。
3.5〜 観る価値はあった
4.0〜 文句なしの傑作
4.5〜 別格

静かなる叫び(2009年製作の映画)

4.3

ゲルニカ。

1989年、モントリオールの大学で実際に起きた銃乱射事件とその後を描く。全編がモノクロで作られ、77分と短時間の作品ではあるが、心にのしかかってくるものは、2時間や3時間の映画でも到底及
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

尻。

アメリカにハメられた男。副題、どう考えてもこっちでしょ。CIAやら麻薬組織やらに上手い事言いくるめられて色んなものを運びまくるトムクルーズ。ここまでアクションの無い彼の作品も珍しいのでは。簡単
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

Earthquake.

前評判が高かったのでかなりハードルは上がっていたが、観終わってみればそんなハードルは大きく跳び越えるどころか真下に小さく見えるだけ、そんな大傑作。あまりの興奮と疲労で体が震え
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

氷水。

冷戦末期のベルリン、シャーリーズセロン演じるイギリスのスパイ、ロレーンブロートンが極秘情報の含まれたリストを奪還するために奮闘する。全編通して青みがかった映像と、キレキレのアクションや音楽が
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.1

X

これも公開当時に観て泣いた。レンタルで再鑑賞。年老いて弱ったウルヴァリンが少女と老人を連れて逃避行をするという、とにかく良い意味でアメコミらしくない異色の映画。

頻繁に咳き込み、傷の治癒力も衰
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.7

アドレナリン。

全編POVで撮られた実験的映画。迫り来る敵から隠れ、逃げ、戦って倒すシーンの連続は、FPSゲームそのもの。その中にも映画ならではのコメディ的要素や、絶妙な音楽の使い方などが盛り込まれ
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

Dear friend.

心に傷を負った主人公は高校に入学するも友達ができず、彩りの無い日々を送っていた。そこで出会ったのがファンキーでクレイジー、そして優しい兄妹。この兄妹がエズラミラー、エマワト
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.6

HANNAH

今年劇場で観た映画の中で一番泣いた作品。レンタル開始したので再鑑賞。全てを理解した上で観た2回目の方が伏線の意味とかもわかって感動した。そしてやっぱり、泣いた。

世界各地、12箇所に
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.8

蜘蛛。

個人的「え??ここで終わるの??」映画ランキングベスト5には確実に入る。それくらい唐突で衝撃だった。
映画で提示される「謎」、要するに瓜二つの人間が現れることについては、何となく自分の解釈は
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.6

ダンサーインザダーク。

主要登場人物3人(松潤、有村架純、坂口健太郎)が皆クズ。まあその描き方がとてもリアルで良かったけれど。観終わっていい気持ちになる映画では決してない。特に覚醒後の坂口健太郎が凄
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.1

姉妹。

鎌倉で暮らす三姉妹。超しっかり者の長女を綾瀬はるか、自由で酒好きな次女を長澤まさみ、マイペースな三女を夏帆が演じ、その3人が暮らす家に腹違いの妹がやってくる。その四女すずを演じるのは広瀬すず
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.4

All work and no play.

冬の間ホテルの管理を任された家族が徐々に崩壊していく様子を描くサイコホラー。
キューブリック感は満載だったけど正直退屈な映画だった。

大仰な音楽とカメラ
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.7

酸素ボンベ。

麻薬取引現場から大金を盗んだ男と、その金を取り戻すために男を追う殺人鬼、そして事件を追う保安官。極悪非道の殺人鬼シガー役のハビエルバルデムの演技が印象的だった。彼のスペイン訛りの英語は
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

4.0

復活。

闇の帝王の気配がジリジリと忍び寄る中、なんとも絶妙なタイミングで三校対抗試合とかいうイベントを開催してしまう魔法学校界。この作品から一気に雰囲気がダークになった印象。

あとは主人公たちも学
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.9

日記。

シリーズ後半で明かされる重大な秘密の伏線が散りばめられた第2作。ロックハートの意味不明キャラだったり、ハリー大好きジニーが登場したり、楽しい部分もある。しかしロンがナメクジ吐くわ、変な声聞こ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

原点。

まだ魔法界のことを何も知らないハリーが、徐々に色々なことを学んでいく様子は、映画や本を読んでいる我々マグルがその世界にのめり込む興奮と並行していたと思う。

何より世界観が好きすぎる。俺も魔
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.7

🙂

月面での採掘調査の契約期間3年。残り2週間となり、男は地球に帰ろうとするが。。
2001年宇宙の旅などを彷彿とさせるAIの心情が🙂☹️など絵文字で表現されるのが可愛かった。

序盤から「何かがお
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.7

罪と罰。

一年半ほど前に初めて観たときあまりの衝撃に言葉を失った。今回再び観て、やはり鈍器で心をぶん殴られたような後味が残る。ただ、映画としての完成度という意味では自分が今まで観たものの中では群を抜
>>続きを読む

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

3.7

白鳥の湖。

ミニオンって振ると光るんかい!!!
てかそもそもお前バナナだったの?!?
普通に面白かった。悪党が一人の良い父親になる物語としても普通に感動したし、ミニオン可愛い。子供達も可愛い。グルー
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.4

懺悔。

朝鮮戦争を経験した退役軍人。偏屈で頑固なその老人は、隣人のモン族を疎ましく思っていた。しかしある事件がきっかけで徐々に心を通わせるようになり、モン族姉弟の心強い味方となる。監督・主演はクリン
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

4.0

マディバ。

アパルトヘイト撤廃後の南アフリカ。大統領となったネルソンマンデラとラグビー代表チーム主将を軸に、国が一つになっていく様子を描く。本人にしか見えないモーガンフリーマンと、熱い闘志を持ったラ
>>続きを読む

トリプルX: 再起動(2017年製作の映画)

3.7

◯イルド◯ピード。

観終わった後に偏差値が10くらい下がってそうな映画。アクションに全振りしたまさしくB級映画だが、そのアクションが凄まじいから楽しめる。この潔さは好き。

冒頭、サミュエル・L・ジ
>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.6

ペプシ。

ゾンビ映画はこれで日本(アイアムアヒーロー)、韓国(新感染)、そしてハリウッドの三作品を一通り見たことになる。今作は良い意味でも、悪い意味でもコテコテのハリウッド映画だった。

色々とアジ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.9

ジュラシックパーク。

無人島で自ら命を絶とうとしていた男の前に、死体が流れ着く。死体の機能を活かして脱出を試みる男と、徐々に「死体感」が無くなってくる死体との友情の物語。

ハイライトは死体の様々な
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

2.9

ヒカキン。

予告編以上のものは特に無かった。期待値上げていた分残念。

アクションシーンは「るろうに剣心」で観たことあるようなものか、それ以下。ただ大きい音を出せばいい、周りの物ぶち壊せばいいっても
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

マーキュリー計画。

肌の色や性別が原因で不当な扱いを受けながらも、自らの頭脳と行動力で道を切り開いていく逞しい女性3人の物語。ソ連との宇宙開発競争の最中、有人飛行の成功に向けて奮闘するNASAの職員
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

ブルー。

一人の男の少年期、青年期、そして大人になった姿を3部に分けて描くストーリー。とても静かな映画だが、圧倒的な映像美からは目が離せなくなる。切なく美しいラブストーリーだった。

貧困、薬物、そ
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.5

聖断。

ポツダム宣言を受諾すべきか否か。太平洋戦争末期の日本政府、陸海軍、そして天皇陛下それぞれの思惑を描く。1967年に制作された映画のリメイク。

日本を代表する名優達の演技の熱量が凄かった。ク
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.7

ベートーヴェン。

非道な悪行を繰り返していた少年は、仲間の裏切りに遭い逮捕される。出所するため、犯罪者を更生させる実験に申し込むが、それは非人道的なものだった。出所したはいいものの、思いもよらぬ試練
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.3

解体。

見た目は普通、中身は変人、を演じさせたら右に出るものはいないジェイクギレンホールがハマり役。妻を交通事故で亡くすが、涙も出ず悲しみにも襲われない男が一風変わった方法で本当の自分を見つけていく
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.8

普通の日常。

いつものんびり、おっとりのすず。戦争中で厳しい生活を強いられながらも、すずや周りの人々は笑顔を絶やさず生活する。それでも、戦争の脅威は去ってはくれない。
久々に映画を見てここまで涙が出
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.8

サブリミナル。

主人公の「僕」は、不眠症に悩まされる日々を送る。自宅を何者かによって爆破され住む場所がなくなった僕は、つい先日知り合った友人タイラーに連絡をする。ひ弱で自分に自信がない僕だったが、タ
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.0

特ダネ。

他人の犠牲や悲しみなど気にしないどころか、それをエサにニュース映像を撮る。そんなパパラッチのサイコパス感に、ジェイクギレンホールの怪演がぴったりハマっていた。テレビ局ディレクターに向けて早
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.8

レプリカント。

静かで哲学的な要素も含んだSF。舞台は2019年。レプリカントと呼ばれる人造人間の反乱分子を駆逐する任務を背負うデッカードをハリソンフォードが演じる。

世界観がすごいよかった。19
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.8

大爆発。

とにかくアクションシーンがいちいちド派手!!いちいちオシャレでかっこいい!!いちいちダニエルクレイグが強い!!雪山だろうが砂漠だろうがジェームスボンドは強い!!

冒頭のメキシコでの祭りシ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.7

ワンダーウーマン。

ワンダーウーマンもワンダーだったけど、この映画の主人公ミシェルはまた別の方向でワンダー。覆面の男にレイプされ、犯人探しを始めるが、そこに哀しみや弱さは全く感じられない。淡々と犯人
>>続きを読む

>|