イライライジャさんの映画レビュー・感想・評価

イライライジャ

イライライジャ

記録残す用。
ずっと本垢で書いてたけど今はこっちがメイン。完全自分用なのでフォロバしません悪しからず

#愛しのゾンビ映画
#愛しのインド映画
#愛しのダンス映画
#日本未発売 ←めんどくさいから放置

the mudge boy

映画(1556)
ドラマ(53)

悪魔の毒々サーファー(1986年製作の映画)

1.6

大地震により被害がやばく無秩序となり海岸はサーフナチスにより無法地帯と化す。サムライサーファーズやら変なサーフチームも現れて争いまくりの一方、息子を殺されたことにより復讐に燃えたぎるババアの姿が…。>>続きを読む

インベージョン・アース(1987年製作の映画)

2.5

地球外生物が劇場を占領し、50〜60年代のモンスター映画や怪獣映画を長時間見続けさせて洗脳するという地味で地道な侵略SFコメディ。
劇場内の若者たちが阻止するために奮闘するんだけど、本作のすごいところ
>>続きを読む

吸血怪獣 チュパカブラ(2011年製作の映画)

2.9

家畜が殺されまくるのは敵対する一族のせいだ!全面戦争の殺し合いだ!と殺し合うけどもチュパカブラのせいでした。という話。
敵がチュパカブラよりも怖いしサラッと謎の人喰い人間が現れて「童貞食うたら若くなっ
>>続きを読む

14の夜(2016年製作の映画)

3.4

エモさ爆発。
ビニ本が草むらに落ちててそれを拾って見るのも、やたらと高いレンタルビデオ店も、学校のセキュリティの甘さや不良野放しも、ネットがない時代だからこそ偽りの情報が出回ったり、全てが80年代特有
>>続きを読む

拷問男(2012年製作の映画)

3.0

娘を殺された父の復讐という超絶わかりやすい話。おかしくなった父が見る娘の幻覚は「悪い人にはいじめをするんじゃなくて、警察に通報して刑務所に入ってもらうんだよ」というアドバイスが。本当に難しい問題だと思>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.8

片割れが恋をして、そのせいで泡になるかもしれない状況だとしても、何があっても姉妹なんだよね。苛立っても軽蔑してもずっと姉妹。
そして彼にとっては人間の姿になっても彼女たちは魚なわけで。
人魚姫の物語の
>>続きを読む

山の焚火(1985年製作の映画)

3.4

近親相姦を美しいものにしてしまってもいいのだろうか。辺り一面草原や雪しかない状況下で若い男女はお互いしかおらず、地球上に自分たちだけしかいない様な錯覚に陥る。これは恋ではなく精神的な支え合いだと思う。>>続きを読む

エモ・ザ・ミュージカル(2016年製作の映画)

3.0

せっかく追加されたので再投稿。
短編と長編どちらも鑑賞。
自殺願望のあるエモ少年とキリスト教原理主義の女の子がコッソリ恋するゆるゆる学園ミュージカル。エモとクリスチャン、正反対なようで実はみんな何かに
>>続きを読む

アメリカから来たモーリス(2016年製作の映画)

3.5

ヤクブくん目的で期待せず観たけど素敵な思春期映画だった。アメリカからドイツへやってきた黒人の中学生の少年。もちろん初体験もまだだけどラップでは女について語る。
大人びたドイツ人の女の子に恋をするが大学
>>続きを読む

事件番号18/9(2012年製作の映画)

4.8

追加されるのが遅すぎて詳しくレビュー出来ないけど心に響いたインド映画という意味ではダントツ。こんなに涙が止まらなかったのは久しぶりだった。
タミル映画なんだけどボリウッドの煌びやかさや美男美女は一切な
>>続きを読む

ウソは結婚のはじまり?!(2016年製作の映画)

3.2

超ドタバタファミリーロマンスコメディ。テルグ映画のダンスってなんか動きが細かい(?)感じがする。ダンスシーンも楽しかった。

人形の家(2006年製作の映画)

3.0

2006年の映画のわりに映像もノリも古臭いけどそれが良い味出してる。
主演のシッダールトくんはボリウッドでも活躍したりしてるけどとにかくお顔が好みでそれだけで推せる。あの頼りない感じは日本人にも受ける
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

2.0

めちゃめちゃつまらなかったけどサーセイとタイウィン出てるのがGOTファンとしては嬉しかった
ここ数年でゾンビ映画はホラーではなく一つのジャンルとして独立したのでグロなのかストーリーなのか何を求めるかで
>>続きを読む

ロミーナ(2018年製作の映画)

1.5

冒頭に無惨な死体を見せてくれて高まるものの、殺すシーンは全然見せてくれないし、目的はよくわからないし、死体役は動いちゃう。
どうせならレイプ男のちんこ切ればいいのになんでおっさんが切られんねん。

レインボータイム(2016年製作の映画)

2.9

発達障害とか関係なくこんな迷惑な人間はどうにかしてくれ。どんな人間であれ覗きをしていいわけじゃないし、女性を馬鹿にしていいわけじゃない。性への関心が強いのもこいつの問題であって発達障害だからではない。>>続きを読む

ホット・ロッド/めざせ!不死身のスタントマン(2007年製作の映画)

4.0

好きすぎる。
他にも書いてる人いるけど確かに「ウェットホットアメリカンサマー」と通じるものがある。デヴィッドウェインのコメディが好きな人は絶対に好きなはず。
意味のない修行シーンやしつこい掛け合い、製
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

-

アンディサムバーグといえばブルックリン99ってイメージ持ってる人が多いことに驚き。
この映画は音楽好きの方が間違いなく楽しめる仕様。
ドンキーロールやりたい

レモ(2016年製作の映画)

3.3

レモの女装姿がとてもかわいいのにたまにかっこいいのがたまらない。
確実に普段の姿より女装姿の方が魅力的。
そして笑えて泣ける最高のタミル映画。タミル映画はわりと遅れてるイメージがあったけど全然そんなこ
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.2

ザックエフロンがめちゃめちゃ裸になるの最高すぎる。マカレナダンス良さしかない。
前半はあんまり好きじゃないけどザックがハッチャケだしてからがテンポも良いし面白かった。

マッドタウン(2016年製作の映画)

3.8

マッドマックスは苦手だから普段は観ないジャンルなのに全っっ然違った。大好きなやつ。
砂漠で人肉食族に片腕片脚を切られた女性と、娘を探すムキムキ食人男の心の触れ合いやないか…キュンキュンする…。しかも相
>>続きを読む

ブロックバスター(2017年製作の映画)

3.0

病気の父のために日常動画を編集して見せていたのだけど、彼女に誤解を生む部分だけ見られてしまいフラれてしまう。アメコミ好きの彼女を取り戻すために友達や有名人にも協力してもらい奮闘する。
地味ながらになか
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

2.5

コメディ要素がないゾンビ映画は好きではないけどやっぱりゾンビまみれになる終盤は良い。あの勝ち目ゼロな追いかけっこは圧巻。

スタテン・アイランド・サマー(2015年製作の映画)

3.6

マイリストに眠ったまま放置してたけど最高の青春童貞映画だった。デヴィッドウェイン作品のような地味さが良い。
大きな事件や何かが起きるわけじゃないんだけど、確実に良い方向に向かっていて、でもそれは自分た
>>続きを読む

サウスバウンド(2015年製作の映画)

2.2

全部つまらないし話が繋がってるようで上手く繋がっていない。動機や結末すべて丸投げの奇妙なオムニバス。
事故の話は好き。

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

2.0

ジャケ詐欺
実際はトマトにモンスター感はなくてただの少し大きめのトマト
会議室小さすぎるの笑える

クルーレス(1995年製作の映画)

3.5

軽いラブコメが見たい気分だったから適当につけたのにキラキラ女子が同じ高校内で彼氏見つけるんじゃなくてまさか義理の兄だとは!
しかもポールラッド!大好き!
強いて言うなら自覚してからの2人をもっと見たか
>>続きを読む

私たちの予感(2017年製作の映画)

3.4

結婚前のヨーロッパ旅行中に指輪を落としてしまってガイドを連れ回してヨーロッパ旅をしていく。インド映画は少女漫画的キュンキュンが味わえるのが良い。
アヌシュカはめちゃめちゃ可愛くてこんなん惚れるしかない
>>続きを読む

デス・マングローヴ ゾンビ沼(2008年製作の映画)

2.7

序盤で寝オチしてしまい、隣で勉強していた妹が発狂しながら一人で観たらしい。
ブラジル産グチャデロゴアゾンビ。
ゾンビも人間もとにかく汚い、そして主人公があまりにブス。
ブスすぎて集中出来ないくらいで画
>>続きを読む

American Teen/アメリカン・ティーン(2008年製作の映画)

-

日本よりもシビアな世界。映画で見るスクールカーストよりもリアルだし、全員何かしらの悩みや闇がある。映画よりも楽しくなさそう。でもこれが現実のアメリカのティーン。
日本人は90%の確率でオタクに分類され
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.2

世界のビーガンの人はただ健康のためだけでなく、動物愛護心から一切肉を食べない人が多いけどこういう映画を見ると気持ちがわからなくはないなとも思える。
私はどちらかというとそれをわかっていながらも美味しく
>>続きを読む

ブルックリンの片隅で(2017年製作の映画)

3.0

19歳の青年は毎夜ゲイチャットをしている。その傍らで彼女を作る。だが勃たない。でも自分をゲイとは思わないから公言するつもりもなく、仲間たちとクスリをしてダラダラ日々を過ごす。
ティーンは仲間からの評価
>>続きを読む

ブレインダメージ(1987年製作の映画)

3.5

バッドバイオロジーもだけどちんぽのヌルヌルした動きがナイス。
どう見てもちんぽなモンスターに、ハイになる代償として徐々に支配されていく。
このちんぽの名前はエルマーと名付けられていて、以前は愛されて育
>>続きを読む

ゾンビ・ハイスクール(2012年製作の映画)

3.7

ジョックス、チアリーダー、ナード、ゴス、スラッカーという様々なキャラが居残り中に校内はゾンビだらけになり、皆で力を合わせたり、心を通わせたり、マリファナを吸ったり、ゾンビ版『ブレックファストクラブ』で>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

-

紙芝居の様なのに、登場人物に動きを感じる
剥製の博物館シーンが好き

>|