イライライジャさんの映画レビュー・感想・評価

イライライジャ

イライライジャ

記録残す用。
未登録映画が大量発生して困ってます。
ずっと本垢で書いてたけど最近はこっちがメイン。完全自分用なのでフォロバしません悪しからず

#愛しのゾンビ映画
#愛しのインド映画
#愛しのダンス映画
#日本未発売

映画(1515)
ドラマ(47)

ムンバイ・ダイアリーズ(2010年製作の映画)

3.0

4人の群像劇。
どうにかすると上手いこといくのに、それが出来ないもどかしい感じがずっと続く。全てのエピソードが最終的にハッキリせず曖昧なまま終わってしまうのが惜しいけど、見せない良さがあるのかも。
>>続きを読む

24(2016年製作の映画)

3.7

時間を操作出来る時計を巡るSFストーリーの中に親子愛やらロマンスやら満載。しかも殺され方がなかなか惨い。スーリヤが一人三役してるんだけど演じ分けが見事すぎた。どれも同一人物とは思えん。
終わり方もとて
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最初らへんの死体祭りがさいっこう!
遺体の中ではジェーンドウは綺麗すぎてあまりときめかないけど徐々に死因を調べるために骨バキバキしたり内臓取り出したり皮剥いだりするのがエッチだった。あの完璧な顔に対し
>>続きを読む

デッド・フレンド・リクエスト(2016年製作の映画)

3.2

トモダチ100人皆殺し!?も、もりすぎー!!
この手の量産型の映画の中では結構怖さもありテンポよく人は死ぬしずっと面白かった。SNSで人気者の子に友達承認してもらえただけでBFF扱いしちゃうのは孤独ゆ
>>続きを読む

デリー・ゲリー(2011年製作の映画)

3.0

ずっと観たかったやつでいつのまにかNetflixに入っててありがたい。ずっと観たかったわりに期待してたよりぶっ飛んでなかったけどまさかのアーミルカーンには驚き。
インドのトイレ事情初めて見た。ああやっ
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.0

青少年ホラー好きとしては殺人に魅せられて興奮する主人公の様子や変化をもっと掘り下げてほしかったな。ソシオパスという設定の主人公なのにわりとビクビクしながら行動してるのが気にくわない。殺人を悪と見なすの>>続きを読む

フリークス(怪物團/神の子ら)(1932年製作の映画)

3.0

上映禁止するなんてひどい!差別!みたいな意見がちらほらあるけど普通に考えてほしい。最後に手脚を切断してまともに話せなくするなんて残酷極まりない描写でしょ。30年代の映画なんだから上映禁止レベルも頷ける>>続きを読む

クラークス(1994年製作の映画)

3.2

面白いわけじゃないのに面白い、不思議な気持ちにさせられる。日常なのに少し非日常な一日。
客を見下してるけどこんなとこで働く自分たちはもっとクソなんだなって、なんかフリーター貫いてる私にものすごく響いた
>>続きを読む

アクネ 初体験(2008年製作の映画)

3.3

童貞の焦燥感だとかスクールカースト下位のいじめられっ子だとかそういうのではなくて、普通に友達もいていじめられるわけでもなく、そして特にかっこよくもない何処にでもいる13歳男子の思春期背伸び映画。
売春
>>続きを読む

スリザー(2006年製作の映画)

3.5

寄生される系ホラーにはあまり興味が持てなくてスルーしてたけど思いのほかジェームズガン的コメディ炸裂で何度も笑えるし、絵面は悪くてもしんみりさせてくれる。トロマ映画出身ということもあってか、「悪魔の毒々>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

最初から辛かった。ハッピーエンドになるわけがないのを知っているから。心の中で一緒に逃げ出してほしいと願っていたのを粉々に砕かれた。
その予想を上回る辛い結末だけどいずれにせよユダヤ人は虐殺される。もし
>>続きを読む

ライフ・オン・ジ・エッジ(1989年製作の映画)

-

謎映画。
効果音やらBGMも不思議だけどこの時代の映画の独特なチープさは現代では絶対出せないなと思う。
ただ破滅的に面白くない。

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.8

この2人が思いのほか似合わないし、ジェシーはやっぱりギーク感がある方が好き。テーマはいいのにそれをうまく活かせていないのが残念。どうせジェシー使うなら冴えない仕上がりにしてくれたほうが盛り上がった気が>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.6

性への興味や同性愛者であることの苦悩。アイスランドの広大な場所にいてもピンポイントで釣り上げられ深い傷を付けられる。田舎特有の閉塞的なコミュニティだからこそ時に人を暴力的にさせる。常に誰かに今の自分を>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なかなかにヤバイ女を拉致監禁してしまった気弱で滑稽な男の話。
監禁されてるのに思い通りに主人公を動かす。愛されてるとわかってる上での心理的コントロール。
ペットって案外飼い主である人間のことをコキ使っ
>>続きを読む

俺たちチアリーダー!(2009年製作の映画)

3.5

俺たちとつく全ての映画は大体損してる。この監督、他の作品全部有名なのにこれだけマイナーなのは絶対邦題のせい。

女とヤリたいだけの2人が最下位レベルのチアに入りチアの合宿に参加する話なんだけど、この2
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

3.8

想像より遥かに面白かったのはやはりアダムサンドラーのコメディが大好きだからかな。音楽による盛り上げ方も、ありきたりとはいえ期待を裏切らない展開も、レトロゲームキャラの可愛さも全部が全部最高。
そしてゲ
>>続きを読む

ある子供(2005年製作の映画)

3.0

子供ですらそんな発想に至らないよ、お前はただのクズ。
でも何故か主人公を非難する気にならない。おそらく悪気がないからだ。だからと言って許される話でもない。そしてまた彼女ソニアも子供なんだろう。子供達か
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.0

大学が始まるまでの3日間。
野球部たちの寮生活を舞台に男たちのハメ外しや馬鹿騒ぎや恋などをただただ映し出す。まんま「バッドチューニング」の大学生版。但し、「バッドチューニング」と違ってある程度自己が形
>>続きを読む

インサニティ(2016年製作の映画)

2.7

マイアミが舞台だしかなりマイアミゾンビ事件を基にして作った感じがする。似たような事件多いから確信はないけど薬物によって人に噛み付いたり等のゾンビ化は原因不明なことが多いから本作での陰謀説はなかなか面白>>続きを読む

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

近年の日本の漫画で死ぬほどよく見るデスゲーム系だが日本と決定的に違う部分は銃があるということ。しかもこれが残念要素の1つ。殺しに捻りがない。
見知らぬ人間同士ではなく同じ会社の人間同士の殺し合いなんだ
>>続きを読む

15歳、アルマの恋愛妄想(2011年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

田舎はクソだし、学校はクソだし、好きな人と上手くいかないのはクソだし、自由にさせてくれない親もクソ。
やることと言えば好きな男の子アルトゥールを想いながらのテレフォンセックス。彼とのセックスを妄想しな
>>続きを読む

最終絶叫計画(2000年製作の映画)

2.5

ほぼスクリームとラストサマー。
そこに様々な有名どころの映画をごった混ぜにして下ネタで味付けした感じ。
個人的にはツボにハマらなかったけどラストが本当に素晴らしかった。この華麗なる結末は本家超えと言っ
>>続きを読む

スクリーム(1996年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

リバーデイルでジャグの父FPを演じるスキート・ウールリッチの若き出演作だから遂に見たんだけど若き彼イケメンすぎる。もうそれだけでありがとう。
しかもあろうことか犯人でした。かっこええ。こんな殺人鬼なら
>>続きを読む

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

3.0

人の死には敏感だが自分の死は恐れない主人公。
でも大切な人と過ごすためには生きていなきゃ意味がない。人間は死んでも嫌われたくなくて当然なのだ。だって人間だったんだから。
アントンくんと重ねてしまうと1
>>続きを読む

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

3.6

自殺方法を金で買えるって世界は案外良いと思う。本作は自殺ショップで働く家族に明るい男の子が生まれる話。
ヨーロッパって案外陰鬱で自殺者も多いのかな。
自殺方法を親身に考えてあげたシーンで「世の中あなた
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

2.7

思ってたより完全燃焼な感じ。共感できなさすぎる。でもおそらくこれが現実の物語なんだろうな。うまいこといくはずなくて、学生時代の好きな人を好きなままでいることもなくて、でも大人になるとふと思い出す。自分>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

3.0

学校をサボることはあっても学校をサボった者たちで遊びに行くことって案外ないよなぁと思い出した。大人になると学校へ行ってたことも学校をサボったことも全部二度と経験出来ない尊き時間なんだけどそれに気付くの>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.3

前作に続き音楽の使い方が秀逸でいちいちテンションブチ上がってしまう。こう来るだろうという予想を何倍も上回ってくる。これが見たいなって観客の気持ちを良い意味で裏切りまくりで興奮鳴り止まないままいつのまに>>続きを読む

ハンティング・パーク(2016年製作の映画)

2.0

目が覚めたら顔のない死体と手錠で繋がれてるシーン好き
実話が元らしいけど調べても事件が出てこない…

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

27年後というと20代の私は50代になってるわけで、技術だけが発展して現実世界での娯楽がVRの仮想世界へ行くことしかほぼないのが本当に起こり得る絶妙なリアル加減。
2018年の今でも良いものはたくさん
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.0

キスをしたこともない生まれつき全盲な少年レオの恋や友情や夢。
いじめっ子がいても親友のジョヴァンナがいるからかまわない。自分の後ろの空いてる席には誰も座らない。だけど転校生のガブリエルは嫌な顔せず座っ
>>続きを読む

死への招待状(2015年製作の映画)

2.7

まぁ確かにn番煎じではあるけどホラー好きとしてはスクリームやラストサマーのようなものを常に求めてるので楽しめた。
まずOPの卒アル一人一人の切り抜いてゆき、“未来の私”…きっと私は将来こうなってるだろ
>>続きを読む

シックス・バルーン(2018年製作の映画)

2.9

大切な恋人の誕生日パーティーなのにヘロイン中毒の弟のために…、という話なのだが徐々に2人とも深い水の中に入っていき後戻り出来ないという表現が秀逸。
デイブフランコのジャンキーな演技が恐ろしくて2歳の娘
>>続きを読む

>|