krhさんの映画レビュー・感想・評価

krh

krh

書かないと忘れちゃう

映画(314)
ドラマ(0)

万引き家族(2018年製作の映画)

-

何をどう感想にしたらよいのか図りかねるまま、鑑賞後一週間。
それは、鑑賞する側をジャッジメンタルにさせない内容であるから。考えるべきことはたくさんあるのに、どの立場にも立てず、ただ「こういう人たちがい
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

優しい…あまりに優しい世界でどうしたって泣ける。出来過ぎな話とわかっちゃいるけど、現代社会に擦れた心に沁みてしまう。こどもがヘルメット被ってるのとてつもなく可愛い。というかジェイコブくん可愛い。

>>続きを読む

Vision(2017年製作の映画)

-

個人的には、語られるものがカチリとハマって繋がっていく感覚がずっとあったので、相性が良かったのかもしれない。ただの映像美や奇をてらうタチのものではなく、実直で芯があり質もある映画だと思った。面白く感じ>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

-

映画の幕開けは、美しくデザインされたタイトルと、ギリギリ不協音にならない不穏なメロディ。この取り合わせは映画のバランスそのもの。しょっぱなから不穏な美しさを予感しながら、その空気にそぐわないほどうっと>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

「自分もレディ・バードだ」と思ってしまうくらいにはぶっ刺さり号泣案件だった。

ずるくて、自分に甘くて、自分の能力を過信してて、周りのせいにばかりして、結局何もうまくいかない。母親とは我が強くて素直に
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

-

黒澤映画を下敷きにして、映画音楽も持ってきて、日本漫画的表現(ポカスカは笑う)やレトロなビジュアルを散々引用しているのに、(主にタイポグラフィの)デザインでもって完全に2018年のモノでしかないように>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

-

実話ベースだからか、題材の割に衝撃的な展開はない。耳ちょんぱくらい。
しかしながら、黒幕の存在を匂わせるミスリードや、ゲティ氏と母の、両者ともの行動原理を納得できるバランスの良さ、犯人グループの直情で
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

ネタの範囲や手法が広がってて本当に笑うし、もうずっとやっててほしい。それゆえのグダグダ感はわざとみたいだけど、(「脚本悪いな!」)そうやってバランス悪くしてもいいからずっとやっててほしい。「ハイ、ウェ>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

-

役者陣の演技と印象的な演出で、内容に違わず強めな画面が続いて楽しい。
あの美しい顔で勝負しないマーゴット・ロビーが新鮮だし、バッキーとは全く違う印象のスタン、お母さんのアリソン・ジャネイは納得のアカデ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

-

それにしてもジェシカ・チャスティン、よく喋り、弁が立ち、クスリをラムネのように飲み、眠らず、法廷にいる。「女神の見えざる手」と似ている描写があるのでどうしても印象が混同してしまう。

「権威のある男た
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

観終わると「狐狼の血」というタイトルのセンスのよさに気づく。狐狼だがしかし確実に血脈は続く。
白石監督はムラがある人というイメージなので不安だったけれど、今作は大当たり。夏の広島、ヤクザの抗争、警察の
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

軽やかなピアノ曲が、物語そのものにも軽やかさを与えていてとても心地よい。坂本龍一の曲も使われてたとは。

同性愛の物語を観ている感覚は思ったよりなかった。肌の極端な露出や、遠慮のなさが見える接し方、な
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

予定外にも4DXで鑑賞、バーチャル世界との相性バツグンで楽しい!レースシーンはYouTubeのを事前に観たときの数百倍興奮したし、シャイニングを4DX体験できるとは思わなかったし(再現度がアツすぎる)>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

-

まさかの実話、青年の人生を変えたネコの話。ボブかわいい。
ボブ目線が挟まるのが本当にキュートだし、ジェームズとのやりとりがめちゃくちゃ微笑ましいし、リアルトムジェリもまたちょっとしたコミカル。(通せん
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

-

途中で「そういやそんな話だったな」と思うほど主人公のことを忘れていた。初代バーフバリ強し。
噂に聞き及んでいた人間タル型大砲が面白すぎた。
何気に弓から何から王室ファンタジーロマン満載なデザインがいい
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

-

3時間という長さになかなか手を出せずにいたけど、こりゃ面白い…
学歴競争社会の歪みを超絶ポジティブに吹き飛ばしてハッピーを引き寄せる超良作青春映画
こんなんもうアーミル・カーン好きになっちゃう
アール
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

-

どストレートでオーソドックスなスポ魂映画。ポイントしっかり抑えた作りなので文句つけようがない。
同じ話を日本映画でやったら目も当てられないことになると思うんだけど、ちゃんと面白さを感じられるのは、イン
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

-

鑑賞直後の感想は「とんでもねーオンナだ…」
手段を選ばないとはこのこと。久々にこんなどんでん返しで興奮した!早口で論理とエスプリ畳み掛けるのも気持ちがいい。脚本家の人、これが初脚本とは驚き。
あとアメ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

-

チャーチルが「何をしたか」という映画ではなく、「何をどう演説したか」という映画だった。チャーチルのことは不勉強でよく知らないのだけど、スピーチがめちゃくちゃうまい人だということはよくわかった。(あとダ>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

パシリムかって言われるともはや別物だし、言い始めると文句ばっかりになっちゃうんだけど、個人的には体感かなり楽しめたので全然オッケーという感じ。

それは多分今作が超!ポップな作りになっているからで。
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

-

地に足がついた安定も安定な良作。
スピルバーグおじさんに任せとけば安心!
展開から人物関係からメッセージ性からお屋敷の部屋の位置関係までクリーンな見せ方で大変ありがたい。
期待したことを期待通りにやっ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

-

ラストのじゃじゃーん!の瞬間、「大 勝 利」のテロップが見えた(気がした)。
国のために己のすべてを徹底的に捧げて任務遂行するスパイ映画は数あれど、徹頭徹尾自分のために動くのが新鮮。
本当はどちら側な
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

-

冒頭、ボウイのスペースオディティに乗せ、宇宙科学史・外交史を過去の実際の出来事から未来のフィクションを地続きで見せていく。
2001年宇宙の旅、クラシックなスペースオペラをやります!という大宣言オープ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

お彼岸ぴったり映画。時期は狙ったんだろうか?たくさんの日本人にお墓参りする気持ちを改めさせたであろうことは功労だと思う。

「正解ではない行動をとっているだろうと思われる主人公」を見守るストーリー。ミ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

事件の張本人に演じさせる、という半フィクション半ドキュメンタリーな異色作。アンビリーバボーの再現映像とは言い得て妙。サスペンスでもパニックムービーでもなく、ひたすらにヒューマンドラマ。

生い立ちや旅
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

-

めちゃくちゃ90年代!
ただ90年代の気概を映画にしたんじゃなくて、漫画の実写化としての映画なのがよくわかる
ワンカットワンカットが漫画のコマっぽかったり、ハルナの、目の動きから何から動作にいちいちオ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

クラシカルな雰囲気で、過去のミュージカルや映画へのリスペクトが気持ちいい。
特にタップを踏むところや、イライザの愛情が溢れ出すミュージカルシーンは、(「黄金期を彷彿とさせたい描写」において)観たかった
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

-

陛下!

アフリカントラディショナルな要素と最先端超絶テクノロジーの二面性が目新しくて楽しい!スピリチュアルな過程を通過する儀式も、文化的なものを引っ張っているだけではなく、ハイテクノロジーをもってし
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

-

箱庭に立つ波風の話、ヤマもオチもないけど、良質
コリン・ファレルさすがの怖さよ

やっぱ女同士って、「女」になった途端に崩壊するし、あの小さな社会ですら、役割に立てない男と女はひたすらに滑稽

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

音楽もパフォーマンスもエモーションガッツリ乗せた上にレベルがめちゃくちゃ高くて本当に惚れ惚れ
屋上のダンスシーンは美しいし、ゼンデイヤとザックエフロンのシーンは良いとしか言いようがないし、バーのシーン
>>続きを読む

>|