ricccaさんの映画レビュー・感想・評価

riccca

riccca

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

坂元さんの使う言葉や、セリフの掛け合いが好きで(菅田将輝が好きなのもある。それも、とても大きい)公開2日目に観に行った。
序盤から坂元さんワールドが全開で、特に前半30分の勢いのある掛け合いが私にとっ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.2

え、待って待って待って!という感じで、終始ハラハラクエスチョン状態で見ていたら3時間弱あっという間に過ぎてた。でも決して嫌な分からなさではなくて、「これはこういう事なのかな?」という推測を楽しめる類の>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.5

キムダミが可愛すぎて、終始顔に惹き込まれる。血塗れでも凝視しちゃう。可愛すぎる。天才サイコパス役、ハマりすぎて、演技にも惹き込まれる。後半の怒涛の展開は、キムダミの演技力のおかげでより速度増して感じる>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

4.2

入り口は成田凌(好きなので見た)。が、想像以上に、心にオフホワイトの球体のような余韻が残る、色々な感情を呼び起こしてくれる映画だった(とてもとても期待以上という事)。人間同士の深い愛の話。人を好きにな>>続きを読む

13th 憲法修正第13条(2016年製作の映画)

-

自分には何ができるのかなあ、と終始考えながら見ていた。国や容姿の違いで決めつけず、NOFILTTERで言葉を使って相手を知ろうとし続ける事、それを少しでも周りに広める事、あとはもう、必ず選挙に行くこと>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8

人の心を動かすのは、目立って大きくて特別なものではないのだなという事を再認識。「静かな強さ」という言葉、すごくしっくりきた。オギーにぴったりだね、理想的で愛おしくて尊敬する強さ。終始全てが美しくてピュ>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.5

終わりの20分くらいまで4.5だけど
最後あまりにも残酷すぎて★1下げ、、

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.5

夢追いかけたくなっちゃうし何だか夢は叶うような気持ちになれちゃうしNYに住みたくなっちゃうし。
イヤホンで音楽を聴きながら、ノリノリで夜の街を歩きたくなる映画。

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.5

ドリーの子供時代のシーンすべて泣けるくらい、おばさんになったなあと実感。
鑑賞後はスカッと爽快、ホッコリあたたかな気持ちになれるTHEディズニー映画

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

ようやく見た@機内

夢とか希望をもって努力していたけれど現実を見て挫折しかけた時に観たい1本。素直にもう一度頑張ろうって思える映画

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.6

幼少時代にハリーを見て育った世代にはたまらん
ここ1.2年ファンタジー映画に全く感情移入できなかったけど、ファンタビは終始ワクワクが止まらない

ここまで、人の気持ちを動かしたり夢を与える脚本を描ける
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0


トムハンクスの揺るがない表情に
ただただプロフェッショナルを感じた

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.0

何気なく機内で見て、思いがけなく大号泣してしまった映画(涙腺は元々緩いのだけど、きっと1人で家で見ていたら嗚咽するくらいに個人的には泣けた)

「他人から見たらどうともない平凡な生活の中に散りばめられ
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.2

観る価値はとてもある、後悔はしない。けれど、もう一度観たいとは思わない映画。それくらいに心に、静かに重く、ずっしりずっしり残る。

きっとそれは、自分や大切な人を信じる事の難しさ、信じる事ができなかっ
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

「第一印象は最悪、でも一緒に過ごすうちに…」的なありがちな展開なのかな?と思いつつもそうは終わらなくて、それでいて後味の良いスカッとする映画

ハッピーエンド具合がうさんくさくないから、前向きな気持ち
>>続きを読む