RMさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

RM

RM

2週間に1度は映画館で見たい。

映画(427)
ドラマ(2)

誰のせいでもない(2015年製作の映画)

2.5

登場人物の息遣いまで伝わってくるような
シリアスで、人間らしい人間たちの、
その疑いの心や信じる心の交錯、絡み合い

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

4.0

暗ーい話ですこちらも心に余裕がある時に見るのが良いと思います、
体を固定して数時間動いてはならないという、
ダゲレオタイプというフランスの古い撮影法
でいつも固定される娘と
その父の助手の青年の話。
>>続きを読む

ホワイト・ガール(2016年製作の映画)

2.0

こういう根っからどうしようもない子の映画をたまにみたくなる現象に名前をつけたい。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

2.6

呉美穂監督の映画は結構好きだけど、これはあまり。
池脇千鶴は素晴らしい女優。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.2

結構前に見たけど、どこで見たんだっけ…。

元気な女の子とその笑顔は人を救うんだなぁ
障害者との恋愛の話だけど、あまりにも感情移入しやすく作られてるから、
久々に本当に純粋な感動の涙を流した気がする、

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.0

映画としてどうかは置いておいて、
このテーマの原案考えた人は本当に優秀な人だと思うし、画期的で、今までにないを作る天才の1人だと思う。

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.6

アメリカ版タラレバかな〜(^_^)

うちの車はブリジット家と同じ

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.1

アメリカの田舎町らしい、将来に夢馳せる男の子たちの話。
といってもただ1泊2日のちょっとした冒険をするだけだけど。
なんでこんなに高評価、、

カッコつけたくてしかたない、だけどこんなに青くさくて恥ず
>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.2

物語の始まりからすごく惹きつけられて、テンポ良く事が進んでいく。
でも黒幕の存在とこの事件の真相のことは、いくつか推測をした上でやっと納得できるものだから
散りばめられたネタをもれなく回収していかない
>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

2.9

なんでこの邦題…?
ストーリーだけ見たら2点を下回る。
でも雰囲気はよかったし、他が普通かそれ以下だったから、アンハサウェイの美しさやお芝居が際立ってた。
夢見たいなふわっとした恋物語だからこそいいこ
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.8

人を無残に殺すのは凶悪
凶悪さに気づかないことも凶悪

私的に、リリーフランキーがリリーフランキー史上最高に役にハマってる。

一方それに対比されているのが
高齢者への家庭内暴力は凶悪
それを見過ごす
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.5

遠藤周作「沈黙」読了後に見ました。
マーティンスコセッシは遠藤周作とこの作品にひどく畏敬の念があって、それを映像化するということを一心に作ったのだなという印象。
こんなに原作に忠実な映画は見たことがな
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.1

すごく好きな映画だ、ヒューマンストーリー・オブ・ヒューマンストーリーだ
あらゆるシーンにしっかりメッセージがあって、無駄がない。言葉にできない何か奇跡のような、撮影の場での感情の高まりや脈が、フィリッ
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

2.5

カラフルな住宅街がハリウッドの安セットっぽくて逆に良いwトゥルーマン・ショーに出てきそうな風景だけどこの中に出てくるセットでもここまでではない、そこも面白い

けど小学生向けかな

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.5

どんどん予想を裏切ってくる、
見ながらもずっと考えさせられる、
見終えた後もタイトルや少年の行動の意味やその真意を考えに考え、唸ってしまうほどの
薄いようで濃厚な、
愛がたくさんあふれてる映画でした。
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.8

アメリカンスナイパー
シティオブゴッド
それでも夜は明ける
最強のふたり

のような描き方が好き。実話系は良い。

セッション(2014年製作の映画)

4.1

寝坊するシーンは本当に私まで泣きたくなった

いや最初から最後まで最高にアツかった。

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.0

ソーシャルネットワークを見たことがあったから想像していたものと違った。

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

2.6

天使は…オジサン2人でした。
ドイツの名男優ガンツに注目しながら見ました。
映画を見るときに考えすぎてしまう私にとっては案外シンプルなストーリーで、空を掴むような映画でした。うーん!

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

3.6

初めての、ヴィム・ヴェンダース。
ロードムービーも初めてかもしれない。

アメリカのひたすらに続く道や昔ながらの街並みが良い。
終わり方が潔くて好き。

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

4.3

傑作!
何度見たか分からない。何度見ても同じところで叫び目を瞑り笑うんだよなあ

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.8

どこかにありそうな話ですが物凄くほっこり
誰もが何かを抱えて生きている
タイトル前後のあのナレーションで言ってること、しみじみ頷いてしまうよね

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.6

目的は宮崎あおい。
ツレ〜ツレへの愛が優しくて暖かい。。

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.1

伊坂幸太郎のこの繋がるシリーズは最初からどう繋がるんだろうと考えながら見てしまうから苦手だ

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.7

む、ムロツヨシでてたな〜
中学校くらいの頃に原作読んでから
数年後に映画も見ました。
これ見てから大学生っていう自由奔放で楽しそうな人たちに憧れてたな〜あと2ヶ月で終わりますが(T-T)

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

4.6

大好きなやつ。
電車でアルバム聴きながら、あーこのシーンねと回想するのが好きなやつ。
多分私こういう雑多な感じの映画が好きなんだ。